JR東日本 東京駅に祈祷室を設けるなど、インバウンド戦略の方針を発表

JR東日本 東京駅に祈祷室を設けるなど、インバウンド戦略の方針を発表

JR東日本が、このほどグループとしてのインバウンド戦略についての方針「JR東⽇本グループのインバウンド戦略の推進について」 を発表しました。JR東日本では、拡大を続けるインバウンド市場のニーズに応えるため、今後ともグループ⼀体となってインバウンド戦略を推進していくとしています。

その内容によると大枠では次の4点、

  • 東北・北海道、秋⽥新幹線⾞両の普通⾞及びグリーン⾞に新たに荷物置場を設置します。
  • 東京駅に「祈祷室(PrayerRoom)」を開設します。
  • 航空会社と連携した訪⽇旅⾏商品を発売します。
  • 「のってたのしい列⾞」を利⽤したインバウンド向け旅⾏商品を発売します。

に注力するとしていますが、実際の内容についてそれぞれ詳細を見ていきましょう。

JR東日本インバウンド戦略方針その1:東北・北海道、秋⽥新幹線⾞両の普通⾞及びグリーン⾞に新たに荷物置場を設置

JR東日本より

設置⾞種

東北・北海道新幹線E5系及びH5系⾞両、秋⽥新幹線E6系⾞両
(H5系⾞両については北海道旅客鉄道株式会社が順次設置します)

設置箇所

<東北・北海道新幹線E5系及びH5系>
2・4・6・8号⾞東京寄り及び9号⾞グリーン⾞デッキスペース

<秋⽥新幹線E6系>
13・15・17号⾞東京寄り及び11号⾞グリーン⾞デッキスペース
※対象号⾞の⼀部座席を撤去し、荷物置場を設置。

設置時期および使⽤開始時期

<東北・北海道新幹線E5系及びH5系>
2017年7⽉1⽇(⼟)から順次導⼊し、2018年2⽉頃までにすべての⾞両に導⼊完了予定。
<秋⽥新幹線E6系>
2018年2⽉頃より順次導⼊し、2018年8⽉頃までにすべての⾞両に導⼊完了予定。

JR東日本インバウンド戦略方針その2:JR東⽇本グループ初の「祈祷室(PrayerRoom)」を東京駅に開設

JR東日本より

東南アジア諸国をはじめ、ムスリム(イスラム教徒)の訪⽇外国⼈旅⾏者が増加している状況を踏まえ、東京駅構内に「祈祷室(PrayerRoom)」を開設。

開設予定⽇

2017年6⽉5⽇(⽉)

ご利⽤時間

8:30〜19:00(⼟休⽇17:00まで)※年中無休

場所

東京駅「JR東⽇本訪⽇旅⾏センター(JREASTTravelServiceCenter)」内(丸の内北⼝ドーム)

施設概要

  • 2名程度が静かに過ごせるスペースで、⾝体を清めるための「⼩浄施設」を設置。
  • ご利⽤の際はインターフォンにてお知らせいただき、係員が扉を開錠。
  • 祈祷室は、宗教・宗派を問わずご利⽤いただける施設として運⽤。

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

訪日外国人観光客としてイスラム教徒を集客する際の注意点:親日国は多いが、旅行しにくいとの印象

イスラム教徒(ムスリム)は世界に約16億人おり、世界人口の約4分の1を占めています。パキスタン、イラク、アラブ首長国連邦といった中東諸国に多いイメージがありますが、イスラム教徒の約6割はアジア諸国で生活しています。特に注目されるのはインドネシア、マレーシア、シンガポール、インドなど著しく経済発展している地域に、イスラム教徒が数多く住んでいること。今後、富裕層、中間層の人口が増加すれば、インバウンドビジネスにおいて大きな市場になることが見込まれています。今回は、今後増加すると思われるイス...

JR東日本インバウンド戦略方針その3:国際航空会社と連携した「⽴体観光型」訪⽇旅⾏商品の発売

国際航空会社と連携し、台湾・タイのインバウンド市場向けに、「航空+JR」の⽴体観光型の商品を発売し、東北を中⼼としたエリアへのインバウンド需要の創造 を図る。

台湾「中華航空」との連携商品

JR東日本より

JR東⽇本グループの株式会社びゅうトラベルサービス(以下「VTS」)の出資会社である台湾・創造旅⾏社股份有限公司(以下「創造旅⾏社」)と中華航空、JR東⽇本の連携により、台湾から中華航空を利⽤し、南北海道・東北を鉄道で周遊可能な旅⾏商品をおトクな価格で発売。

タイにおけるJALグループ「JAL訪⽇ダイナミックパッケージ」との連携

JR東日本より

⽇本航空株式会社、株式会社ジャルパック(以下「JALグループ」)と連携し、タイで発売中の「JAL訪⽇ダイナミックパッケージ」をご利⽤の⽅に、当社インバウンド向け鉄道パスを案内する。さらに、連携キャンペーンとして、鉄道パスをご購⼊の⽅に、着地型旅⾏商品「TOHOKUBUFFET(東北ブッフェ)」を特別価格で提供。

Favicon訪日ラボ

 

東武鉄道、インバウンド向け「1日着物レンタル」サービスを開始 訪日外国人の「地方へ」の流れを背景に

訪日旅行のトレンドが「消費」から「体験」に移行しつつあります。そのため、ショッピングが主な目的となる首都圏に集中していたインバウンド需要が、より「日本らしい」ものを体験できる地方にも広がるようになりました。<関連記事>[blogcardurl=https://honichi.com/9248][blogcardurl=https://honichi.com/9987]それに伴って、鉄道会社は地方のインバウンド効果を目的に各地域の観光素材を活用して様々な取り組みを...

JR東日本インバウンド戦略方針その4:「のってたのしい列⾞」利⽤商品をインバウンド向けに発売開始

JR東日本より

JR東⽇本では「乗る」こと⾃体が⽬的になるような様々な「のってたのしい列⾞」を運転しており、団体旅⾏を中⼼に、訪⽇外国⼈旅⾏者にも好評 となっています。個⼈旅⾏(FIT)ニーズに対応し、インバウンド向けの個⼈型旅⾏商品ブランド「東⽇本鉄道ホリデー」のラインナップとして初めて「のってたのしい列⾞」利⽤商品を発売します。

また、今回発売する「のってたのしい列⾞」利⽤商品については、VTSの提携する海外旅⾏会社で発売するほか、JTBグループの株式会社JTB国内旅⾏企画のインバウンド向け旅⾏商品ブランド「サンライズツアー」での提携販売を予定しているとのことです。

Favicon訪日ラボ

 

「旅行会社」×「インバウンド」①:JTBの訪日外国人観光客集客への取り組みとは?

年々増え続ける訪日外国人観光客に伴い、2020年の東京オリンピックに向け、政府は観光ビジョンの中で、訪日外国人観光客数の目標を4000万人まで引き上げました。そんな追い風を受け、魅力的なインバウンド市場になっている、旅行業界。国内の大手旅行会社は、訪日外国人観光客集客へ、様々な取り組みを行っています。今回は、大手旅行会社、株式会社JTBのインバウンド対策について、説明していきます。JTBが訪日外国人観光客向けパッケージ商品「サンライズツアー」をリニューアル2016年9月13...

<参考>

  • [JR 東⽇本グループのインバウンド戦略の推進について] (http://www.jreast.co.jp/press/2017/20170502.pdf)

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!