民泊事業者が準備すべき設備とは何か?これだけは抑えたい3つのポイントをご紹介

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

外国人ゲストが宿泊先に求めるものとは?

日本でも一般的になりつつ民泊サービスですが、民泊サービスの事業者として訪日外国人ゲスト向けに用意しておいたほうが良いものとは何でしょうか?民泊物件の運用、民泊事業参入のためのマーケティングリサーチを行っているBnB Insightの分析を元にみてみましょう。

 

民泊でニーズのある設備①:フリーWiFi

フリーWiFi

フリーWiFi

BnB InsightがAirBnbのレビューを分析した内容によると、レビューの中で最も言及されているのはフリーWiFiについてでした。

日本では、国際空港、山手線などの駅の他にバス、観光名所、商業施設などでもフリーWiFiが利用可能となっており、こうしたフリーWiFiスポットに簡単に接続するためのアプリも登場しています。代表的なものにはJapan Connected-freeWi-Fi、Travel Japan Wi-Fi、Free Wi-Fi Passportなどがあります。

しかし、宿泊先である民泊の部屋の中からこうしたサービスに接続出来るというのはかなり稀なケースとなります。

このように、日本ではフリーWiFiホットスポットが増えてきていますが、これはあくまでも外出先での話です。海外でAirBnBを利用した方ならおわかりだと思いますが、ほとんどの物件にはフリーWiFiが付いています。そうした基準で部屋を借りようとしている訪日外国人ゲストからすると、部屋にフリーWiFiが付いていないというだけで部屋選びの基準から外れてしまうことも多く、さらにレビューにも「フリーWiFiが付いていないのが不便だった。」というマイナス点として書かれてしまうリスクもあるでしょう。

なお、複数人のゲスト、複数デバイスにも対応出来るよう、設置するフリーWiFi機器に関しては同時接続台数が5台以上のものを選んだほうが良いでしょう。また、ポケットWiFiなどのデバイスについては、持ち出しや盗難に注意しましょう。

 

民泊でニーズのある設備②:快適な寝具

快適な寝具

快適な寝具

次に言及されているのはベッドについて。旅先で快適に睡眠を取りたいというのは万国共通の思い。特に欧米人の場合は平均的な体格が大きいこともあり、例えばアメリカで1泊30ドル程度のモーテルに泊まるにしても、ベッドの最小サイズはクイーンサイズからというところが多くなっています。

その点、日本人の感覚でベッド、布団を選んでしまうと、身長190cmのゲストはベッドから足がはみ出してしまって快適に寝られなかったということにもなりかねません。

しっかりとしたマットレス、柔らかい枕といった快適性に目が行ってしまいますが、それに加えて寝具のサイズにも気をつけたほうが良いでしょう。欧米の例に習い、最低でもクイーンサイズの寝具を用意しておくのが良いでしょう。

また、日本に宿泊する訪日外国人ゲストの場合、「日本らしさ」を求めている場合も多く、畳の和室に布団というスタイルも、畳のリラックス効果のある香り、布団で寝るという日本ならではの体験が出来るという事で人気のようです。

ただ、Tripadvisorなどの旅館のレビューには、度々「布団が小さすぎて足が布団からはみ出してしまって寒かった」などのレビューが見受けられますので、ベッドを選ぶ時と同様、クイーンサイズ程度の大きさがある敷き布団、掛け布団を用意したほうが良いでしょう。

 

民泊でニーズのある設備③:清潔な水回り

清潔な水回り

清潔な水回り

キッチン、バス、トイレといった設備に関するレビューも多く、その中でも清潔さが話題になることが多いようです。キッチンは前のゲストが使用した食器類が綺麗かどうか、シンクに汚れや異臭はしないか、ゴミなどが放置されていないか、つまりが発生していないかなどの確認が必要です。またゴキブリなどの害虫が発生していないかといった点も重要です。

お風呂に関しては湯垢、つまりが発生していないかといった確認に加えて、大きさも重要になります。設備投資にはなりますが、これから民泊事業に参入しようとしている場合は、体格の大きい訪日外国人ゲストでもリラックス出来るように大きめの浴槽を導入するなど工夫すると良いでしょう。なお、海外のユニットバスと比較した場合に日本のユニットバスは驚くほど小さいものですので、風呂・トイレ別の物件のほうが好まれるようです。

トイレに関しては便器、便座の汚れはもちろんのこと、つまり、異臭の確認、水がしっかり流れるかどうかなども、ゲスト毎に確認したほうが良いでしょう。設備投資の費用はかかりますが、訪日外国人に人気の高い温水洗浄便座、暖房便座機能つきのものを導入しておくと、良いレビューが期待出来ます。ただし、この場合も普段見えにくいウォシュレットのヘッド部分などの清掃が行き届いているようにしましょう。

 

まとめ

訪日外国人ゲストがどういった設備を求めているかという内容に関しては、「意外と当たり前のことが多い」というのが実際のところです。自分で旅行をした時に、「宿泊施設に何があると便利で嬉しいか?」逆に「どんなことで嫌な気持ちになるのか?」といった視点で、民泊事業に使用しようとしている部屋を見てみるといろいろな発見があるのではないでしょうか?

<参考>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに