成田でのトランジット時も観光が楽しめる!観光庁が提供するインバウンド向け成田周辺観光ルート8選[後編]

成田でのトランジット時も観光が楽しめる!観光庁が提供するインバウンド向け成田周辺観光ルート8選[後編]

2017年3月の全国籍の訪日外客数は220.6万人(前年同月比9.8%増)となり、昨年3月の201万人を19万人以上上回って過去最高を記録しました。これからも訪日外国人観光客数は増加していくことが予測され、各自自体・企業はインバウンドに関連したビジネスやサービスの導入を進めています。

訪日外国人観光客に限らず、国外に旅行をする際、数時間にわたる中途半端なトランジット(乗り継ぎ)の時間のつぶし方は、誰もが頭を悩ませるところ。実のところ、JNTOが発表する「訪日外客数」にはこのトランジット客も含められており、このトランジット客によるインバウンド消費も無視できないものであります。

日本では、観光庁が主体となり、主要空港として知られる成田国際空港周辺を短時間で周遊することができる観光ルートを整備しています。

Favicon訪日ラボ

 

成田でのトランジット時も観光が楽しめる!観光庁が提供するインバウンド向け成田周辺観光ルート8選[前編]

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

Narita Transit Programとは:成田空港でのトランジット(乗り継ぎ)時、日本の自然や文化等を体験できる魅力的なモデルコース

観光庁では、2020年に訪日外国人旅行者数2000万人に向けて、「観光立国実現に向けたアクション・プログラム2014」に基づき、2015年3月1日より「Narita Transit Program」を開始しています。

これは、訪日外国人観光客がトランジット(乗り継ぎ)を理由に成田国際空港に滞在する際、成田国際空港周辺を短時間で周遊することができるモデルコースを観光庁が設定し、訪日外国人観光客に提供するもの。

当初は、5つのみのモデルコースを提供していましたが、現在では計8つまで拡充されています。また、モデルコースは、ボランティア同行型とセルフツアー型の2つに分かれています。

具体的にどのようなモデルコースなのでしょうか?今回は、ガイドなしで訪日外国人観光客が個人的に観光をする際のおすすめルート、セルフツアー型モデルコースについての具体例を見ていきましょう。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

成田でのトランジット時も観光が楽しめる!観光庁が提供するインバウンド向け成田周辺観光ルート8選[前編]

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

 

[セルフツアー型①]発酵の里・神崎町で日本の独特の文化を体験しよう



発酵の里・神崎町で日本の独特の文化を体験しよう:成田空港トランジット(乗り継ぎ)観光ルート例
発酵の里・神崎町で日本の独特の文化を体験しよう:成田空港トランジット(乗り継ぎ)観光ルート例

新鮮な水と肥沃な大地のおかげで、千葉県・神崎町は、「発酵の里」として知られています。

この訪日外国人観光客向けのセルフツアーでは、江戸時代からさかんに製造されている醤油や酒など、栄養価の高い発酵食品を楽しむことができます。

また、利根川沿いを散策したり、神崎寺を訪問したりもできます。成田国際空港からタクシーで往復約80分。

 

[セルフツアー型②]酒々井プレミアムアウトレットバスツアー



酒々井プレミアムアウトレットバスツアー:成田空港トランジット(乗り継ぎ)観光ルート例
酒々井プレミアムアウトレットバスツアー:成田空港トランジット(乗り継ぎ)観光ルート例

120近くの国際・日本産ブランドを扱う酒々井プレミアムアウトレットでショッピングを楽しめるツアー。

4つあるセルフツアーの中でも、特に人気の高いツアーとなっており、訪日外国人観光客は、帰国前にショッピングや食事が楽しめます。

成田国際空港から酒々井プレミアムアウトレットまでは直通バスが出ており、移動時間は約15分。訪日外国人観光客は約2時間滞在できます。チケットは京成バスのチケットカウンターで販売されています。

フードコートには、成田国際空港の発着便の情報が表示してあるため、訪日外国人観光客は逐一自身のフライト情報を確認できます。

 

[セルフツアー型③]イオンモール成田:イオンモール成田でショッピング&わくわくの「WA」体験ツアー



成田空港トランジット(乗り継ぎ)観光ルート例:イオンモール成田:イオンモール成田でショッピング&わくわくの「WA」体験ツアー
成田空港トランジット(乗り継ぎ)観光ルート例:イオンモール成田:イオンモール成田でショッピング&わくわくの「WA」体験ツアー

イオンモール成田は、訪日外国人観光客にとってお土産を見つけるのに最適な場所です。抹茶のお菓子や、化粧品などが人気となっている模様。

成田国際空港からバスで往復40分。約2時間のショッピングが楽しめます。

 

[セルフツアー型④]イオンモール成田富里でのショッピング&日本文化体験ツアー



イオンモール成田富里でのショッピング&日本文化体験ツアー:成田空港トランジット(乗り継ぎ)観光ルート例
イオンモール成田富里でのショッピング&日本文化体験ツアー:成田空港トランジット(乗り継ぎ)観光ルート例

イオンモール成田富里は、2015年にできたショッピングモールです。日用雑貨品からお土産まで幅広く網羅しており、訪日外国人観光客の帰国前のショッピングに最適です。

着物と浴衣の試着が可能で、成田山新勝寺までも歩ける距離なので、ショッピングと日本らしさの両方を楽しめるいいとこ取りなツアーです。

 

それぞれのツアーでお得なクーポンやインバウンド向けサービスも提供!

今ご紹介したインバウンド向けセルフツアーでは、それぞれのツアーにおいてお得なクーポンやインバウンド向けサービスが提供されます。

例えば、「酒々井プレミアムアウトレットバスツアー」では、訪日外国人観光客は、パスポートを見せることで、アウトレット内で使える割引クーポンと特別ギフト、Wi-Fiのゲストコードがもらえます。

「イオンモール成田:イオンモール成田でショッピング&わくわくの「WA」体験ツアー」では、インバウンド専用に両替サービスが利用可能です。

このように訪日外国人観光客向けに特別な特典を付与することで、インバウンド消費を促進しています。

 

まとめ:観光庁の取り組みで成田でのトランジット(乗り継ぎ)時にも訪日客におもてなし!

今回は、観光庁が設定したトランジット(乗り継ぎ)で成田国際空港に滞在する訪日外国人観光客向けの8つの観光モデルコース「Narita Transit Program」から、セルフツアー型のものをご紹介しました。

短時間で成田国際空港周辺の観光を楽しめるため、訪日外国人観光客にも人気の観光モデルルートとなっています。

<関連記事>

Favicon訪日ラボ

 

インバウンド担当者のためのインバウンドニュースサイト

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!