訪日タイ人観光客にビジネスホテルを利用してもらうには:可能な限り日本らしさを出すのがポイント

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

近年増加が著しい訪日外国人観光客について、訪日タイ人観光客の増加も例外ではありません。今回は、訪日タイ人観光客が日本を訪れる際にビジネスホテルを利用する場合のニーズや収益拡大につなげるため、どういった対応策をとればよいかなどについて説明していきます。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

訪日タイ人観光客が宿泊先に求めるもの

タイは親日国としても知られていますが、そのタイから訪れる訪日タイ人観光客数は、ビザの緩和や、インターネットの普及による日本文化の波及などによって、さらに数を増やしています。

そういった訪日タイ人観光客は、宿泊先にも特に日本ならではの文化などを体験できることを重視することが多いようです。

訪日タイ人観光客におけるビジネスホテルの人気について

日本ならではの体験を重視する訪日タイ人観光客においては、味気ないビジネスホテルはあまり人気がありません。むしろ、歴史のある旅館などの方が好まれる傾向にあります。日本的な特色が出しづらいホテルの食事なども、あまり好まれない傾向にあります。

 

訪日タイ人観光客を呼び込むビジネスホテルにするために

日本的な体験を重視する訪日タイ人観光客を呼び込むためには、ビジネスホテルの味気ない内装や接客を、より日本的な文化などを押し出した形にしていくことが望ましいといえます。もっとも、サービスを抑えて費用を抑えるというビジネスホテルとしては、どこまでそういったことに踏み込めるかも難しい問題になります。

訪日タイ人観光客に魅力のあるビジネスホテルにするための工夫

ビジネスホテルとして宿泊費を安く抑えながら、日本的な魅力を求める訪日タイ人観光客を呼び込むためには、内装や食事にあまり多額の費用をつぎ込むわけにはいきません。

そのため、通常の設備交換の範囲内で、照明などをできる限り日本的なものにしたり、食事をできる限り和風にするなどの工夫が求められることになります。

 

訪日タイ人観光客のビジネスホテルを探す手段など

訪日タイ人観光客は、もっぱらインターネットを利用して観光地の情報を仕入れることが多い傾向があります。それに伴って、宿泊場所もインターネットを利用して探すことが多いようです。

日本的な経験を重視する訪日タイ人観光客としては、そういった特色を楽しめる情報を重視するということになります。

インターネットを利用してさらに訪日タイ人観光客を呼び込むために

訪日タイ人観光客を呼び込む以上は、訪日タイ人観光客が読める言語でホームページを作成するのがベストです。それが難しい場合でも、最低限、英語でのページは用意するようにしましょう。また、ホテルの紹介として、日本的な魅力をどれだけ楽しめるかということについても、できる限り掲載すべきということになります。

 

まとめ:訪日タイ人観光客に人気のビジネスホテルにするために

訪日タイ人観光客は、日本的な体験を特に重視します。ビジネスホテルにおいても、そういった特色を強く打ち出し、それをインターネットを活用してPRしていくことが、より彼らを呼び込むために有効です。費用面での優位性があるビジネスホテルとしては、努力と工夫で対応が求められることになります。

 

訪日タイ人観光客インバウンドデータ集

データでわかる訪日タイ人観光客

タイ人は1人あたりGDPが6,000ドル弱で(世界94位)程度で、インバウンドが盛んな国の中ではそこまで経済力があるほうとは言えません。しかしながら、訪日タイ人は、そのあまり高くはない経済力に対してかなり高額の支出をしています。「豊かさ」を表すGDPを例にとって見てみましょう。

訪日タイ人の特徴・国民性・旅行スタイル

2013年のビザ発給要件緩和以降、円安効果とバーツ高効果もあり、近年急激にインバウンド消費において存在感を放つ訪日タイ人観光客。中国や台湾をはじめとした訪日ブームが加速している東南アジアの中でも、成長率が最も著しい国の一つです。タイは熱帯に位置しているため、年間を通じて気温が30℃ぐらいが平均です。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに