【4月・10月がピークか】コロナ前の2019年。訪日ベトナム人の消費動向データを振り返る

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、訪日外国人観光客は大きく減少しましたが、2022年10月に水際対策が大幅に緩和されるなどインバウンド回復が期待されています。

インバウンド対策を進めるにあたって、最初のターゲティングの精度を高めるためにはそれぞれの国・地域の「コロナ前」の消費動向を知る必要があります。

ベトナム人は日本にくる技能実習生の中で最も人数が多く、在留外国人の数も中国、韓国に次ぐ第3位です。そのため将来のVFR(知人・親族を訪ねる旅行)需要も期待されています。

株式会社movが運営する「口コミアカデミー」では、「コロナ前(2019年)訪日ベトナム人の消費動向まとめ」と題した資料を無料で提供しております。

この機会にぜひご利用ください。

レポートをダウンロードする(無料)


本資料の構成

本資料は以下の内容で構成されています。

2019年訪日ベトナム人の消費動向(訪日ベトナム人の属性と旅行内容)

  1. はじめに
  2. 訪日ベトナム人の男女別および年代別比率
  3. 訪日ベトナム人の主な来訪目的
  4. 訪日ベトナム人の来訪回数
  5. 訪日ベトナム人の目的別滞在日数
  6. 訪日ベトナム人の主な来訪時期
  7. 訪日ベトナム人の旅行形態
  8. 訪日ベトナム人の旅行支出内訳
  9. 訪日ベトナム人の客層別旅行支出内訳
  10. 訪日ベトナム人の買い物ランキング
  11. 訪日ベトナム人の旅行情報ランキング
  12. おわりに

以下、本資料から得られる知識の一部をご紹介します。


レポートをダウンロードする(無料)

全国籍の平均を上回る訪日ベトナム人の個人消費額

訪日ベトナム人の消費単価
▲訪日ベトナム人の消費単価:訪日ラボ

2019年の訪日ベトナム人一般客1人当たりの旅行支出は17万7,066円で、全体の訪日外国人一般客1日当たりの旅行支出15万9,000円を上回りました。

前年比では-6.0%でしたが、全国籍での平均を上回る消費額をキープしています。

また平均宿泊数も、訪日ベトナム人は36.1泊と、全体の8.8泊を大きく上回っています。


レポートをダウンロードする(無料)

ベトナム人訪日のハイシーズンは例年4月 春と秋が人気

訪日ベトナム人の主な来訪時期
▲訪日ベトナム人の主な来訪時期:訪日ラボ

2019年までの6年間では、訪日ベトナム人が最も増加するのは4月となっています。

2月に最も減少する一方、10月にもある程度の上昇が見られ、春季と秋季が人気であることが分かります。

ベトナムからは4月の訪日客が最も多いことから、冬期の訪日客が最も多い東南アジア系訪日外国人と同じインバウンド対策を取るのではなく、国別の需要に応じたインバウンド対策が重要となります。


レポートをダウンロードする(無料)

訪日ベトナム人は初来日が6割程度

訪日ベトナム人の特徴
▲訪日ベトナム人の特徴:訪日ラボ

2019年の訪日ベトナム人は約49万人で、ビザ緩和もあり2009年の約3万人と比較すると16倍以上の訪問者数となりました。

2019年時点の訪日ベトナム人の特徴として、下記の点が挙げられます。

  1. 初来日が6割程度
  2. 全国籍平均を上回る個人消費
  3. ハイシーズンは4月・10月

訪日ベトナム人は初来日が6割近くにのぼっていますが、リピーターの増加傾向が見られ、今後さらにリピート率が拡大することが期待されます。

2019年までの5年間の訪日ベトナム人前年比増加率は25.9~49.2%と他の国と比較しても非常に大きく、日本人気が高まっています

コロナ収束後には、また訪日ベトナム人が戻ってくる可能性があります。

今はSNSを活用するなどして、日本の安全性をベトナム人へアピールしつつ、訪日ベトナム人に対し言語を含めたコミュニケーションの整備を行うことが重要となるでしょう。

レポートをダウンロードする(無料)

外国人に選ばれる飲食店の条件とは


飲食店向け予約管理システム「ebica」運営の株式会社エビソルが、飲食店を対象として2022年11月に実施した調査によれば、回答者全体の6割近く(57.7%)は、すでに外国人観光客の客足が「増加している」と回答しています。

そこで今回は、飲食店様向けに、インバウンドが再開された今こそ知っておきたい「インバウンド対策 × 口コミマーケティング」についてのセミナーを開催いたします。この機会にぜひお申し込みくださいませ。

セミナーについて詳しく見る

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料について詳しく見る

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!