これだけは知っておくべき訪日シンガポール人 3つのポイント

    • 訪日シンガポール人の約75%がリピーター
    • ハイシーズンは12月、日本の冬を楽しむ
    • 一人あたり消費額は東南アジアで最大

シンガポールに関連するインバウンド年表

1966年日本とシンガポール共和国の国交が樹立
2006年JNTOシンガポール事務所が開設
2016年外交樹立50周年を記念し、シンガポール政府観光局日本支局(STB)と日本政府観光局(JNTO)が観光交流促進に関する協定を締結
2019年訪日シンガポール人数が史上最多となる49万人を達成

シンガポール基本データ

人口約564万人
面積約720平方キロメートル
首都シンガポール
宗教仏教,キリスト教、イスラム教、道教、ヒンズー教など
公用語英語,中国語,マレー語、タミル語
時差UTC+8(-1時間)
通貨シンガポール・ドル
名目GDP約3,611億米ドル
経済成長率3.1%
一人当たりGDP約62,721米ドル
平均月収3,423.78米ドル
ビッグマック指数(経済力)4.38米ドル

(参照)THE WORLD BANK Population, total、United Nations National Accounts - Analysis of Main Aggregates (AMA)、外務省 国・地域基礎データ、Numbeo Rankings by Country of Average Monthly Net Salary(After Tax)(Salaries And Financing)、The Economist The Big Mac index

完全無料 訪日シンガポール人のことがもっと分かる 口コミアカデミー「インバウンドの教科書」 チャット形式でサクサク読める! 見てみる

シンガポール市場の訪日旅行(インバウンド)データ

訪日外客数推移(2014年~2022年):訪日シンガポール人は何人来ているのか

コロナ前の2019年までは、訪日シンガポール人客数は増加傾向にあり、ピークとなった2019年には49万2,252人を記録しました。コロナ後の2022年は13万1,969人と、東南アジアからの訪日客の中では快調なペースで回復しています。

月別訪日外客数:訪日シンガポール人に人気なのは何月?

コロナ前の2019年までの傾向では、訪日シンガポール人が最も増加するのは12月でした。シンガポール人にとって「日本の冬」は魅力的であり、クリスマスや年末年始の休暇を日本で過ごすシンガポール人が多いようです。最も減少するのは8月となっており、他の国・地域だと夏季休暇シーズンで訪日客が増える傾向にある中で、特徴的だといえます。

インバウンド消費額推移(2014年~2022年):シンガポール市場全体の規模は?

コロナ前、2016年から2019年にかけて訪日シンガポール人のインバウンド消費額は増加傾向にありました。ピークとなった2019年には855億円を記録しましたが、パンデミックの影響で直近3年間は大きな落ち込みをみせました。

一人当たりインバウンド消費額推移(2014年~2022年):訪日シンガポール人は1人いくら使う?

訪日シンガポール人の一人あたりインバウンド消費額は、コロナ前は2015年をピークに2016年に落ち込みをみせましたが、その後2019年には17万3,669円まで回復しました。コロナ明けの2022年には、旅行者層の変化に伴い26万1,883円へと大幅な増加をみせました。

旅行支出内訳:訪日シンガポール人には何を買い、消費している?

訪日シンガポール人の支出において、最も大きな割合を占めたのは宿泊費で、9万1,681円でした。2番目に大きな割合を占めたのは買物代で、7万8,542円でした。支出全体に占める娯楽等サービス費の割合が低いことも特徴的です。

人気のお土産ものランキング:訪日シンガポール人は何をお土産に買っていく?

費目購入率購入者単価
1位菓子類69.8%10,696円
2位衣類37.3%23,336円
3位その他食料品・飲料・たばこ36.8%10,194円
4位化粧品・香水29.3%21,251円
5位靴・かばん・革製品23.4%32,746円
6位酒類12.1%8,040円
7位医薬品11.4%16,121円
8位健康グッズ・トイレタリー11.2%11,951円

(参照)観光庁 訪日外国人消費動向調査 2019年より

訪日シンガポール人に最も人気のある品目は「菓子類」で、一人あたり平均10,696円分購入されています。購入率順に並べると、「菓子類」を筆頭に、「衣類」「その他食料品・飲料・たばこ」「化粧品・香水」「靴・かばん・革製品」の順で続いています。

買い物場所ランキング:訪日シンガポール人はどこで買い物をしている?

買い物場所購入率
1位コンビニエンスストア70%
2位百貨店・デパート64.1%
3位空港の免税店58.8%

(参照)観光庁 訪日外国人消費動向調査 2019年より

訪日シンガポール人に最も人気の買い物場所は「コンビニエンスストア」で、70%が買い物をしました。続けて「百貨店・デパート(64.1%)」と「空港の免税店(58.8%)」がランキング上位に入っています。免税店を利用する傾向も大きいようです。

年齢・性別構成比:訪日シンガポール人で最も多い属性は?

訪日シンガポール人の56.9%が男性、43.1%が女性です。また、男性で最も多い年齢層は30〜39歳で全体の26.2%を占め、女性で最も多い年齢層は30〜39歳で全体の16.6%を占めます。

滞在日数:訪日シンガポール人は何日間訪日旅行する?

訪日シンガポール人の滞在日数は、全体の場合と観光・レジャー目的の場合、どちらも7~13日間が最多です。東南アジア諸国の中では、比較的滞在日数が長いのが特徴です。

訪日経験:訪日シンガポール人は初訪日・リピーターどちらが多い?

2023年第1四半期の訪日シンガポール人は、初来日が25.6%、リピーターが74.4%でした。

旅行形態:訪日シンガポール人は団体旅行と個別旅行どちらが多い?

訪日シンガポール人の旅行形態は、全目的の場合と観光・レジャー目的の場合、どちらも個別手配が最多です。いずれの場合でも約95%が個別手配になっており、全国籍の中でも個別手配を好む傾向が強いといえます。

日本の観光情報の収集:訪日シンガポール人の訪日旅行の情報手段は?

訪日シンガポール人が旅マエに情報収集をする際、最も役に立ったのは「動画サイト(YouTube/愛奇芸等)(30.7%)」でした。合わせて「自国の親族・知人(29.5%)」「SNS(Facebook/Twitter/微信等)(26.1%)」と続いています。また、旅ナカで最も役に立った情報は「交通手段(71.2%)」でした。合わせて「飲食店(63.4%)」「買物場所(44.0%)」と続いています。

シンガポール市場のアウトバウンド(海外旅行)データ

シンガポール人の海外旅行者数の推移(2012年~2020年):シンガポール人の海外旅行需要は?

コロナ前の2019年までの6年間、シンガポール人の海外旅行者数は伸び続けており、ピークであった2019年には1,071万人を記録しました。しかし2020年にはパンデミックの影響を受け154万人まで激減しました。

シンガポールで人気の海外観光地ランキング:訪日旅行の競合となる国は?

国名過去五年間で最多の外客数
1位マレーシア13,272,961人(2016年)
2位インドネシア1,934,445人(2019年)
3位タイ1,066,219人(2018年)
4位中国1,008,545人(2019年)
5位日本492,252人(2019年)

(参照)日本政府観光局(JNTO) 訪日旅行データハンドブック 2022年より

シンガポール人に人気の海外旅行先は、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、日本と、全てアジア諸国となっています。マレーシア、インドネシア、タイは距離が近いため、交通費が安いことが人気の理由となっており、シンガポールからマレーシアには陸路で訪れることもできます。コロナ禍から回復したタイミングでも、同じ理由でこれらの国・地域が人気になるものと考えられます。

インバウンドや口コミサイト対策の学び直しに!「口コミアカデミー」登場

完全無料 訪日シンガポール人のことがもっと分かる 口コミアカデミー「インバウンドの教科書」 チャット形式でサクサク読める! 見てみる