中国、入国後の隔離撤廃 「ゼロコロナ」ついに転換 1月8日から

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

中国政府は26日、新型コロナウイルスの水際対策として行っている入国者の隔離を、来年1月8日から撤廃すると発表しました。

中国では今月に入り、「ゼロコロナ政策」を緩和したことにより感染が爆発しており、2億人以上の国民が感染しているとも報じられていました。

この水際対策の撤廃により、中国人観光客の動きが活発化し、訪日中国人観光客がさらに回復することが見込まれます。



中国、入国者への隔離を撤廃 新型コロナの分類も変更

中国政府は26日、現在すべての入国者に課している隔離措置を、来年1月8日から撤廃すると発表しました。これにより、来年1月8日以降は、中国入国に際しては出国前検査の陰性証明のみが求められることになります。

現在は全ての入国者に対して、5日間の指定施設での隔離と、3日間の自宅待機が求められています。しかし今月に入り、中国国内の感染状況が急速に悪化したことが背景となり、本措置の撤廃に至ったとみられています。

また中国国家衛生健康委員会の発表によると、隔離措置の撤廃と同時に、新型コロナの感染症分類の引き下げも行うということです。これにより、濃厚接触者の追跡や、感染状況に応じた「高リスク地域」の指定も撤廃されます。

中国では、12月初頭の大規模なデモの結果として規制緩和が進み感染が拡大し、それにより更なる規制緩和を実施せざるを得なくなる、というスパイラルに突入しています。「ゼロコロナ政策」が急速に瓦解しつつあるといえます。

中国「白紙デモ」の衝撃。「ゼロコロナ政策」緩和へ一転、ネット社会が果たした役割とは

先日、中国で「白紙デモ」(中国語圏では「白紙革命」「白紙運動」とも)と呼ばれる人々の抗議運動が起きたことがニュースとなりました。この「白紙運動」は近年の中国において起きたものとしては非常に大きな社会運動であり、また海外にも飛び火したものとして大きく話題になりました。この記事では普段より中国に在住し、中国に関する考察を続けている筆者の視点から、この「白紙デモ」はどのように発生したものなのか、またそれがどのような影響を中国の社会に及ぼしているのかについて説明します。また、各地の抗議活動を受け、...

訪日中国人の回復に期待

今回の水際対策の緩和により、中国への入国者だけでなく、中国人の出国者も増加が見込まれます。特に中国からの海外旅行客にとっては、帰国時の入国制限が緩和されることは、海外旅行のハードルを大きく下げることにつながります。

コロナ前の2019年には、全国籍の訪日外国人観光客3,188万人のうち、約3割に当たる959万人が中国人観光客でした。また金額にして、インバウンド消費額の総計4.8兆円のうち、実に40%を占める2兆円以上が中国人観光客によるものでした。

中国人観光客は、日本のインバウンドにとって最大の「お得意様」といえます。中国の水際対策緩和は、日本のインバウンドを上向かせる大きな要因となると見込まれます。

インバウンド対策にお困りですか?

「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参考>

中華人民共和国国家衛生健康委員会:关于印发对新型冠状病毒感染实施“乙类乙管”总体方案的通知

外国人に選ばれる飲食店の条件とは


飲食店向け予約管理システム「ebica」運営の株式会社エビソルが、飲食店を対象として2022年11月に実施した調査によれば、回答者全体の6割近く(57.7%)は、すでに外国人観光客の客足が「増加している」と回答しています。

そこで今回は、飲食店様向けに、インバウンドが再開された今こそ知っておきたい「インバウンド対策 × 口コミマーケティング」についてのセミナーを開催いたします。この機会にぜひお申し込みくださいませ。

セミナーについて詳しく見る

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料について詳しく見る

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!