「外国人が住みやすい街」東京は"ワースト10"入り…そのワケは

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

国外居住者の交流プラットフォームを提供するドイツのInterNations社は、2022年版の「外国人として暮らしやすい都市ランキング」を発表しました。

世界各地の計1万人以上の国外居住者を対象に行った、駐在先の都市での暮らしに関するアンケート調査の結果に基づいて、このランキングは作成されています。

このランキングで、東京は50都市中42位と、ワースト10に入ることになりました。「言葉の壁」と「仕事文化」の2つの要因が、足を引っ張った形となりました。

関連記事:世界の「パスポートランキング」1位は?193の地域にビザなし渡航できる「最強のパスポート」…実は日本



「外国人として暮らしやすい都市ランキング」2022年版発表

国外居住者の交流プラットフォームを提供するドイツのInterNations社は、「Expat City Ranking 2022」(外国人として暮らしやすい都市ランキング)を発表しました。

InterNations:Expat City Ranking 2022
▲InterNations:Expat City Ranking 2022

このランキングは、181の国と地域で外国人として居住している計1万人を対象に行ったアンケート調査の結果に基づいて作成されています。

アンケート調査では、回答者自身が外国人として居住している都市の暮らしやすさに関して、総計56の質問が設定されました。

それぞれの質問は、「QOL(生活の質)」、「適応のしやすさ」、「仕事の満足度」、「パーソナルファイナンス」、そして役所の利用のしやすさなどを示す「Expat Essentials」(以下、「独自指標」)の5つの部門のいずれかに分類されています。

2022年版の調査では、十分なサンプル数が得られた世界各地の計50都市が、調査結果の総合的な分析に基づいてランキングされています。順位は全て「50都市中の順位」となっています。

トップはスペイン・バレンシア QOL高く評価

50都市中1位となったのは、地中海に面したスペインの都市、バレンシアでした。

総合ランキング InterNations:Expat City Ranking 2022
▲総合ランキング InterNations:Expat City Ranking 2022

バレンシアは「QOL」部門でも1位、「適応のしやすさ」部門および「パーソナルファイナンス」部門では3位と、部門別にみても上位を獲得しています。

公共交通機関の利便性や、街の治安の良さ、そして生活費の安さなどが順位を押し上げた形となりました。

続く2位はアラブ首長国連邦の都市、ドバイとなりました。ドバイは役所の利用のしやすさや、住居の探しやすさ、「言葉の壁」の無さなどが高く評価され、「独自指標」部門では1位を獲得しています。

3位はメキシコの首都、メキシコシティとなりました。治安や気候に弱みをもつメキシコシティは、「QOL」部門では50都市中44位と苦戦しましたが、「適応のしやすさ」部門および「パーソナルファイナンス」部門では1位を獲得し、総合ランキングでトップ3に食い込む形となりました。

東京はワースト10入り…「言葉の壁」と「仕事文化の異質性」際立つ

日本から唯一ランキングに参加した都市・東京は、総合ランキングで50都市中42位となりました。ランキングに登場したアジアの全6都市の中でも、下から2番目の総合順位となりました。

部門別でみると、最も高い評価を得た部門は「QOL」部門で、16位を獲得しました。特に「健康と幸福」に関する指標では7位と好成績を残しました。

次いで「パーソナルファイナンス」部門では22位、「適応のしやすさ」部門では39位となりました。

足を引っ張る形となったのは、「仕事の満足度」部門の40位、および「独自指標」部門の45位です。

「仕事の満足度」部門のうち、「仕事文化と満足度」の指標では、東京は50都市中の最下位となりました。礼儀正しく、真面目に仕事をする人が多い一方で、保守的で同調圧力が強い雰囲気があるというような、日本の仕事文化の異質性があらわになったといえます。

また「独自指標」部門では、東京は「言語」の指標で50都市中の最下位となりました。日本語を話すことができない外国人が生活するうえでの「言葉の壁」が、東京ではいまだ高くそびえたっていることが示されました。

Expat Essential部門(独自指標部門)の各指標 InterNations:Expat City Ranking 2022
▲Expat Essential部門(独自指標部門)の各指標 InterNations:Expat City Ranking 2022

「デジタル」を活かした居住・労働環境の最適化が求められる

東京はその他、「独自指標」部門のうち「デジタルライフ」の指標で40位、「役所の利用のしやすさ」の指標でも41位と低い評価を受けました。

このように「デジタル分野」は、現在は東京の弱点となっています。言葉の壁や、仕事文化のギャップ、公的手続きの煩雑さといった課題を包括的に解決していくには、ITの力を借りることが必要不可欠になってくると考えられます。

今後はITの活用、そして居住環境および労働環境の最適化が進み、東京が「外国人として暮らしやすい都市」への脱皮を果たすことが期待されます。


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる

<参考>

InterNations:Expat City Ranking 2022

外国人に選ばれる飲食店の条件とは


飲食店向け予約管理システム「ebica」運営の株式会社エビソルが、飲食店を対象として2022年11月に実施した調査によれば、回答者全体の6割近く(57.7%)は、すでに外国人観光客の客足が「増加している」と回答しています。

そこで今回は、飲食店様向けに、インバウンドが再開された今こそ知っておきたい「インバウンド対策 × 口コミマーケティング」についてのセミナーを開催いたします。この機会にぜひお申し込みくださいませ。

セミナーについて詳しく見る

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料について詳しく見る

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!