東京ディズニーリゾート、入場者数が前年度比2倍近くに

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

綜合ユニコムがコロナ禍における全国主要なレジャー・集客施設の入場者数データをまとめた『月刊レジャー産業資料10月号』(No.685)を発刊しました。

調査によると、テーマパークや遊園地など多くの施設がコロナ前の入場者数を上回る一方で、ミュージアムはまだ回復途上であることが浮かび上がっています。

この記事では調査の概要を見ていきます。なお詳細なデータや調査結果は『月刊レジャー産業資料10月号』で紹介されています(購入ページ)。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

テーマパーク、遊園地、動物園が好調、ミュージアムは回復途上

コロナ禍を経て、2022年度における日本全国の主要なレジャー・集客施設の動向が注目されています。

綜合ユニコムが実施した最新の調査によれば、テーマパーク、遊園地、動物園は、コロナ前(2019年度)の入場者数を上回る施設も多く見受けられます。

テーマパーク:「東京ディズニーリゾート」が前年度比188.3%

テーマパークでは、とりわけ「東京ディズニーリゾート」が前年度比188.3%増の約2,208万人と大幅に増加しました。入場者数上限の引き上げが寄与していると考えられます。

遊園地:V字回復、「浅草花やしき」は新アトラクションとナイトイベントで集客に成功

遊園地においても、特に中小規模の施設がコロナ禍からいち早くV字回復を果たしています。

浅草花やしき」は新アトラクションの導入やリニューアル、ナイトイベントの再開などでコロナ前を凌ぐ集客に成功し、好調な成績を収めました。

遊園地は家族や友人と楽しいひとときを過ごす場所として再び人気を集めているようです。

動物園:大幅な集客増、「上野動物園」の入場者数は前年度比5倍に

動物園も好調な成績を収めていて、「東京都恩賜上野動物園」が対前年度比540.7%の約305万人という数字を記録してトップに返り咲きました。

1日当たりの入場者数も前年度の3倍となる約9,550人にアップし、再び多くの人々に愛される施設となりました。

水族館:沖縄美ら海水族館の入場者数が前年度比3.5倍に

水族館においても、「沖縄美ら海水族館」が前年度比349.1%増で200万人台に返り咲きました。

「横浜・八景島シーパラダイス アクアリゾーツ」は、団体の教育旅行や回復状況にあわせた企画を実施したこともあり、前年度比で121.7%となる140万人を上回りました。

ミュージアムは回復途上、コロナ禍の影響が残る

ミュージアムは苦戦を強いられている状況です。綜合ユニコムの調査によると、前年度からは集客が回復していますが、コロナ前(2019年度)の入場者数にはまだ届いていないとのことです。コロナ禍の影響はミュージアムにおいても大きく、その回復がまだ途上であることが示されました。

インバウンド対策にお困りですか?
「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

訪日ラボに相談してみる

<参照>

綜合ユニコム株式会社プレスリリース:コロナ禍の全国主要レジャー・集客施設 入場者数データを掲載した『月刊レジャー産業資料』10月号を発刊――テーマパーク、遊園地、動物園ではコロナ前の入場者数を上回る施設も

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.1 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

訪日外国人の数はすでにコロナ前の水準を超えており、インバウンドの業界はますます盛り上がりをみせています。

目まぐるしく変わるインバウンドの動向。最新情報をしっかりと把握するのが難しくなってきてしまった…と感じている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回から、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が解説する「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズがスタートします!

第一回は5月24日に開催。今月5月のインバウンドトレンド情報や、夏に向けた今後の動向についてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.1 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月前半版レポートから、4月〜5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに