多言語で目的地までのルートを検索できるディスプレイ「Tokyo Subway Navigation for Tourists Plus」を設置します!

多言語で目的地までのルートを検索できるディスプレイ「Tokyo Subway Navigation for Tourists Plus」を設置します!

訪日外国人のお客様への情報提供を行う「ウェルカムボード」に設置

[東京地下鉄株式会社]

東京メトロ(本社:東京都台東区 社長:奥 義光)では、多言語による乗車券に関する情報、主要な観光スポットへのルートガイド、観光スポット入りの路線図、訪日外国人のお客様向けサービスであるFREE Wi-Fiなどをご案内する「ウェルカムボード」を14駅16か所に設置し、訪日外国人のお客様にご利用いただいております。
引き続き増加する訪日外国人のお客様が、目的地までスムーズな移動をしていただけるようにするため、お客様ご自身の操作で東京の地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄)のルートを5言語で検索できるディスプレイ「Tokyo Subway Navigation for Tourists Plus」を2017年3月31日(金)から順次、「ウェルカムボード」に設置いたします。




ルート検索機能は、全世界で170万ダウンロードを突破した「Tokyo Subway Navigation for Tourists」の乗換検索機能に、目的地の最寄り駅から目的地までの徒歩ルートを表示する機能を追加しました。

今後も東京メトロでは、「東京の案内役」として便利でわかりやすいご案内をお客様に提供できるよう積極的に取り組んでまいります。

■「Tokyo Subway Navigation for Tourists Plus」について

1 設置場所・使用開始日(予定)

(1)上野駅 JR上野駅方面改札口正面:2017年3月31日(金)始発から
(2)浅草駅 雷門方面改札口付近:2017年3月31日(金)始発から
以下、2017年度中に順次設置予定
・上野駅(上野公園方面改札口付近)、浅草駅(東武浅草駅方面改札口付近)、秋葉原駅、池袋駅、新宿駅、新宿三丁目駅、六本木駅、表参道駅、明治神宮前〈原宿〉駅、東京駅
※銀座駅、新橋駅、渋谷駅及び押上〈スカイツリー前〉駅は、駅の改装工事等に合わせて実施予定

2 サービス内容

 路線図及びランドマークから目的地を設定でき、東京メトロ・都営地下鉄の乗り換えルート・所要時間・運賃及び目的地の最寄り駅から目的地までの徒歩所要時間について、お客様が画面を操作することで検索できます。
また、目的地の最寄り駅から目的地までの徒歩ルート、距離及び所要時間が表示されます。



路線図検索


ランドマーク検索



ルート検索結果



最寄り駅から目的地までの徒歩ルート

※画面に表示されたQRコードにより、ルート検索及び最寄り駅から目的地までの徒歩ルート検索結果を、スマートフォン等で取得できるようにする予定(2017年5月頃)

3 対応言語

日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語

4 ディスプレイ仕様

サイズ :32インチまたは27インチ
操作方法:タッチパネル式

【参考】Tokyo Subway Navigation for Touristsの概要
全世界で170万ダウンロードを突破した東京の地下鉄(東京メトロ・都営地下鉄)の経路検索に特化した、東京メトロ公式の無料アプリケーションです。東京観光をされる訪日外国人のお客様向けに日本語・英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語に対応しており、オフラインでの経路検索が可能です。
【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
東京メトロ
広報部広報課 阪本・志田 電話03-3837-8277(携帯080-1247-0114)
需要創出・マーケティング部 柿崎・喜多

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!