音声翻訳デバイス「ili(イリー)」の実証実験を実施します!「Tokyo Metro ACCELERATOR 2016」 パイロット施策第1弾 2017年3月13日(月)銀座駅・3月18日(土)明治神宮前〈原宿〉駅にて実施

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

 東京地下鉄株式会社(本社:東京都台東区 社長:奥 義光 以下:東京メトロ)及び株式会社ログバー(本社:東京都渋谷区 代表取締役兼CEO:吉田 卓郎 以下:ログバー)は共同で、2017年3月13日(月)及び3月18日(土)に、銀座駅の旅客案内所と明治神宮前〈原宿〉駅の改札口において、ログバーが開発した音声翻訳デバイス「ili」を活用した旅客案内の実証実験を実施します。

駅構内での使用イメージ

駅構内での使用イメージ

本実証実験は、2016年10月から12月にかけて実施した東京メトロのオープンイノベーションプログラム「Tokyo Metro ACCELERATOR 2016」において、東京メトロアクセラレーター賞を受賞した、ログバーの「東京を言語のカベがない世界初の都市へ」という提案の実現に向けた第一歩として実施するもので、本プログラムにおけるパイロット施策の第1弾になります。

ili」は、ネット接続の必要がなく、瞬時に、旅行に関係する会話に特化して、日本語から英語又は中国語、若しくは英語又は中国語から日本語への音声翻訳に対応できるサービスです。これにより、訪日外国人のお客様に対して、様々な状況に応じたご案内を瞬時かつ的確に行うことが可能となります。

東京メトロでは、これまでも様々な施策を通じて、訪日外国人のお客様への旅客案内を強化しております。引き続き、訪日外国人のお客様へのご案内の充実を図るとともに、東京の更なる発展に寄与できる新しい価値の創造を目指してまいります。

詳細は以下のとおりです。

■音声翻訳デバイス「ili」を用いた実証実験について

「ili」イメージ

「ili」イメージ

1 実験目的
ログバーが開発した旅行者向け音声翻訳デバイス「ili」が、訪日外国人旅行客に対する旅客案内の場面において、サービス向上に有効であることを検証します。

2 実証実験日・場所
2017年3月13日(月) 銀座駅 旅客案内所
2017年3月18日(土) 明治神宮前〈原宿〉駅 副都心線改札口
両箇所とも10:00~12:00
※実証実験の実施状況を踏まえ、実験日・時間帯、場所等の追加も検討します。

3 対応言語
お客様用 英語→日本語、中国語→日本語
社員用  日本語→英語、日本語→中国語

4 使用方法
ili中央にあるボタンを押しながら、マイクに向かって話し、話し終わってからボタンを離すと、音声に翻訳されます。

5 実験内容
(1)旅客案内所において、訪日外国人のお客様にiliを使っていただき、外国語から日本語への翻訳を行います。
(例)
お客様〈英 語〉「How can I go to the Asakusa station?」
お客様〈中国語〉「浅草车站怎么走好呢?」

ili〈日本語〉「浅草駅にはどうやって行けばいいですか?」

(2)駅改札窓口において、訪日外国人のお客様にiliを使っていただき、外国語から日本語への翻訳を行い、駅係員もiliを使用して日本語から外国語への翻訳を行います。
(例)
お客様〈英 語〉「How can I go to the Asakusa station?」
お客様〈中国語〉「浅草车站怎么走好呢?」

ili〈日本語〉「浅草駅にはどうやって行けばいいですか?」

駅係員〈日本語〉「2番線から浅草行きの銀座線にご乗車ください。」

ili〈英 語〉「Please take the Ginza line for Asakusa station from platform 2.」
ili〈中国語〉「从二号站台乘坐开往浅草的银座线。」

6 その他
今回の実証実験を踏まえ、今後更なるパイロット施策を検討してまいります。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


訪日外国人数は過去最大を見込んでいる2024年ですが、一方で誘客する企業や地域、自治体などでは今でも多くの課題に臨んでいます。

訪日ラボでも、山梨県(富士山)のオーバーツーリズム対策について、対策の重要性とそれに取り組む関係者の姿勢について取材をしてきたばかりです。

そこで今回は、地域産業や関係者を巻き込むことによって起きた地域活性化について最新のデータや情報をお届けします。

  • "巻き込み力"とは何か
  • 組織や地域で創り上げるコンテンツはどのようなメリットをもたらすのか

など、国内最大級の遊び予約サイト「アソビュー!」の専門家とともにこれからのポイントを徹底解説します!

詳しくはこちらをご覧ください。
観光地域づくりに必要な”巻き込み力”とは?実例から学ぶ地域コンテンツの活性化ポイント


【インバウンド情報まとめ 2024年6月後編】富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月後半版レポートから、6月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

富士山の登山規制・通行料の徴収 7/1から開始 / 5月の訪日外国人数304万人、3か月連続で300万人超え【インバウンドまとめ 2024年6月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに