函館で初採用※、GPS連動「多言語ガイドシステムU・feel」搭載の函館定期観光バスが北都交通より運行

~ 函館の見どころを多言語案内するガイドシステムで、日本人ガイドの外国人対応を支援 ~

[株式会社フュートレック]

多言語ガイドシステムを展開する株式会社フュートレック(本社所在地:大阪市淀川区、代表取締役社長:藤木英幸 以下、フュートレック)は、北海道内各地の交通手段を提供する北都交通株式会社 函館支店(本社所在地:札幌市中央区、代表取締役社長:渡邊 克仁 以下、北都交通)が運行する「函館定期観光バス 見どころ満足1日コース」に、GPS連動「多言語ガイドシステムU・feel」が採用されたことをお知らせいたします。当社として函館での初採用の事例となります※。
「函館定期観光バス 見どころ満足1日コース」は、2017年4月1日より運行しています。





■「函館定期観光バス 見どころ満足1日コース」の概要

元町、五稜郭公園、トラピスチヌ修道院など函館観光の基本を押さえて、昼の函館山の景色と、周辺地域の契約牧場から生乳を仕入れて乳製品を販売する地元の牛乳屋さんを訪ねるコースです。観光バスでは、4言語(日本語、英語、中国語、韓国語)に対応した観光案内を聞きながら、車窓からの景色をお楽しみいただけます。

ここ数年で函館にもさまざまな国から観光客が訪れるようになり、北都交通では、従来の日本人ガイドだけでは外国からのお客様に内容が伝わらないため、数年前から多言語ガイドについて検討していました。
北都交通は、増加する訪日外国人観光客の取り込みを目指し、函館では初※となるGPS連動の「多言語ガイドシステムU・feel」を利用することとしました。「函館定期観光バス 見どころ満足1日コース」に参加いただいたお客様には、ツアー内容・サービスともに好評です。(※株式会社フュートレック2017年4月時点の実績)

■GPS連動「多言語ガイドシステムU・feel」の概要

「多言語ガイドシステムU・feel」は、観光バス・観光船などに搭載することにより、GPSで位置を把握し、自動的に観光ガイドや情報提供を行う観光ガイドシステムです。17言語に対応し、言葉の異なる外国人観光客の方々に同時にご乗車いただき、それぞれの言語で観光ガイドをお楽しみいただけます。
■「多言語ガイドシステムU・feel」の詳細はこちらをご覧ください。
URL: http://www.ufeel.jp/

フュートレックは、GPS連動「多言語ガイドシステムU・feel」を通して、バス事業者様、タクシー事業者様、旅行事業者様、観光船事業者様などの外国人観光客への多言語対応を強力に支援してまいります。

* 多言語ガイドシステムU・feelは株式会社フュートレックの商標です。
* その他、記載されている社名および製品名は各社の商標または登録商標の場合があります。

○営業関連のお問い合わせ先

株式会社フュートレック インバウンド&プロモーション事業部
東京事業所 TEL:03-6206-4850
ホームページからのお問い合わせ
https://fuetrek.visionary.jp/s/ufeel

○取材およびこのプレスリリースに関するお問い合わせ先

株式会社フュートレック  広報担当 TEL: 03-6206-4850
ホームページからのお問い合わせ
https://www.fuetrek.co.jp/contact/index.cgi

○メールマガジン「FueTrek・インバウンド&プロモーション通信」配信希望の方はこちらへ

https://fuetrek.visionary.jp/s/member

≪会社概要≫

会 社 名: 株式会社フュートレック
代 表 者: 代表取締役社長 藤木 英幸
設 立 日: 2000年4月17日
資 本 金: 7億1,657万円
業務内容:
・音声認識技術を利用したサービスの企画・提案、及びそれを実現するためのシステム設計
インバウンド訪日外国人招致)のプロモーションやコンサルティング等、各種サポート

 

役にたったら
いいね!してください

関連インバウンド記事

KNT-CTホールディングスの訪日外国人向けバスツアーにGPS連動「多言語ガイドシステムU・feel」が採用

訪日ラボ編集部  

大阪水上バス、観光船の外国語ガイド育成の問題解決に、ペン型多言語音声ガイド「音えんぴつ」を採用

訪日ラボ編集部  

株式会社ビジョン、株式会社ポケットチェンジと戦略的業務提携。訪日外国人旅行者を含む海外渡航者へ向け、外貨(お札・コイン)を電子マネーに交換できるサービスの展開と相互送客を実施。

訪日ラボ編集部  

マピオン、観光パンフASPをインバウンドに対応 ~千葉県東金市・九十九里町、北九州空港を利用した北九州都市圏域のインバウンド施策に採用~

訪日ラボ編集部  

徹底した外国人目線で訪日観光客を呼び込む「ハートランド・ジャパン」を発足

訪日ラボ編集部  

【歌舞伎町初】英語・中国語・日本語に対応! 通訳スタッフが常駐した歌舞伎町の新ランドマーク 『東京ガイドマップ歌舞伎町インフォメーション』オープン

訪日ラボ編集部  

高速バスを利用するインバウンド対応のため、京成バス約160車両へ、通訳サービス「SMILE CALL(スマイルコール)」一斉導入

訪日ラボ編集部  

博報堂アイ・スタジオ、訪日外国人観光客への 通訳ガイド不足解消に向け「Project JACH(ジャック)」始動

訪日ラボ編集部  

<ドラッグストア2017年3月のインバウンド消費調査> 早くも「日焼け止め」が個数ランキング第1位  ~次いでお菓子、洗顔料、リップクリームが人気~

訪日ラボ編集部  

【11/27〜12/3】先週の気になるインバウンドニュースまとめ:コト消費への変遷で変わるインバウンドサービス、訪日外国人観光客の地方誘致はどうなる?

訪日ラボ編集部  
訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!