この記事は約2分で読み終わります。

訪日米国人観光客に限らず、訪日外国人観光客のほとんどの情報収集源はガイドブックとスマートフォンです。特にスマホでは、ホテルの検索や予約から電車の乗り換えまで便利なアプリがそろっています。

訪日外国人観光客の旅路をより快適なものにするための国内アプリから、訪日米国人観光客が利用する定番アプリまでご紹介します。

 

航空券やホテルなどを横断検索できるアプリ「KAYAK」

訪日米国人観光客が旅行前に航空券やホテル、レンタカーなどを検索する際によく利用するのが「KAYAK」です。無料で使用可能ですが、有料版にすると広告を非表示にできます。また、日本語対応なので日本人でも使うことができます。

アプリ「KAYAK」が人気の理由はかゆいところに手が届く機能

「KAYAK」は各旅行代理店がオンライン上で表示している価格を一括検索できるため、最低価格をしっかりチェックできます。また、航空券やホテルの検索結果は希望の項目順に並び替えが可能で、価格順や飛行時間順、評価順などが比較しやすくなっています。旅先でも使いやすく、訪日米国人観光客などから人気を集めているようです。

 

レンタカーを利用するなら世界最大のカーナビアプリ「Waze」

アメリカでは定番のカーナビアプリですが、訪日米国人観光客が日本に来た際にも利用可能で、リアルタイムな交通情報が得られます。

また、位置情報サービスを活用したルート検索機能もあります。Wazeの強みは世界中を繋ぐコミュニティを持っていることで、事故や取り締まり、渋滞情報などをシェアし合うことができます。

欧米では言わずと知れたタクシーを予約できるアプリ「Uber」

「Uber」は、訪日米国人観光客をはじめとした欧米系の訪日外国人観光客のあいだでよく知られているメジャーなアプリ。GPS機能によりタクシーを指定の場所に呼ぶことができます。支払いはアプリに登録したクレジットカードで行え、乗車から支払いまでがスマホ上で完結します。まだ日本では導入が始まったばかりですが、訪日米国人観光客の中には利用したいと思っている人もいるのではないでしょうか。

 

訪日外国人観光客の旅路をフルサポートするアプリ「TABIMORI」

成田空港は訪日外国人観光客向けに、交通機関の利用方法や日本の文化情報、5ヶ国語の翻訳機能、乗り換え案内、緊急時の災害マニュアルまでトータルにサポートするアプリ「TABIMORI」をリリースしました。

国内の観光アプリとしてはおそらく最も多機能で、総合的に観光をサポートできる情報が充実しています。なお、乗り換え案内機能はオフラインでも利用可能です。

訪日外国人観光客向けに東京メトロがリリースした乗り換え案内アプリ

東京メトロは、地下鉄乗り換えルート案内などを行うアプリ「Tokyo Subway Navigation for Tourists」をリリースしました。駅名を入力するだけで、乗り換えルート、出口の検索が可能です。英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・日本語に対応しています。

 

まとめ:訪日米国人観光客が利用するアプリがスタンダードになる可能性も

訪日米国人観光客をはじめとした訪日外国人観光客の増加に伴い、非常に便利な機能を備えた観光アプリがリリースされています。難しいと言われる日本の地下鉄も、乗り換え案内などを利用して快適に利用できます。

乗り換え案内以外の機能を持ち、旅行をトータルサポートするものも登場しています。しかし、認知度が向上し、定番アプリとなるまでは今しばらく時間がかかると考えられます。

また、米国人が自国で利用している観光アプリや交通アプリが日本に対応することで訪日旅行をより簡単で快適なものへ変化させることも考えられます。

 

訪日米国人観光客インバウンドデータ集

 

役にたったら
いいね!してください

インバウンド最新情報をお届けします。

これ以上前の記事はありません…