孫氏「訪日客向け無料Wi-Fiもういらない!」 発言の裏に隠された近年の訪日客の通信手段の実態とは?これからはローミング&SIMの時代か

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

2020年の訪日外国人観光客数4,000万人を目指して国内ではインバウンド誘致への取り組みが加速しています。

訪日外国人観光客向けのネット環境の不整備 は、日本のインバウンド市場が長年直面している課題であり、無料Wi-Fiの増設やプリペイドSIMの販売拡充などさまざまな対策が講じられています。

そのような状況の中、ソフトバンクグループ株式会社代表取締役会長兼社長である孫正義氏は、少し意外な発言で日本のインバウンド市場をにぎわせています。

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

「訪日客向けの無料Wi-Fiはなくすべき」 孫氏が発言 Wi-Fiよりもローミングを

ソフトバンクグループの第37回定時株主総会の場で、インバウンド向けの無料Wi-Fiサービスについて問われた孫正義氏は、

「無料WI-Fiについてはなくすべきかなと最近は思っています。というのも、オリンピックのたびに、無料WI-Fiでさまざまな被害が起きています。それはセキュリティの問題です。無料Wi-Fiスポットを名乗ってですね、セキュリティの穴をうまく活用して、悪い人が悪さをするという被害が大量に発生しています」

「無料Wi-Fiよりもむしろ、世界中の携帯事業者とデータのローミングをもっと、アンリミテッドなローミングをすることによって、無料WI-Fiなんかを使わなくても、日本のLTEは世界で最も優れた容量とカバー率をもっていると思いますけど、そのほうがセキュリティを保てて、かつ面倒くさくないと最近は思っています」

「もしかしたら無料Wi-Fiのほうがいいんだという人が世界にもいるかもしれませんので、それはそれでセキュリティの面も別途解決するいい方法があるのかどうか、総合的な問題の解決方法を考えたいと思います」-engadget 日本語版:「訪日客向けの無料Wi-Fiはなくすべき」ソフトバンク孫社長、株主総会でコメントより引用

と発言。訪日外客数が急増し、インバウンド市場が拡大する中、安全性という観点での問題が少なからずとも存在する無料Wi-Fiをなくし、国際ローミングの接続環境を整備していくべきだ、との発言をしています。

国内で無線通信サービスの普及を進めているソフトバンク。インバウンド受け入れのために無料Wi-Fiの整備は必要不可欠といわれてきましたが、それを裏返すようなこの発言の真意は何なのでしょうか?

オリンピックなど大規模なイベント中は無料Wi-Fiを悪用した犯罪が多発!利用時も場所・時間が限られる

無料Wi-Fiにはセキュリティー上の問題があることに加え、観光客にとって利便性が低いものであるということが言えます。

フリーWi-Fiの課題その1:セキュリティー上の問題

例えば、オリンピック・パラリンピックやワールドカップなど、世界中から多くの人々が開催都市に訪れるような大規模なイベント時では、近年、無料Wi-Fiを悪用した犯罪が多発しています。サイバー犯罪やテクノロジー関連の情報を配信する伊メディアHackReadによると、リオオリンピックが開催された際、同地では観光客からオンラインの情報を抜き取るために、複数の「偽の無料Wi-Fiスポット」が発見されたとのこと。

スタジアム周辺や、ショッピングモール、空港やカフェなど多くの人がアクセスポイントを求める場所で”Olympics Rio 2016”や”Rio 2016”など、いかにも本物らしい無料Wi-Fiスポットが出現し、ウイルスへの感染などの被害も報告されています。大規模なイベントは日本国内外問わずハッカーの大きなターゲットになるため、同メディアでは国際ローミング機能やプリペイドSIMの利用などを喚起し、観光客に注意を呼び掛けています。

<関連>

リオオリンピック開催!過去のオリンピックから見る五輪の経済効果や東京五輪の影響をまとめてみました

※新型コロナウイルスの感染拡大を受け、

フリーWi-Fiの課題その2:利便性の問題

また、海外旅行者はさまざまな場所を周遊します。アクセスポイント付近でしかインターネットが使えない無料Wi-Fiは、情報が欲しい時に手に入らない、写真・動画をSNSに投稿できないなど多少不便な面があります。少々値段は高くつきますが、安全性・利便性という観点から、訪日外国人観光客に、無料Wi-Fiではなくローミングによってネットを利用してもらうようにするべきだとの主張は理に適っている部分があるといえます。

SNSを活用した効果的なインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

<関連>

流れは無料Wi - Fiから有料ルーターのレンタルへ?Wi

年々増え続ける訪日外国人観光客に伴い、2020年の東京オリンピックに向け、政府は観光ビジョンの中で、訪日外国人観光客数の目標を4000万人まで引き上げました。近年、日本国内では官民一体となって、訪日外国人観光客の受け入れ環境の整備に取り組んでいますが、未だインバウンド受け入れには課題も多いのも事実。観光庁から2016年1月12日にリリースされた「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」では、訪日外国人観光客が「旅行中に困ったこと」に関してのアンケート調査結果が取り上げら...

実際に、訪日外国人観光客のうちどれぐらいの割合の人が、無料Wi-Fiをネットへの接続手段として利用しているのでしょうか?

訪日旅行中に利用した接続手段としては無料Wi-Fiがダントツでトップに

訪日外国人観光客が利用する通信手段:観光庁「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」より

訪日外国人観光客が利用する通信手段:観光庁「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」より

2017年2月7日に発表された観光庁が訪日外国人観光客向けに行ったアンケート調査「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関するアンケート」によると、 訪日外国人観光客にもっとも利用された通信手段としてトップだったのが、無料Wi-Fi(53.8%) でした。

2位がモバイルWi-Fiルーター(33.8%) であったことも加味すると、訪日外国人観光客の多くがWi-Fiを通じてインターネットを利用していることがわかります。

インバウンドにおいて、無料Wi-Fiは旅行中に必要不可欠なものになっていると仮定すると、今回の孫氏の発言は、すこし行き過ぎでは?という印象を抱くかもしれませんが、片方で訪日外国人観光客の通信手段が多様化してきているというデータもあります。

最近ではSIMカードや国際ローミングも国によってはとても使われる通信手段になっている

[SIMカード]75.8%のインドネシア人が訪日時にSIMカードの利用を検討!香港人はSIMカードの利用率が34.7%と高い結果に

SIMカードの国別の利用意向:観光庁「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」より

SIMカードの国別の利用意向:観光庁「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」より

2016年1月12日に発表された観光庁による「訪日外国人旅行者の国内における受入環境整備に関する現状調査」結果では、訪日外国人観光客が訪日旅行時に使う予定である通信手段(青)、実際に利用した通信手段(赤)を紹介しています。

どの国でも多くの人が無料Wi-Fiの利用意向・利用を示している結果になっていますが、特筆するべきは 香港・タイ・インドネシアとアジア圏からの訪日外国人観光客を中心にSIMカードの利用意向が高くなっている点。 訪日タイ人観光客と訪日インドネシア人観光客では、それぞれ40.5%、75.8%がSIMカードを利用したいと回答。実際に利用したのはそのうち18.9%、9.5%と少ない結果になりました。

しかし、訪日香港人観光客の間では48.4%が訪日観光時にSIMカードの利用を希望しており、そのうち34.7%が実際に利用。 無料Wi-Fiには及びませんが、SIMカードも主要な訪日観光時の通信手段となっている ことが把握できます。

[国際ローミング]訪日アメリカ人・イギリス人・中国人に限ると国際ローミングが主流に

訪日旅行時の通信手段:観光庁「WI-FI利用に係る調査結果(詳細版)」より

訪日旅行時の通信手段:観光庁「WI-FI利用に係る調査結果(詳細版)」より

2015年3月16日に総務省が発表したWI-FI利用に係る調査結果(詳細版)では、訪日アメリカ人観光客、訪日イギリス人観光客、訪日中国人観光客を対象にした訪日旅行時の通信手段に関してのアンケート調査が行われています。

この資料によると、上記3国出身の訪日外国人観光客の間では 国際ローミング経由でインターネットに接続する場合がもっとも多い結果(53.8%)になりました。 次いで多かった選択肢が無料Wi-Fi(48.8%)、プリペイドSIM(40.5%)となっており、ここでもやはりプリペイドSIMは訪日時の通信手段として重要な選択肢となっています。

このように、近年のインバウンドでは無料・有料Wi-Fiに加え、国際ローミングやプリペイドSIMを経由して訪日旅行時にインターネットを利用する人も多くなっています。

まとめ:多様化する訪日客のネット接続手段 これからはローミング・SIMの時代に?!

訪日外国人観光客がインターネットに接続する場合、無料Wi-Fiがもっともよく使われています。しかし、先述の通り、アジア圏からの訪日外国人観光客の間ではプリペイドSIMへの関心が高かったり、訪日アメリカ人観光客、訪日イギリス人観光客、訪日中国人観光客の間では、すでに無料Wi-Fiよりもデータローミングを経由してインターネットに接続している割合の方が大きいといった事実も存在しています。

孫氏が発言したように無料Wi-Fiは安全性・利便性の観点から問題があるため、これからはSIMや国際ローミングを通じたネット接続を行う訪日外国人観光客の割合は増えていき、訪日外国人観光客のネット接続手段はさらに多様化していくかもしれません。

SNSを活用したインバウンドプロモーションについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「SNS運用」の資料をDLして詳しく見てみる 「インフルエンサーマーケティング」の資料をDLして詳しく見てみる

<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月後半】「世界で最も成長している観光地」トップに東京他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月後版レポートから、5月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
「世界で最も成長している観光地」トップに東京 / 富士山前のコンビニ、撮影防止の「黒幕・防護柵」設置【インバウンド情報まとめ 2024年5月後編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに