電子決済とは、直接現金の受け渡しをせず、デジタルデータの送受信を通じて行う決済方法で、「キャッシュレス決済」とも呼ばれています。

現在利用されている主な電子決済は、クレジットカード決済、電子マネー決済、QRコード決済、モバイル決済に大別されます。

電子決済の決済方法は主に以下の3つに分類されます。

  • 即時払い
    • 金融機関との連携で、利用と同時に預金口座から利用額が引き落とされる方式で、金融機関のデビットカード、インターネットバンキング、モバイルバンキングなどが分類されます。
  • 前払い(プリペイド方式)
    • 電子マネーのチャージや購入をあらかじめ済ませてから商品・サービスを購入する方式で、SuicaやPASMOなどの交通系電子マネーや、スマートフォンを利用したQRコード決済が該当します。
  • 後払い(ポストペイ方式)
    • 決済はその場で行い、後日商品・サービスの代金が請求される方式でクレジットカードが代表例です。

電子決済を導入することで、店舗側は現金管理に伴う時間と労力の節約、顧客側はコロナ禍の感染症対策として接触を減らす手段かつ、円滑な会計手段として効果的です。

 

役にたったら
いいね!してください