国内空港最大級!インバウンドのお客様の利便性向上を図るため、第1ターミナル到着階にVisitor Service Center (ビジター・サービスセンター)を新設します!

国内空港最大級!インバウンドのお客様の利便性向上を図るため、第1ターミナル到着階にVisitor Service Center (ビジター・サービスセンター)を新設します!

[成田国際空港株式会社]

当社は、今後も増加が見込まれる訪日外国人のお客様の利便性向上を図るため、第1ターミナル到着階に、日本での滞在を安心且つ快適に過ごしていただくための情報やサービスをワンストップで提供するエリア “Visitor Service Center (ビジター・サービスセンター)”を新設します。








■施設と提供サービスの概要

日本での滞在を安心且つ快適に過ごしていただくための様々な情報やサービスを、本センター内でワンストップで入手していただくことができます。

中央カウンター(新設)
国内の観光案内やニーズに応じた旅行プランの作成から、宿泊・ツアー手配や各種チケット類の購入までを、スムーズに行っていただくことが可能となります。
さらに、乗継ぎのお客様などを対象としたツアー (Narita Airport Transit & Stay Program)受付を併せて配置します。
サービス店舗(再配置)
携帯電話・Wi-Fiレンタル、レンタカー等のカウンター店舗やATM等を業態毎に再配置することで、訪日外国人をはじめとするお客様の利便性・機能性の向上を図り、初めて訪れるお客様にも分かりやすく安心してご利用いただけるようになります。
様々な観光情報の提供と、空間デザインによる「日本のおもてなし」
新たに設置する最先端の情報端末やプロモーションスペース、パンフレットコーナー等により、様々な形で全国の旬の観光情報を入手いただけます。
さらに、「現代の日本」を感じていただける内装デザインにより、日本に到着されたお客様へのおもてなしの気持ちを表現し、お客様ひとりひとりの「日本の旅の出発点」を彩るエリアとして生まれ変わります。


<関連>

成田でのトランジット時も観光が楽しめる!観光庁が提供するインバウンド向け成田周辺観光ルート8選[前編]

2017年3月の全国籍の訪日外客数は220.6万人(前年同月比9.8%増)となり、昨年3月の201万人を19万人以上上回って過去最高を記録しました。これからも訪日外国人観光客数は増加していくことが予測され、各自自体・企業はインバウンドに関連したビジネスやサービスの導入を進めています。訪日外国人観光客に限らず、国外に旅行をする際、数時間にわたる中途半端なトランジット(乗り継ぎ)の時間のつぶし方は、誰もが頭を悩ませるところ。日本では、観光庁が主体となり、主要空港として知られる成田国...

成田でのトランジット時も観光が楽しめる!観光庁が提供するインバウンド向け成田周辺観光ルート8選[後編]

2017年3月の全国籍の訪日外客数は220.6万人(前年同月比9.8%増)となり、昨年3月の201万人を19万人以上上回って過去最高を記録しました。これからも訪日外国人観光客数は増加していくことが予測され、各自自体・企業はインバウンドに関連したビジネスやサービスの導入を進めています。訪日外国人観光客に限らず、国外に旅行をする際、数時間にわたる中途半端なトランジット(乗り継ぎ)の時間のつぶし方は、誰もが頭を悩ませるところ。実のところ、JNTOが発表する「訪日外客数」にはこのトランジット客...

成田1強から変化 インバウンドの玄関口はどこだ!?訪日外国人の入国者数で見る空港・湾港ランキング

インバウンドのおもてなしの玄関口となる空港や湾港。その利用者数は、今まではゴールデンルートの出発点となる成田国際空港の1強でしたが、その勢力図に変化が見え始めています。今回は、訪日外国人観光客が日本のどこから入国しているのかを調査してまとめました。<関連>[blogcardurl=https://honichi.com/3679][blogcardurl=https://honichi.com/10015]インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳し...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!