【国内最大規模】大成功に終わった民泊の祭典「バケーションレンタルEXPO」のハイライト動画が公開されました

【国内最大規模】大成功に終わった民泊の祭典「バケーションレンタルEXPO」のハイライト動画が公開されました

来場者数延べ3060名、参加企業数57社、セミナー参加者数1000名以上

[メトロエンジン株式会社]

株式会社オックスコンサルティング(社長:原康雄、本社:東京都港区)とメトロエンジン株式会社(社長:田中良介、本社:東京都港区)主催で大成功に終わった国内最大規模の民泊イベント「バケーションレンタルEXPO」が動画を公開しました。

来場者数延べ3060名、参加企業数57社と、大成功に終わった民泊の祭典「バケーションレンタルEXPO」が、最新ハイライト動画を公開しました。

今回の「バケーションレンタルEXPO」の動画では合計26講演行われたセミナーの模様や、各種出展ブースにて会場を盛り上げた企業のインタビュー映像が盛り込まれています。

また、動画の最後ではオックスコンサルティング代表の原康雄氏より、第2回開催の概要が発表されています。

バケーションレンタルEXPOのセミナーには民泊最大手のAirbnbや拡大を続ける中国発の民泊サイト「途家」「住百家」をはじめ、これからの民泊業界を牽引するトップランナー達による講演が行われました。

更に特定行政書士の戸川大冊氏、公認会計士・税理士の深野竜矢氏からは、2018年1月にいよいよ制定となる民泊新法(住宅宿泊事業法)についてスペシャリストの観点から民泊の”合法的”な運営方法や税務について言及されました。

開催の背景

住宅宿泊事業法案(民泊新法)が通常国会へ提出され、2017年度中に施行されます。 訪日旅行客はすでに2400万人を超えており、宿泊需要増の影響から、民泊の稼働物件数も4万物件を超え、その数は1年前と比べ3倍の伸びを記録しています。

さらに、民泊新法の成立に伴い、上場企業を含む多くの法人や個人がこれまで以上に民泊・簡易宿所事業へ参入することが予想されます。一方で、新規事業参入に伴って効率的に情報を収集できる場がなく、事業者にとっては営業手段も限られていました。 我々主催者は現場で民泊に関する事業を行っており、同様の声を聞く機会も急増していたため、開催を決定致しました。

〈バケーションレンタルEXPO〉

来場者数3,060。57社の事業者が参加、バケーションレンタル最大規模の祭典!
開催日:2017年5月27日(土)
時間:10:00〜17:00
入場料:事前申込に限り無料(当日入場券:1000円)
会場:新宿NSビル
URL: http://minpaku-expo.com/visitor/

株式会社オックスコンサルティング

URL   : http://ox-consulting.jp/
本社所在地: 東京都港区赤坂3-8-8 赤坂フローラルプラザビル4F
代表取締役: 原康雄
設立   : 2013年9月

メトロエンジン株式会社

URL   : https://info.metroengines.jp/
本社所在地: 東京都港区麻布台1-11-3 麻布台第一ビル3F
代表取締役:  田中 良介
設立   : 2016年10月31日

<関連>

Favicon訪日ラボ

 

[PR]【5/27東京】民泊の最新動向がたった1日でわかる 日本最大規模の民泊イベント「バケーションレンタルEXPO」開催

昨年2016年はインバウンド宿泊7,000万人泊を超え、前年比8.0%増となり、宿泊に関する数値からも、インバウンド市場が年々拡大しており、また地方部にまで浸透しつつあることがわかります。[blogcardurl=https://honichi.com/news/2017/03/17/2016nennoinbaundoshuk/]しかしながら一方で、日本の宿泊施設は、急激に増加するインバウンド需要に対応しきれておらず、特に首都圏や主要観光地などでは客室稼働率が9割を超えつづけ...

Favicon訪日ラボ

 

メトロエンジンがAirbnbと協業開発契約を締結し、民泊・ホテル・旅館向け新サービス「メトロエンジン企画開発」を開始

民泊向けマネジメントツール「メトロエンジン」を提供する「メトロエンジン株式会社」は、先日26日、民泊プラットフォーム用システム開発サービス「メトロエンジン企画開発」を開始しました。メトロエンジン株式会社は、2017年5月にAirbnb社との間で協業開発契約(PartnerDevelopmentAgreement)を締結しました。これにより、Airbnb社システムとの連携・接続、収益管理・運営支援ツールの開発・提供などに特化したシステム企画開発等を提供するのが、今回の「メトロエンジン...

Favicon訪日ラボ

 

解禁か?規制か?評価が分かれる民泊新法・改正旅館業法、閣議決定:年間180日まで営業可能に規制緩和の一方違法民泊には罰金100万円

政府は3月10日、「住宅宿泊事業法案(通称:民泊新法)」を閣議決定しました。民泊新法は、訪日外国人観光客などに有料で自宅の飽き部屋や、所有するマンションの1室を有料で貸し出す「民泊」サービスに対するルールを定めたものです。3月10日「民泊新法」、3月7日「改正旅館業法」閣議決定先日3月10日、政府は民泊新法(正式名称:住宅宿泊事業法案)を閣議決定しました。民泊新法は、現状民泊を想定したルールが無いこと、そして日本でもインバウンド需要の高まりによって民泊サービスが急速に普及してい...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!