訪日外国人観光客向けに災害対策をするにはどうすれば? 手軽にできる多言語対応の方法

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

インバウンドビジネスに取り組むうえで、災害が起こったときの対応策を用意しておくことは不可欠。直接的な利益にはつながりませんが、トラブルが発生すると悪評が発生する恐れがあります。

たとえば、日本人にとって地震はありふれた災害のひとつで、よほど震度が大きくなければ、すぐに日常生活を取り戻すことができます。しかし、訪日外国人観光客の中には地震を経験したことがない人が数多くいます。そのうえ、言葉も通じない異国の地となれば、強い不安を感じるはずです。観光地の印象にまで悪影響を及ぼすかもしれません。

では、具体的にはどのようなことを行えばいいのでしょうか。今回は、災害多言語支援センターの取り組みから、訪日外国人観光客向けの災害対策の方法をご紹介します。

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

災害多言語支援センターとは:自治体が設置している災害対策組織

災害多言語支援センターとは災害が発生した際に、国内の外国人を支援する組織。行政機関などが発信する情報を、多言語に翻訳して外国人に伝えるなどの取り組みを行います。情報を理解できるようになることで避難などの行動が取れるようになるだけでなく、精神的な負担を取り除く効果も期待できます。

各地の自治体が設置しており、日本に在住する外国人向けをうたっていることが一般的。しかし、11月に設置された別府市の災害多言語センターは、訪日外国人観光客も視野に入れています。

2016年4月に発生した熊本地震の際、訪日外国人観光客が避難先が分からない駅や公園に集まり、対応が遅れたことなどが背景にあるようです。今後も大規模な地震が発生すると予測されている日本では、必要不可欠なのではないでしょうか。風評被害が起これば、長期間にわたって観光業に影響を及ぼす可能性があるのです。

 

災害に多言語化が必要とされる場面とは?

一般財団法人「自治体国際化協会(CLAIR/クレア)」は、災害が起こった際に、多言語で情報を発信するためのハウツーを掲載した資料「災害時の多言語支援のための手引き2012」を公開しています。基本的には日本に在住している外国人を対象としていますが、訪日外国人観光客に対して利用することも可能。また、分かりやすい日本語の活用方法も取り上げており、高齢者向けにも活用できるとしています。

この資料の内容を、大まかにご紹介していきましょう。

災害時の行動を左右する「ストック情報」「フロー情報」

「災害時の多言語支援のための手引き2012」では、「ストック情報」「フロー情報」という概念を取り上げ、災害に遭遇した際のトラブルについて解説しています。

ストック情報とは、過去の経験や学習を通じて身に付けている情報のこと。たとえば、日本で生まれ育った人は誰でも小中学校で避難訓練を経験しているため、「落下物を避けるために机の下に隠れる」「屋外に避難する」といった地震発生時の対応についてストック情報を持っています。また、ニュースなどで地震報道が頻繁に行なわれているため、「大規模な災害時には学校の体育館などが避難所になり、物資が提供される」ということも分かっています。

どんなストック情報を持っているかは、生まれ育った地域によって異なります。外国人の場合、これらの事柄を知っている可能性は低いでしょう。数年間にわたる滞在を考えていない訪日外国人観光客は、なおさらです。

フロー情報は、一般的にニュースや天気予報、SNSのタイムラインといった随時現れ、消費されていく情報のありかたを指します。災害時の場合、「津波の恐れがあるから、高台に避難してください」「炊き出しが◯◯で行なわれています」といった情報を指します。

外国人向けの災害対策では、フロー情報を多言語化して伝えると同時に、ストック情報の不足をフロー情報で補うことが課題になります。

 

民間企業ができる、訪日外国人観光客向けの災害対策

災害多言語支援センターの設置を行うのは主に自治体であり、民間企業ではありません。コスト的に考えても「翻訳担当者を集め、行政が発信した情報を多言語化し、発信する」といった同センターの機能を保持することは困難です。それでも、緊急時にはできる範囲で外国人向けの災害対策を行うことが求められるのではないでしょうか。

ここからは民間企業が取り組みやすい、手軽な対応策をご紹介します。

平易で分かりやすい日本語を使うこと

日本語に詳しくない訪日外国人観光客であっても、平易な日本語なら理解できる可能性があります。たとえば、東日本大震災のときには「高台に避難」という表現が伝わらなかったが、「高いところに逃げて」は伝わったという事例が存在します。

このように必要な情報を平易に伝えることも、災害対策として有効です。訪日外国人観光客のみならず、子どもや高齢者向けにも活用していくべきでしょう。

やさしい日本語で訪日外国人をおもてなし 「やさしい日本語ツーリズム研究会」が発足。日本語学習者の誘致に有効か

2016年8月18日の株式会社電通によるニュースリリースによると、日本語教師養成講座ほか教育事業を行うヒューマンアカデミー株式会社および東京外国語大学の荒川洋平教授との共同で、産学連携の「やさしい日本語ツーリズム研究会」を発足すると発表しました。簡単に説明すると、「訪日外国人観光客を簡単な日本語を通じてもてなそう。」という試みの模様です。 目次既存のインバウンド対策における外国語対応への行き詰まり半数がインバウンド市場獲得を今後の優先課題とみなすも未だに拭えない外国語への抵抗感 訪日外国人...

無料の災害時向け多言語化ツール

「自治体国際化協会(CLAIR/クレア)」は英語、中国語、韓国・朝鮮語、ポルトガル語、スペイン語、タガログ語の6ヶ国語に対応した「災害時多言語情報作成ツール」を無料で配布しています。

このソフトは「避難場所」「使用禁止」「室内では静かにしましょう」「支援物資配給:○○時○○分から」といった使用頻度の高い表現をPDFファイルとして用意しています。また、災害用の告知や被災者への注意などに活用できる音声データも収録しています。

 

まとめ:民間企業も災害に備えて、外国人向けの対応策を

インバウンドビジネスに取り組むうえで、災害が起こったときの対応策を用意しておくことは不可欠。熊本地震で被災した別府市は11月、訪日外国人観光客への対応を考慮した災害多言語センターを設置しました。民間企業がすべきこと、できることの範囲は限られていますが、それでも緊急時に備えて対応策を用意しておくべきでしょう。

そのためには、一般財団法人「自治体国際化協会(CLAIR/クレア)」が無償配布している「災害時多言語情報作成ツール」などが活用できます。

<関連記事>

福島で地震 震度5弱 福島県沿岸では津波を観測:インバウンドへの影響は?

本日11月22日の5時59分ごろ、福島県沖でマグニチュード7.3の地震があり、気象庁はこの地震による津波警報を発表。そのほか青森県から伊豆諸島にかけて太平洋沿岸で津波注意報を発表しています。福島県相馬市では90センチの津波を観測しており、NHKをはじめとした各放送局、WEBメディアで情報の提供と非難の呼びかけを続けています。目次福島県沖でM7.3 最大震度5弱の地震発生福島県沿岸で津波警報発表、警報域に宮城も追加NHKでは外国人向けに多言語放送を実施これまでのインバウンド向け災害対策は?熊...

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに