進むインバウンド業界のICT:パナソニックとJTBが協業、多言語案内と手ぶら観光領域でインバウンド対策支援

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本は、増え続ける訪日外国人観光客の受け入れにおいて、「外国語対応」や「荷物保管場所の増設」など、未だに多くの課題を抱えています。

その一方で、外国語対応に関しては、以前ご紹介した「接客指さし会話」や「スマイルコール」など、一般企業による新たな訪日外国人観光客向けサービスが提供され始めています。

また、「荷物保管場所の増設」においては、国土交通省による、具体的な計画案も出されており、訪日外国人観光客受け入れ環境の整備へ、官民一体となったインバウンド対策が、少しずつ進んでいることがわかります。

大手電機メーカー「パナソニック」と大手旅行会社「JTB」でも、協業でインバウンド向けサービス開始することを発表しています。

訪日外国人の「手ぶら観光」の促進へ 国交省「手ぶら観光カウンター」を大幅に拡充 地方におけるインバウンド効果に期待

平成28年8月17日の発表によると、国土交通省は訪日外国人観光客の「手ぶら観光」を推進するため、整備や機能強化をおこなう民間事業の2次募集を行っています。認定された事業には国から経費の1/3が支給される予定です。これから整備が進んでいくであろうインバウンド対策「手ぶら観光」。一体どのようなシステムなのでしょうか? 手ぶら観光・受け入れ環境整備で注目浴びる「荷物預かり」サービスについてより詳しい資料のダウンロードはこちら 「荷物預かり」の資料をDLして詳しく見てみる [cta_toc_...

 

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

「JTB」と「パナソニック」が協業でインバウンド向けサービス開始:「多言語案内」と「手ぶら観光」促進へ

2016年8月31日の、大手電機メーカー「パナソニック」によるプレスリリースによると、パナソニックと大手旅行会社「JTB」は、協業で訪日外国人観光客の観光を支援するため、「JAPAN FITTER」と「LUGGABE-FREE TRAVEL」の2つのサービスを開始すると発表しました。9月から試験導入し、2016年度中の商用化を目指します。

これらのサービスは、訪日外国人観光客の旅行情報などを、管理する両社のプラットフォーム「Traveler Relationship Management」として提供されるとのこと。

では、この2つのサービス。具体的にどのようなものなのでしょうか?順に説明していきます。

「JAPAN FITTER」:訪日外国人観光客向け多言語案内サービス。4か国語で観光情報を提供

CNET Japanより引用

CNET Japanより引用

「JAPAN FITTER」は、多言語対応の観光案内サービスです。タブレットとマイクから構成され、日本語の音声が、外国語で音声と文字で翻訳されます。対応言語は日本語、英語、中国語、韓国語の4か国語。

「JAPAN FITTER」では、飲食店や、観光地、交通機関などの観光地情報の提供を行っており、JTBの提供する旅行商品の検索、購入も可能となります。

観光立国ショーケース(*)にもなっている、長崎・雲仙の宿泊関連施設や、JTBと提携している全国各地のホテル、旅館等、全国27か所で、実用化に向けた実験も既に行われており、今回のサービス開始に踏み切りました。

観光立国ショーケース: 訪日外国人旅行者を地方へ誘客する際のモデルケース。北海道釧路市、石川県金沢市、長崎県長崎市が、選ばれている。

「LUGGAGE-FREE TRAVEL」:訪日外国人観光客の「手ぶら観光」を支援するサービス。配送はヤマトホールディングスが担当

CNET Japanより引用

CNET Japanより引用

「LUGGAGE-FREE TRAVEL」は、訪日外国人観光客の「手ぶら観光」を支援するサービス手ぶら観光とは、文字のごとく訪日外国人観光客が訪日旅行時、荷物を持たずに観光することを指します。

訪日外国人観光客にとって、大きな荷物などを持ったまま旅行をするのは、大変不便です。しかし、ロッカーなどの一時保管場所は、全国各地で不足しており、確保が難しいというのが現状。

パナソニックより引用

パナソニックより引用

今回、「JTB」と「パナソニック」が共同で開発した「LUGGAGE-FREE TRAVEL」は、「JTB」の提供する旅行商品を利用することで、併せて手荷物配送サービスにも申し込みができるというもの。

旅行案内書に添付されているバーコードを、空港やホテルのカウンターで専用端末のカメラに、読み取らせることで、送り状が印刷され、訪日外国人観光客の荷物の配送が可能になります。

配送は、ヤマト運輸株式会社などを傘下に持つ「ヤマトホールディングス株式会社」が担当。

同社がこれまで培ってきたノウハウを生かし、訪日外国人観光客にとって、より便利で快適な訪日旅行が、実現できるようインバウンド事業を進めていくとしています。

<関連記事>

訪日外国人の「手ぶら観光」の促進へ 国交省「手ぶら観光カウンター」を大幅に拡充 地方におけるインバウンド効果に期待

平成28年8月17日の発表によると、国土交通省は訪日外国人観光客の「手ぶら観光」を推進するため、整備や機能強化をおこなう民間事業の2次募集を行っています。認定された事業には国から経費の1/3が支給される予定です。これから整備が進んでいくであろうインバウンド対策「手ぶら観光」。一体どのようなシステムなのでしょうか? 手ぶら観光・受け入れ環境整備で注目浴びる「荷物預かり」サービスについてより詳しい資料のダウンロードはこちら 「荷物預かり」の資料をDLして詳しく見てみる [cta_toc_...

 

きっかけは2015年のインバウンド事業での協業合意

「JTB」と「パナソニック」の訪日外国人観光客向け新サービス開発、背景には2015年の、インバウンド事業における協業合意があります。

2015年6月22日のパナソニックのプレスリリースによると、パナソニック株式会社は、株式会社JTBと、観光分野で新たな事業創出と、商品開発を目的に協業を開始すると、発表しました。

JTBの持つ観光分野での知見やノウハウと、パナソニックの持つ技術とを組み合わせることで、訪日外国人観光客受け入れ環境の整備に貢献していくとのこと。

今回の「JAPAN FITTER」と「LUGGAGE-FREE TRAVEL」は、その一環の事業として、開始されたことがわかります。

 

まとめ:「電機メーカー」×「旅行会社」。異なる業界同士によるインバウンド対策に期待

先述の通り、大手電機メーカー「パナソニック」と大手旅行会社「JTB」という異なる業界に属する企業が、共同で行うインバウンド対策には、大きな可能性があるといえます。

それぞれの企業が、それまで培ってきた知見や技術を掛け合わせ、補完しあうことで、新たなインバウンド事業の創出につながることが予測できます。

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめのセミナーや記事をご紹介します。

訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜


初回から人気を博した「訪日ラボ トレンドLIVE!」シリーズの第二弾を開催!

TVや新聞などでも日々取り上げられているインバウンドの動向ですが、業界が盛り上がるにつれて情報把握が難しくなっています。

「訪日ラボ トレンドLIVE!」では、訪日ラボとして取材や情報収集を行っている中で、これこそは把握しておきたいという情報をまとめてお伝えしています。

今回も、インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」副編集長が、今月6月のインバウンドトレンド情報や、独自の取材で気づいたことについてお話ししていきますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

<本セミナーのポイント>

  • 毎月インバウンドの最新動向がわかる!
  • インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」を運営する副編集長 石橋が登壇!
  • 30分間でサクッと学べる!

詳しくはこちらをご覧ください。
訪日ラボ トレンドLIVE! Vol.2 〜見逃せないインバウンドの最新情報をお届け〜

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後半版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに