中国での日本文化を伝えるトレンド情報番組と連動した中国人向け訪日アプリケーションサービス「最霓虹(BEST NIHON)」2017年5月15日より開始

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

~ 中国人のお客様が訪日旅行の際に活用できる観光情報の充実に貢献 ~

[株式会社ジェイティービー]

株式会社ジェイティービー(本社:東京都品川区 代表取締役社長:髙橋広行/以下、JTB)は、中国上海でテレビ番組の制作とテレビ放送局を運営するメディア企業である上海日欣文化伝媒有限公司(本社:上海 総経理:吕辰晔/以下、上海ルーセント)との共同運営で、上海淘最霓虹网络科技有限公司(本社:上海 総経理:李翔/以下、上海ベストニホン)を設立し、中国の訪日旅行者を対象としたテレビ番組情報連動型のアプリケーション情報サービス「最霓虹(BEST NIHON)」を、2017年5月15日(月)から開始(予定)します。

昨年、中国大陸(台湾・香港除く)からの訪日旅行者数は、6,373,000人(※1)となり、今後も中国国内における日本への関心、並びに訪日需要は益々高まることが想定されます。

その様な環境下、上海ルーセントは2005年からの12年間、中国国内のテレビ・ネットメディアにおいて、日本文化を伝えるトレンド情報番組「東京印象(及びその姉妹番組である、地方版印象シリーズ)/上海テレビ 電視劇チャンネル他」を放送し、上海を中心に日本ファンを増やしています。また、「東京印象」は2017年に日本国外務省が推進する「周年事業(※2)」として正式に認定されるなど、中国における日中友好の象徴的存在として、情報番組としての魅力を積み上げております。

この度サービスを開始する「最霓虹(BEST NIHON)」は、この情報番組「東京印象」を視聴する訪日熱旺盛な中国人生活者を主なターゲットに、効率的に、充実した実用情報を提供してまいります。GPS機能による位置情報に基づく推奨や、マイページ機能による個人の嗜好性に適した推奨、またモバイル決済によるカンタン予約購入の仕組みなど、アプリケーションならではの利便性を通して、情報番組「東京印象」の実用性を一層向上させ、よりパーソナルに役立つツールへと進化させました。

JTBは、今後も中国国内における「最霓虹(BEST NIHON)」のサービス事業展開により、中国人の訪日旅行の際に活用できる情報の更なる充実に貢献してまいります。

(※1)出典:日本政府観光局JNTO)
(※2)日本国外務省が推進する事業
http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/c_m1/cn/page23_001871.html

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

◆​中国人向け訪日アプリケーションサービスの概要

1.情報番組「東京印象(及びその姉妹番組である、地方版印象シリーズ)」の概要
・「東京印象」は2005年から、姉妹番組「地方版印象シリーズ」は2015年から放送を開始
・中国上海ローカルテレビ、中国全国デジタルテレビ、中国人気ネット動画サイトで放送・公開中
・2017年から毎週2話に放送枠を拡大
・毎話、約100万人(毎週200万人)程度が視聴  ※視聴率とネット視聴回数の積算
・日本航空(JAL)国際線機内エンターテインメント「JAL Mooove!」でも公開中

2.情報番組連動型訪日アプリケーションの開発背景
中国国内での訪日旅行者の急増に伴い、日本の食文化や製品など日本のモノやサービス全般に対する関心が高まっています。「東京印象(及びその姉妹番組である、地方版印象シリーズ)」の視聴ファンからの、訪日情報に関する実用性向上への強い要望にお応えし、中国大陸(台湾・香港除く)で初となる情報番組連動型の訪日アプリケーションサービス「最霓虹(ズイニホンBEST NIHON)」を開発しました。
JTBは、「最霓虹(BEST NIHON)」のサービス展開により、訪日中国人旅行者と日本旅行を計画する中国人生活者に向けた訪日実用情報やオススメの着地型旅行商品情報を案内します。

3.「最霓虹(BEST NIHON)」事業展望
「最霓虹(BEST NIHON)」は、「もっとも(最)」充実した「最新の日本(霓虹nihong=近年中国の若者のあいだで呼ばれる、日本の音読み愛称)」を伝え、日中の“虹の懸け橋”となる情報メディアを目指します。
上海を中心とした日本ファンの間で人気のテレビ番組「東京印象(及びその姉妹番組である、地方版印象シリーズ)」の放送と情報連動することで、四季折々の日本の旅映像から視聴者の訪日意欲を刺激しつつ、アプリケーションの閲覧や会員化を促進していきます。
また、アプリケーションユーザーの閲覧記録、購入者の情報経路等の分析を通して、データサービスの見地から、日本全国での訪日インバウンドによる更なる活性化に貢献してまいります。

4.主な「最霓虹(BEST NIHON)」販売商品(予定)


(1)ホテルやパッケージツアーなど、着地型旅商品・サービス
(2)チケット予約:「JR-PASS」など
(3)日本健診ツアーなどの健康・医療商品・サービス
(4)日本各地のお土産とその配送サービス
(5)「るるぶ」グルメガイド
(6)結婚写真ツアー、記念写真ツアー
(7)格安航空券チケット、渡航ビザ代行など
※販売商品は、随時更新してまいります。

5.「最霓虹(BEST NIHON)」の特長
(1)クレジットカード決済や、Alipay、Wechat Payなど中国で利用者が拡大しているモバイル決済のニーズに対応
(2)訪日旅行商品のアプリ販売を通したBtoCサービス
(3)日本国内の訪日旅行者向け商品・サービス事業者全般に対し、BtoBアプリ情報掲載及び広告サービスの展開
(4)GPS機能付き店舗情報で、中国人訪日旅行者への来店喚起

6.「最霓虹(BEST NIHON)」の開始2017年5月15日(月)より開始予定

<一般の方からのお問い合わせ先>
JTBグループ本社経営企画部
事業開発室 中国・アジアマーケティング事業推進チーム TEL:03-5796-5810

<関連>

「旅行会社」×「インバウンド」①:JTBの訪日外国人観光客集客への取り組みとは?

年々訪日外国人観光客は増え続けています。東京オリンピックも開催される2020年に向け、政府は訪日外国人観光客数の目標4000 万人を掲げています。そんな追い風を受け、魅力的なインバウンド市場になっているのが旅行業界です。国内の大手旅行会社は、訪日外国人観光客を集客するため、様々な取り組みを行っています。この記事では、大手旅行会社・株式会社JTBのインバウンド対策について説明していきます。インバウンド対策にお困りですか?「訪日ラボ」のインバウンドに精通したコンサルタントが、インバウンドの集客...

縮小傾向にあるゴルフ業界、インバウンド誘致は起爆剤となるか:JTB、ゴルフダイジェスト・オンラインと提携「スポーツツーリズム」推進

年々増え続ける訪日外国人観光客の増加を受け、日本国内の各企業、自治体は訪日外国人観光客誘致の取り組みを行っています。訪日外国人観光客の訪日目的として、「日本食を食べること」「ショッピング」「日本の歴史・伝統文化体験」などが多い傾向にありますが、最近ではスキーや、登山、海水浴などを楽しむために訪日する訪日外国人観光客も増え、スポーツを観光資源とした旅行形態である「スポーツツーリズム」が脚光を浴び始めています。大手旅行会社である株式会社ジェイティービー(以下、JTB)では、スポーツツーリズム関...

進むインバウンド業界のICT:パナソニックとJTBが協業、多言語案内と手ぶら観光領域でインバウンド対策支援

日本は、増え続ける訪日外国人観光客の受け入れにおいて、「外国語対応」や「荷物保管場所の増設」など、未だに多くの課題を抱えています。その一方で、外国語対応に関しては、以前ご紹介した「接客指さし会話」や「スマイルコール」など、一般企業による新たな訪日外国人観光客向けサービスが提供され始めています。また、「荷物保管場所の増設」においては、国土交通省による、具体的な計画案も出されており、訪日外国人観光客受け入れ環境の整備へ、官民一体となったインバウンド対策が、少しずつ進んでいることがわかります。大...

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年6月前編】日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年6月前半版レポートから、5月後半~6月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

日中韓サミット開催、2025〜26年が「日中韓文化交流年」に / 4月外国人宿泊数は1,315万人泊、国籍別「台湾」が1位に【インバウンドまとめ 2024年6月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに