中国 航空需要「急回復」ゼロコロナ撤廃で

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

旅行情報会社であるフォワードキーズ(ForwardKeys)の最新データによると、中国のゼロコロナ政策の終了により、中国国内の航空需要が回復している様子がうかがえます。

一方で国際線を含めた航空需要の「完全な回復」には時間がかかるものとみられます。


中国"ゼロコロナ"緩和時、国内線予約が前週比56%増

ForwardKeysの最新データによると、中国がゼロコロナ政策の終了を決定したことで、航空券の予約が急増しているようです。

昨年12月7日、中国当局は、地方間の航空旅行においてPCR検査が陰性であることを要求しないと発表しました。同週の国内線の予約は前週比56%増、翌週も69%増と急増しました。

規制撤廃したタイミングでコロナ前50%まで回復

さらに、12月26日には国内航空券のコロナ関連の制限をすべて撤廃したことで予約は再び急増し、年末の最終週には2019年の50%の水準に達しました。

1月3日時点で、春節期間(1月7日~2月15日)の国内線予約状況は、前年比(2022年比)92%、新型コロナ流行前(2019年)と比べ29%となっています。12月7日の発表前は、2019年比の9%であったことから、規制緩和と共に急速に旅行需要が回復していることがうかがえます。

なお、人気都市は北京、上海、成都、昆明、三亜、深圳、海口、広州、重慶となっています。

一方「完全な回復」はすぐには不可能

中国の航空規制当局は、1月6日までにflight capacity(注:輸送能力)をコロナ流行前の70%、1月31日までに88%へ回復させる予定です。

しかし、スタッフの再雇用やフライトの安全性、サービス基準の確立など、航空業界の立て直しにはしばらく時間がかかります。そのため、完全な回復はすぐには不可能であることが予想されます。

また、12月26日に発表された中国への国際線フライト数の上限撤廃と検疫措置は、1月8日から適用されます。中国国民は、期限切れのパスポートを更新し、新規に申請することができるようになりました。

12月26日から1月3日までの出国便の予約は、前年同期比192%と急増しましたが、流行前の水準には85%及びませんでした。人気の目的地は、マカオ、香港、東京、ソウル、台北、シンガポール、バンコク、ドバイ、アブダビ、フランクフルトでした。

なお、12月26日から1月3日の間に行われた予約の67%は、旧正月期間中の旅行に対するものだったということです。

中国人観光客の世界旅行の完全復活、課題は山積み

ForwardKeysのインサイト担当副社長であるオリビエ・ポンティは、「旧正月には3年ぶりに海外旅行が回復しそうだが、中国人観光客の世界旅行の完全復活を見るには、もう少し待つ必要がありそうだ」との考えを明らかにしました。

その理由について第一に、「現在の国際線定期便のキャパシティは2019年の10%程度であり、交通権や空港枠の認可要件があるため、航空会社が数カ月以内に装備を整えることは困難であろう」と航空の運行状況について言及しました。

第二に、「航空券の価格は依然として高く、12月の平均航空運賃は2019年の160%となっている。とはいえ、検疫が3週間から7日間に短縮された6月以降、そして11月に5日間に短縮されてからは減少傾向にある」と航空券の価格について述べました。

また第三に、「米国、英国、インド、カタール、カナダ、オーストラリア、EU加盟全27カ国など一部の渡航先では、中国人旅行者のフライト前の新型コロナ検査を義務付け、日本、韓国、イタリアなどでは到着時の検査と陽性者の検疫を実施する予定だ(注:1月17日時点でこれらの措置は実施済み)」と中国人旅行者への検査義務について触れました。

さらに、オリビエ・ポンティ氏は「パスポートの更新やビザの申請がボトルネックになる可能性があり、韓国や日本など一部の国では、今月末まで中国人旅行者の短期ビザを制限しています。今現在、中国アウトバウンド市場は、航空会社が5月の連休、6月の端午の節句、夏休みを含む春と夏に向けたキャパシティを計画する2023年第2四半期に強く持ち直すと予想している」と語りました。

関連記事:中国人観光客はいつ戻る?“ゼロコロナ”緩和後初の春節〜今後の動きは


インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!
訪日ラボに相談してみる


<参照>

ForwardKeys:The sleeping dragon awakens: travel from China returns

外国人に選ばれる飲食店の条件とは


飲食店向け予約管理システム「ebica」運営の株式会社エビソルが、飲食店を対象として2022年11月に実施した調査によれば、回答者全体の6割近く(57.7%)は、すでに外国人観光客の客足が「増加している」と回答しています。

そこで今回は、飲食店様向けに、インバウンドが再開された今こそ知っておきたい「インバウンド対策 × 口コミマーケティング」についてのセミナーを開催いたします。この機会にぜひお申し込みくださいませ。

セミナーについて詳しく見る

【2023年インバウンド最新動向を予測】国・地域別デジタルマーケティング戦略


2022年10月からついに入国者数の上限撤廃、短期滞在者のビザ免除等が実施され、訪日観光が本格的に再開されました。

未だ"完全回復"には至っていないものの、観光地によってはすでに多くの訪日外国人観光客が訪れているところもあり、「インバウンド対策」への関心が急速に高まっています。

では、今やるべきインバウンド対策とはなんでしょうか。そしてそれを国・地域別に見ると、どういった違いがあるのでしょうか。

インバウンド対策を何から始めたら良いか悩んでいる方や、インバウンドの最新動向を知りたい方向けに

  • 最新の訪日観光の状況や今後の予想
  • 国・地域別のデジタルマーケティング
  • 外国人向け情報発信の際に意識すべきこと

などがわかる資料を公開しています。

資料について詳しく見る

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる


完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!