Alibaba Cloudと越境ECカート「LaunchCart」が連携。香港サーバーを実質無料で提供開始!

Alibaba Cloudと越境ECカート「LaunchCart」が連携。香港サーバーを実質無料で提供開始!

〜ポスト爆買へ!越境ECサイトが中国No.1クラウドサービス「Alibaba Cloud」で構築可能に!〜

[スターフィールド株式会社]

スターフィールド株式会社(本社所在地:東京都豊島区高田3-9-7、代表取締役:星野翔太)は、SBクラウド株式会社(本社所在地:東京都港区東新橋1-9-2、代表取締役 兼 CEO:エリック・ガン)との連携により、低価格で中国向け越境ECサイトを公開できる「クラウドサーバー+越境ECカート」パッケージをSBクラウドの「Alibaba Cloud」上に構築し、スターフィールド株式会社のサービスとして4月4日に提供開始します。

本パッケージは、スターフィールド社が開発する越境EC専用カートシステム「LaunchCart」とSBクラウド社がサービス展開する「Alibaba Cloud」を連携、並びに価格を最適化させたもので、香港リージョンのサーバーを使った中国向け越境ECサイトを月額29,800円から始めることが可能になります。

これまで中国への越境ECでは、サーバー問題がボトルネックになっていました。グレートファイアウォールと呼ばれる中国政府による検閲により、日本国内に配置したサーバーへのアクセスが困難であり、一方で中国本土にサーバーを設置するも規制上様々な障壁がありました。
解決策として、香港にサーバーを置く方法があったものの、従来までは高価格で低スペックなものしかなく、スタートアップで中国越境ECに参入するのを難しくする一因でした。今回の取り組みにより、中国越境ECへの参入ハードルを下げ、各企業のビジネス拡大のご支援をしていきます。

■本パッケージ内容



##

■LaunchCartについて

越境EC専門のカートシステムで、中国3大決済に対応した日本初のシステム。
中国を中心に、台湾、香港などアジア向け販売に強みがある。
http://launchcart.jp/

■Alibaba Cloudについて

中国市場シェアNo.1のクラウドサービスで、日本市場向けにはSBクラウド株式会社(ソフトバンク株式会社が60%、アリババグループが40%をそれぞれ出資して設立した合弁会社)がサービスを提供している。日本や中国を始め世界各地のデータセンターで、グローバルに展開されている。

■中国越境ECについて

日本企業が直接中国の消費者に対し、ECサイトにより物品を販売するビジネスモデル。
日本製品への関心の高さが「爆買い」により注目された経緯があり、ポスト爆買として注目されている。中国国内のEC市場規模は6720.1億USドルであり、世界1位(経済産業省 電子商取引に関する市場調査より)。
■報道関係者様からのお問い合わせ先
スターフィールド株式会社 担当:橋本、LaunchCart担当宛
電話 03-5956-9292
メール info@sterfield.co.jp

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!