外国人に人気の商業施設ランキング!六本木ヒルズが3位、1位は?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

訪日ラボが最新の口コミデータを元に独自調査・発表しているインバウンド人気観光地ランキング』

これまでは「都道府県」「エリア」など地域ごとの特性を発表してきましたが、今回は全国の観光スポットを一斉調査!

各スポットを「寺院」「博物館・美術館」「動物園・水族館」などに分類し、各カテゴリ別の人気スポットを調査しました。

本記事ではその中から、外国人に人気の[商業施設]ランキングを発表します!

※本ランキングでの[商業施設]は、Googleマップ上の業種・カテゴリが「ショッピングモール」「商業地」「アウトレットモール」などとされているものから訪日ラボが独自に抽出しています。


インバウンドランキング[商業施設編]では、以下の内容が明らかになりました。

  • 商業施設 インバウンド人気観光地ランキングTOP30
  • ”英語””韓国語”ほか 言語別人気観光スポットTOP10
  • 日本語 vs 外国語 口コミ★評価比較

レポートをくわしく見る(無料)

※本記事はレポートのダイジェスト版となります。『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

商業施設のインバウンドランキング、1位は錦市場!

訪日ラボ・口コミコム が独自に調査した『インバウンド人気観光地ランキング』商業施設編。

TOP10は、以下の通りとなりました。


▲人気観光地ランキング TOP10[商業施設編]

<人気観光地ランキング TOP10>

1位:錦市場
2位:キャナルシティ博多
3位:六本木ヒルズ
4位:御殿場プレミアム・アウトレット
5位:新世界
6位:築地場外市場
7位:黒門市場
8位:唐戸市場
9位:上野アメ横商店街
10位:阪急うめだ本店

数あるスポットのなか、今インバウンドに最も人気がある商業施設は、京都府の「錦市場」でした。

錦市場は「京の台所」と称されることの多い食の商店街で、京野菜や魚などの生鮮食材をはじめ、京都ならではの乾物や漬物、おばんざいなどを商う老舗・専門店が集まっています。

同スポットには2週間で100件以上の外国語口コミが寄せられており、多くの外国人観光客が訪れている様子がうかがえます。

★評価も4.2の高評価を獲得しており「グルメ好きは行くべき」「食べ歩きが楽しい」などの声が寄せられていました。


「錦市場」は昨年発表した「京都府のインバウンド人気観光地ランキング」でも上位にランクインしていました。

文化財が多くインバウンドの注目度が高い京都のなかで「錦市場」が観光スポットの中心の1つとなるか、さらなる期待が持たれます。

<関連記事>訪日ラボ:京都府のインバウンド需要


ほかにも、2位には九州エリアで外国人に人気のスポット「キャナルシティ博多」がランクインしました。

人気ランキング11位〜30位のスポットは、レポートにてご確認ください。

レポートをくわしく見る(無料)

【言語別】商業施設エリアの観光地、英語での口コミ人気No.1は?

レポートでは、英語・中国語(繁体 / 簡体)・韓国語など、5つの外国語別の人気ランキングも発表しています。

このランキングから、各言語圏によって人気スポットに特徴があることが分かりました。

【英語版】インバウンド人気観光地TOP10
▲【英語版】インバウンド人気観光地TOP10

英語版のTOP10は、以下のようになりました。

1位:(レポートにてご確認ください)
2位:(レポートにてご確認ください)
3位:(レポートにてご確認ください)
4位:六本木ヒルズ
5位:上野アメ横商店街
6位:黒門市場
7位:新世界
8位:ダイバーシティ東京 プラザ
8位:築地場外市場
10位:二条市場

英語での口コミで「今」最も人気のある観光スポットは、「◯◯◯◯◯◯◯◯◯」でした。

東京都から4施設、大阪府から2施設がランクインしました。


東京と大阪は、英国のスカイスキャナーが発表した「イギリス人の2024年トレンド旅行地トップ10」にランクインしました。

観光地としての日本の人気度が高まっていることから、これらの都市の商業施設にも注目が集まりやすい状況にあるといえます。

今後ランキングに変動があるのか、注目です。

<関連記事>訪日ラボ:英旅行サイト「人気急上昇の旅行先ランキング」日本から札幌・大阪・東京の3都市が選出

レポートをくわしく見る(無料)

【日本語 vs 外国語】商業施設における外国人口コミ評価比較

さらに本レポートでは、人気スポットTOP10の口コミ評価を言語別に算出。日本語と外国語との評価の違いを比べてみると、ある特徴が見えてきました。

【日本語 vs 外国語】商業施設における外国人口コミ評価比較
▲【日本語 vs 外国語】商業施設における外国人口コミ評価比較

上位3スポットにおいて、日本語での口コミと比べて外国語での口コミの★評価はやや高い傾向となりました。

インバウンドに人気の商業施設において、外国語での口コミを集めることは日本語での口コミ獲得と同様に高評価が得られる可能性があります。

外国語での口コミ評価の詳細や、日本語との口コミ比較に関しては、レポートダウンロードにてご確認ください。

レポートをくわしく見る(無料)


ーーーーーー

その他にも、レポートでは“インバウンド“に活かせる口コミ対策とは?“をテーマに、2024年のインバウンド対策に役立つ情報をまとめています。
インバウンド対策や口コミマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

    <調査概要>

    • 調査対象:訪日ラボが独自に選出した国内の「商業施設」244箇所 ※Googleマップ上の表示が「ショッピングモール」「商業地」「アウトレットモール」などとされているものから独自に抽出
    • 口コミ調査期間:2024年1月2日 ~ 2024年1月15日
    • 口コミ総数:2,914件(うち 外国語口コミ数:1,079件 )
    • 調査リソース:Google マップ から公開されている口コミを抽出し独自に分析 ※★評価のみ(口コミなし)や絵文字のみの口コミは分析の対象外
    • 調査方法:「口コミサイトを “もっと” 売上に変える」口コミコム (インバウンドオプション)を利用して、調査リソース上のデータを独自に分析・解析

    レポートをくわしく見る(無料)
    ※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

    インバウンド対策にお困りですか?
    「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客や受け入れ整備のご相談に対応します!

    訪日ラボに相談してみる

    訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

    インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

    2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

    昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

    インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

    そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

    【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

    今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

    スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

    「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

    → 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

    完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

    関連インバウンド記事

     

    役にたったら
    いいね!してください

    この記事の筆者

    訪日ラボ編集部

    訪日ラボ編集部

    訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

    プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに