解禁か?規制か?評価が分かれる民泊新法・改正旅館業法、閣議決定:年間180日まで営業可能に規制緩和の一方違法民泊には罰金100万円

解禁か?規制か?評価が分かれる民泊新法・改正旅館業法、閣議決定:年間180日まで営業可能に規制緩和の一方違法民泊には罰金100万円

政府は3月10日、「住宅宿泊事業法案(通称:民泊新法)」を閣議決定しました。民泊新法は、訪日外国人観光客などに有料で自宅の飽き部屋や、所有するマンションの1室を有料で貸し出す「民泊」サービスに対するルールを定めたものです。

3月10日「民泊新法」、3月7日「改正旅館業法」閣議決定

先日3月10日、 政府は民泊新法(正式名称:住宅宿泊事業法案)を閣議決定 しました。民泊新法は、現状民泊を想定したルールが無いこと、そして日本でもインバウンド需要の高まりによって民泊サービスが急速に普及していることを背景に、民泊の健全な普及を目指すものです。

また、民泊新法に先立って違法民泊の規制強化となる 「旅館業法」の改正案も3月7日に閣議決定 され、両案は、今後国会で審議されていくことになります。

「民泊新法」では営業日数年間180日に

いわゆる民泊新法で目玉となっているルールは 民泊の営業日数が180日(泊)と定められたこと です。この「180日」というのは、昨年の夏頃に民泊検討会が最終報告書を提出した頃から話題となっていました。

Favicon訪日ラボ

 

民泊検討会、最終報告書を発表:旅館業法とは異なる新たな法制度をつくり、実態把握を図る見込み

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

最終的な法案では、 地域の実情を反映する仕組みを創設する ことが盛り込まれています。よって、国会審議でどうなるかは予断を許さないものの、 180日規制については弾力的なものになる可能性が残る ものになりました。

法案は、おもに

  • 住宅宿泊事業者

    • ≒民泊事業者、物件や部屋を所有し、民泊として貸し出す貸主
  • 住宅宿泊管理業者

    • ≒民泊運用業者、ハウスクリーニングやAirbnb(エアビーエヌビー)の運用などを代行する業者など
  • 住宅宿泊仲介業者

    • 民泊検索サイト、Airbnb(エアビーエヌビー)に代表される民泊物件が検索できたり、予約などができる仲介業者など

の3業者に対する制度から成り立っています。

それぞれに対し、都道府県知事や、国土交通省、観光庁などへの届け出や登録、そして各事業ごとに適正な遂行の為の措置の実施を義務付けるものとなっています。

民泊新法による新制度イメージ図:観光庁プレスリリースより
民泊新法による新制度イメージ図:観光庁プレスリリースより

これらのルールや制度により、旅館業法にあたる営業をしながらも、無許可で行われてい違法民泊を撲滅し、公衆衛生の確保や地域住民とのトラブル防止を目的としており、現状の違法民泊3割という状況を改善するものと見込まれます。

Favicon訪日ラボ

 

解禁に乗り出す民泊新法案がいよいよ国会提出 その一方で、ヤミ民泊が横行しているという調査結果も

インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに訪日外国人に関するニュースやデータを毎日配信するインバウンドビジネスの総合メディアです。

「改正旅館業法」では違法民泊に対し罰金100万

他方、今まで民泊に関連する法律として知られていた「旅館業法」についても、「民泊新法」の閣議決定に関連して改正案が閣議決定されました。改正内容は、 無許可営業の罰金額の上限を3万円から100万円に引き上げ るなど、無許可営業に対して規制強化する格好になりました。

主な改正内容は以下の3点。

  1. ホテル営業及び旅館営業の営業種別の旅館・ホテル営業への統合

  2. 今までの旅館業法では「ホテル営業」「旅館営業」とそれぞれ別の営業種別だったものを統合し、「旅館・ホテル営業」とする。

  3. 違法な民泊サービスの広がり等を踏まえた無許可営業者等に対する規制の強化

  4. 民泊の無許可営業者に対して、都道府県知事等による報告徴収、立入検査等の権限規定の措置
  5. 民泊の無許可営業者等に対する罰金の上限額を、 今まで3万円だったものを100万円に引き上げ 、その他旅館業法に違反した者に対する罰金の上限額を、今までの2万円から50万円に引き上げ。

  6. その他所要の措置

  7. 旅館業の欠格要件に暴力団排除規定等を追加

と、民泊新法の制定を前提とした、違法民泊取締を強化する改正案となっています。

 

まとめ:民泊新法で民泊は「解禁」されたのか、それとも「規制」されたのか?

昨年の夏頃から議論が活発化し、民泊新法の閣議決定まで至った日本の民泊環境。今までの旅館業法は、ホテルや旅館といった、宿泊施設らしい営業を対象としたものであったために、「民泊」を「民泊らしく」「旅館業法において適法に運営する」というのは至難の業でした。それがために、 これまでの民泊は謂わばグレーゾーンとして野放し状態であった と言えます。

今回、民泊新法、および改正旅館業法が閣議決定され、民泊に対する新しいルール、制度が制定されようとしています。前述のとおり、話題となった 「営業日数180日規制」については、地域の事情を鑑み弾力的な規制になる見通し ですが、実質的には 営業に制限をかける"規制"である ことは間違いありません。

民泊新法が制定されれば、より明確な「クリーンな民泊」の線引ができるものの、これが 日本のインバウンドビジネスにおいてプラスになるか、はたまたブレーキになるのかは予断を許さない状況 でしょう。今後予定される両法案の国会審議に注目が集まります。

<参考>

 

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!