温泉好きの訪日韓国人観光客…実施率は平均以下なのは何故か?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

韓国人は温泉好きが多く、訪日旅行での温泉入浴に期待をよせる訪日韓国人観光客が数多くいます。それでは、一体どのような温泉が好まれるのでしょうか。訪日韓国人観光客と温泉の関係について深く色々と解説していきましょう。

 

「訪日ラボ」の最新インバウンドノウハウが配信されるメルマガに登録する

訪日韓国人観光客は温泉が好き

訪日韓国人観光客は、温泉入浴に30.2%が期待をよせており、さらに最も期待を寄せていたとする回答は15.5%にのぼります。全国籍平均が8.2%ですので、訪日韓国人観光客の温泉入浴への期待度は高いと言えます。

満足度および次回訪日旅行での期待度も高い

温泉入浴を実施した訪日韓国人観光客は35.0%。事前に期待していた数値よりも高くなっているものの、全国籍平均の37.9%よりは少々低い数値となっています。しかしながら、その満足度は89.0%で全国籍平均以上となっており、また、次回の訪日旅行で温泉入浴をしたいと考える訪日韓国人観光客は52.1%で、やはり平均の43.4%よりも高い傾向にあります。

 

何故訪日韓国人観光客に温泉が人気なのか

韓国人は老若男女を問わず温泉が好きだと言われています。また、日本は世界的な温泉国と韓国内でも認知されていることから、訪日旅行の際には温泉入浴を体験したいと考える訪日韓国人観光客が増えてきています。

温泉人気の割に何故そこまで実施率が高くないのか

しかしながら、前述の通り訪日韓国人観光客の温泉入浴実施率は35.0%で平均並となっています。その背景には、訪日韓国人観光客の宿泊施設へのニーズがあります。

日本では、温泉は旅館とセットになっていることが多く、その宿泊費は安価な洋式ホテルと比較すると高額になりがちです。対して、訪日韓国人観光客は、宿泊費を節約する傾向にあります。したがって、旅館での宿泊利用率は低い傾向にあり、それに伴い温泉入浴の実施率もそこまで高くない、という現状があると考えられます。

<関連>

訪日韓国人観光客の宿泊事情:旅館が人気が集まる一方、実際に利用するのはホテル

訪日韓国人観光客が泊まりたいと思っている宿泊先には、どういったものがあるのでしょうか。この記事ではそんな訪日韓国人観光客の宿泊動向についてデータを踏まえながら解説していきます。 訪日韓国人観光客が泊まりたい宿泊先訪日韓国人観光客の希望する宿泊施設:日本政策銀行 アジア8地域・訪日外国人旅行者の意向調査(平成26年版)日本旅行をしたいと思っている訪日韓国人観光客の多くが泊まりたいと思っているのが日本旅館です。日本政策銀行が行った調査によると、訪日韓国人観光客は豪華な高級ホテルよりも日本旅館...

 

今後の訪日韓国人観光客の温泉利用は?

しかしながら、昨今韓国内の物価高も進んでおり、以前に比べ韓国・日本間の物価差がなくなってきています。また、訪日外国人観光客全体のニーズが「コト消費」にシフトしつつあることもあり、訪日韓国人観光客においても、高級で快適な宿泊施設を求めるニーズも出てきています。

<関連>

コト消費とは? 訪日外国人の消費行動がサービスや体験に移行

目次コト消費とは「コト消費」はいつから使われ始めた?インバウンドでの「コト消費」の使われ方は?なぜ「コト消費」という言葉が注目され始めたのかコト消費とはインバウンドにおける「コト消費」とは、訪日外国人観光客が旅館やホテルなどでの宿泊、観光地やアクティビティーでの体験など、経験・体験に対して価値を見出す消費行動のことをいいます。インバウンド業界のみならず、一般のニュースにおいても、訪日中国人観光客の「爆買い」というキーワードが騒がせていましたが、為替相場が元安円高傾向にふれるにつれ、訪日中国...

訪日韓国人観光客に温泉をPRするには

上記で触れたとおり、訪日韓国人観光客も体験やサービスへのニーズが高まってきています。そもそも韓国人で温泉好きであり、また物価差が狭まってきていることから、温泉入浴に足を運んでもらう土壌は出来ているともいえます。

そのうえで、旅館に宿泊すれば温泉以外にも懐石料理や浴衣体験などができること、また、特に若い女性向けには温泉が健康や美容に良いことを知らせると効果的だと考えられます。

 

 

##

まとめ:訪日韓国人観光客と温泉

訪日韓国人観光客は温泉好きであるものの、現状利用率はそこまで高くありません。その理由には温泉とセットになる旅館の宿泊費の高さがネックになっているということがあります。

最近では、韓国内での物価も上昇していることから、今後、コト消費傾向が進むにつれ、温泉入浴をする訪日韓国人観光客が増えていく可能性は高いと考えられます。

<参照>

訪日韓国人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日韓国人観光客

2000年代から、日本語を学ぶ学生が増えています。その理由は、日韓交流の増加により日本語が就職に有利と判断され始めていること、日本文化に対する関心が高くなってきていることなどが挙げられます。実際に、韓国の日本語学習者数は約91万人(2006年)と世界の中でもトップで、世界の日本語学習者の約3割(30.6%)を占めていることになります。

訪日韓国人観光客の特徴

日本の製品やコンテンツに強い関心を持っており、距離的にも近い韓国はインバウンド消費を狙ううえで無視できない国のひとつです。リピーターが多く、自分の興味に合わせた旅行プランを練る傾向のある韓国人観光客は、東京都などの定番観光スポット以外にも足を運びます。

訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介

インバウンド市場の最新動向がわかる訪日ラボおすすめのセミナーをご紹介します。

2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

昨年12月、JTBが2024年の旅行動向見通しを発表し、 訪日外国人旅行者がコロナ前の2019年を上回る過去最多の3,310万人に達するとの予測を立てました。

インバウンド市場が回復の動きを見せる中、訪日外国人を集客するために、どのような対策をすべきかお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そこで本セミナーでは、訪日外国人の集客支援を行う2社にて、 2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション成功のポイントを独自の視点から紐解いていきます。

【訪日外国人の行動データと口コミデータで紐解く】2024年のインバウンド動向とデジタルプロモーション

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに