これだけは知っておくべき訪日オーストラリア人 3つのポイント

  • とにかく好調な豪州市場 :訪日客数は5年間で倍増&1人あたりの旅行支出も増加中!
  • 20代のオーストラリア人に訪日旅行は人気! 3人に1人が20代の若者
  • オーストラリア人は滞在環境にこだわる!? 宿泊費だけで約10万円を出費する傾向に

オーストラリアに関連するインバウンド年表

1951年サンフランシスコ条約で日本とオーストラリアが国交を正常化
1962年JNTOシドニー事務所が開設
2016年訪日オーストラリア人観光客数が史上最多となる44万人に
2017年JNTOがインバウンドPRイベント「祭り in シドニー」を開催

オーストラリア基本データ

人口約2,413万人(2016年)
面積769万2,024平方キロメートル
首都キャンベラ
宗教カトリック
公用語英語
時差+2時間・UTC+11
通貨オーストラリア・ドル(1豪ドル =87円)
名目GDP3.2%(2016年)
経済成長率2.9%(2016年)
1人あたりのGDP50,962米ドル(2016年)
平均月収335,722円
物価ビッグマック=5.90オーストラリアドル

(参照)外務省 国・地域基礎データ、Numbeo Rankings by Country of Average Monthly Net Salary (After Tax) (Salaries And Financing)より

オーストラリア市場の訪日旅行(インバウンド)データ

訪日外客数推移(2012年~2016年):訪日オーストラリア人は何人来ているのか」

オーストラリア市場の訪日旅行(インバウンド)データ

ここ5年間、訪日オーストラリア人観光客数は順調に増え続けています。 2012年においては206,404人であった訪日オーストラリアインバウンド市場は2016年には445,332人まで成長しました。

月別訪日外客数:訪日オーストラリア人に人気なのは何月?

月別訪日外客数:訪日オーストラリア人に人気なのは何月?

訪日オーストラリア人のインバウンド市場において、重点的にプロモーションをかけるべき期間は12月から1月です。 直近5年間、同期間の訪日オーストラリア人観光客数は、年間でピークを迎えています。訪日オーストラリア人を誘致する場合には、参考にするとよいでしょう。

インバウンド消費額推移(2012年~2016年):オーストラリア市場全体の規模は?

インバウンド消費額推移(2012年~2016年):オーストラリア市場全体の規模は?

ここ5年間、訪日オーストラリア人によるインバウンド消費額は伸び続けています。2012年には407億円だったインバウンド消費額は、2016年に1,099億円にまで伸びました。約2.5倍にあたる増加です。 順調な客数の伸びとともにインバウンド消費額も着実に増加傾向にあり、訪日オーストラリア人インバウンド市場は安定しているといえるでしょう。

一人当たりインバウンド消費額推移(2012年~2016年):訪日オーストラリア人は1人いくら使う?

一人当たりインバウンド消費額推移(2012年~2016年):訪日オーストラリア人は1人いくら使う?

客数・全体のインバウンド消費額ともに好調であったオーストラリア人のインバウンド市場。一人当たりの旅行支出に関しても同様のことが言えます。 他国では一人当たりのインバウンド消費額の減少が目立つ中、訪日オーストラリア人においては一人当たりの旅行支出もここ5年間一貫して増え続けています。

旅行支出内訳:訪日オーストラリア人は何を買い、消費している?

旅行支出内訳:訪日オーストラリア人は何を買い、消費している?

訪日オーストラリア人が、訪日旅行中に使ったお金のうち、もっとも大きな割合を占めたのは宿泊費用でした。宿泊費用は、全体の40.4%を占めています。訪日オーストラリア人は滞在環境に重きを置いていることが伺えます。 訪日オーストラリア人の旅行支出内訳は、ヨーロッパ諸国に近い形になっており、ショッピングに充てるお金が少ない分、宿泊費用や飲食代に対する割合が大きくなっています。

人気のお土産ものランキング:訪日オーストラリア人は何をお土産に買っていく?

費目購入率購入者単価
1位その他食料品・飲料・酒・たばこ70.7%15,415円
2位菓子類52.8%5,866円
3位服(和服以外)・かばん・靴39.5%23,917円
4位和服(着物)・民芸品28.2%14,316円
5位医薬品・健康グッズ・トイレタリー19.9%4,542円
6位書籍・絵葉書・CD・DVD19.6%4,685円
7位マンガ・アニメ・キャラクター関連商品16.3%11,300円
8位化粧品・香水14.9%11,509円

(参照)観光庁 訪日外国人消費動向調査 平成28年より

訪日オーストラリア人は、日本で日常用品を主に購入しているようです。購入率の高いもの上位3つには、基本的に生活で利用するためのものがランクインしています。購入率こそ下がりますが、「和服(着物)・民芸品」「マンガ・アニメ・キャラクター関連商品」「化粧品・香水」など比較的購入者単価が高い費目も上位にランクインしています。

買い物場所ランキング:訪日オーストラリア人はどこで買い物をしている?

買い物場所購入率
1位コンビニエンスストア70.3%
2位百貨店・デパート59.4%
3位スーパーマーケット51.0%

(参照)観光庁 訪日外国人消費動向調査 平成28年より

訪日オーストラリア人の間で、もっとも人気の買い物場所であったのは「コンビニエンスストア」でした。全体の70%がコンビニエンスストアで買い物をしており、この数値は他国に比べると高い数値です。「百貨店・デパート」「スーパーマーケット」も比較的訪問率が高いショッピングスポットでした。

年齢・性別構成比:訪日オーストラリア人で最も多い属性は?

年齢・性別構成比:訪日オーストラリア人で最も多い属性は?

2016年に訪日したオーストラリア人のうち58.8%は男性、41.2%は女性でした。男性が占める割合は女性が占める割合を大きく上回る結果になりました。 男性・女性ともに、20歳から29歳が占める割合がもっとも高く、(男性では19.2%、女性では16.2%)年齢が高くなるにつれて割合は小さくなっていきます。よって訪日オーストラリア人は比較的若い世代が多いといえるでしょう。

滞在日数:訪日オーストラリア人は何日間訪日旅行する?

滞在日数:訪日オーストラリア人は何日間訪日旅行する?

観光庁の「平成28年 訪日外国人消費動向調査」によると、訪日オーストラリア人の平均泊数は13.2泊です。観光目的の場合、7日から90日間、日本に滞在するオーストラリア人が多いことがグラフより把握できます。(89.9%が7日から90日間日本に滞在)

訪日経験:訪日オーストラリア人は初訪日・リピーターどちらが多い?

訪日経験:訪日オーストラリア人は初訪日・リピーターどちらが多い?

2016年に訪日旅行をしたオーストラリア人のうち、57.3%は初訪日でした。リピーター層は全体の42.7%を占めています。 訪日リピーター率はそこまで高い数値ではありませんが、客数・消費額ともに順調なオーストラリア市場では、新たな訪日客層も増えていることが把握できます。

旅行形態:訪日オーストラリア人は団体旅行と個別旅行どちらが多い?

旅行形態:訪日オーストラリア人は団体旅行と個別旅行どちらが多い?

オーストラリア人が訪日する場合、個別手配にて訪日する割合は87.8%となっており、団体ツアーもしくは個人旅行パッケージを使う割合よりも多い結果になりました。 一方、観光が目的になると個別手配(≒FIT)が占める割合は1.5ポイント低下し、団体旅行が占める割合は13.7%まで上昇します。ただ他国と比べると団体旅行の占める割合は低いため、基本的に個人旅行にて訪日する人が多いという点に留意するべきでしょう。ビジネス目的の訪日時は、他国籍の訪日客と同様にほとんどが個別手配にて訪日する傾向にあります。

日本の観光情報の収集:訪日オーストラリア人の訪日旅行の情報手段は?

日本の観光情報の収集:訪日オーストラリア人の訪日旅行の情報手段は?

訪日オーストラリア人は基本的に「口コミ」をもとに訪日旅行の計画を練っているようです。旅マエに役に立った情報源としてトップ3には、すべて口コミに関するものがランクインしています。訪日オーストラリア人を集客・誘致するのであれば、ウェブ上や実際の顧客を経由して、いかに生の情報を届けるかに特化したプロモーションをかけるべきでしょう。 旅ナカでは、スマートフォンがもっとも役に立った情報源であったようです。また、PCを通じた情報源がトップ3にランクインしており、一定数の訪日オーストラリア人は訪日旅行中もPCを携帯して情報を入手していることが把握できます。加えて、「観光案内所」も多くのオーストラリア人にとって役に立った情報源であったようです。

オーストラリア市場のアウトバウンド(海外旅行)データ

オーストラリア人の海外旅行者数の推移(2012年〜2016年):オーストラリア人の海外旅行需要は?

オーストラリア人の海外旅行者数の推移(2012年〜2016年):オーストラリア人の海外旅行需要は?

ここ5年間連続で海外旅行者数は伸びているため、オーストラリアにおけるアウトバウンド市場は好調であるとの見方ができます。 特に昨年の2016年にはここ5年間で最多となる993万人が海外に旅行しました。

オーストラリアで人気の海外観光地ランキング:訪日旅行の競合となる国は?

国名過去五年間で最多の外客数
1位アメリカ1,450,113人(2015年)
2位ニュージーランド1,326,800人(2015年)
3位インドネシア1,145,576人(2014年)
4位シンガポール1,125,179人(2013年)
5位イギリス1,093,000人(2011年)

(参照)JNTO 訪日旅行データ ハンドブック 世界20市場 2017年

オセアニアに位置するオーストラリアには周りに旅行する国があまりないためか、オーストラリア人は北米やヨーロッパ、東南アジアなど地域問わずいろいろな場所に海外旅行をしています。 もっとも多かったのはアメリカです。2015年には140万人ものオーストラリア人がアメリカを旅行しました。お隣の国であるニュージーランドも人気の観光地となっており、全体で2番目に人気でした。 また、インドネシアやシンガポールなど東南アジアに旅行するオーストラリア人も多い模様。 日本は、オーストラリア人にとって11番目に人気の観光地です。近年の訪日オーストラリア人観光客の増加を加味すると、日本のランキングはこの先上がっていくかもしれません。