成田国際空港運用状況(2017年上期)

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

[成田国際空港株式会社]

航空機発着回数をはじめ以下の項目について開港以来最高となりました。
=暦年半期で国際線外国人旅客数が750万人を突破 =

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

【2017年上期の空港運用状況】

【航空機発着回数】

▶航空機発着回数

2016年7月以降の新規乗り入れ、新規就航、増便により、国際線・国内線ともに好調だったことから、前年同期比4%増の123,533回と2016年から2期連続で最高値を更新。

▶国際線発着回数

アトラスエア、インドネシア・エアアジアXなど新規乗り入れが10社あったこと、また韓国、香港などのアジア方面を中心とした新規就航や増便が相次いだことで旅客便が好調となり、前年同期比3%増の96,819回と2016年から2期連続で最高値を更新。

▶国内線発着回数

Spring Japan/札幌(新千歳)線・大阪(関西)線、バニラエア/大阪(関西)線・函館線の新規就航などにより、前年同期比8%増の26,714回と2015年以来の最高値を更新。(2期ぶり)

【航空旅客数】

▶航空旅客数

国際線外国人旅客数や国内線旅客数の増加により、前年同期比5%増の19,818,325人と2014年から4期連続で最高値を更新。

▶国際線外国人旅客数

航空路線の拡充や、日本全体で取り組んでいる訪日プロモーションが功を奏し、特に旺盛な訪日需要がある韓国、香港などのアジア方面を中心に旅客が増加したため、前年同期比12%増の7,664,179人と2014年から4期連続で最高値を更新。

▶国内線旅客数

大阪(関西)線、札幌(新千歳)線などが好調だったことから、前年同期比11%増の3,676,243人と2012年から6期連続で最高値を更新。

【国際航空貨物量】

▶仮陸揚貨物量

前年同期比9%増の391,095t(積込:201,563t、取卸:189,532t)と2013年から5期連続で最高値を更新。

【2017年6月の空港運用状況】 (以下について6月として過去最高)

▶航空機発着回数    20,543回(前年同月比 5%増)
▶国際線発着回数    16,189回( 〃 4%増)
▶国内線発着回数       4,354回( 〃 6%増)
▶航空旅客数       3,214,758人( 〃 3%増)
▶国際線外国人旅客数  1,215,022人(  〃 10%増)
▶国内線旅客数 590,899人( 〃 8%増)
▶仮陸揚貨物量 71,066t( 〃 5%増)

<関連>

成田空港 訪日外国人利用者数が開港以来の最高値を記録 4月の運用状況を公開

東日本を中心とした日本のインバウンドの玄関口とも言える成田国際空港ですが、成田国際空港が2017年の1月から3月に加え、4月の速報値を2017年4月の運用状況として公開しています。これによれば、国際線外国人旅客数、つまり 訪日外国人観光客の利用者数は、単月で初の150万人を超え、1978年(昭和53年)の開港以来の最高値を記録 しました。実際の数字としてどのようになっているのかを詳しく見ていきましょう。目次成田国際空港の航空機発着回数 国際線、国内線共に4月として過去最高に航空旅客数も国際...

成田1強から変化 インバウンドの玄関口はどこだ!?訪日外国人の入国者数で見る空港・湾港ランキング

インバウンドのおもてなしの玄関口となる空港や湾港。その利用者数は、今まではゴールデンルートの出発点となる成田国際空港の1強でしたが、その勢力図に変化が見え始めています。今回は、訪日外国人観光客が日本のどこから入国しているのかを調査してまとめました。<関連>インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする「インバウンドデータ」の資料を無料でダ...

成田でのトランジット時も観光が楽しめる!観光庁が提供するインバウンド向け成田周辺観光ルート8選[前編]

2017年3月の全国籍の訪日外客数は220.6万人(前年同月比9.8%増)となり、昨年3月の201万人を19万人以上上回って過去最高を記録しました。これからも訪日外国人観光客数は増加していくことが予測され、各自自体・企業はインバウンドに関連したビジネスやサービスの導入を進めています。訪日外国人観光客に限らず、国外に旅行をする際、数時間にわたる中途半端なトランジット(乗り継ぎ)の時間のつぶし方は、誰もが頭を悩ませるところ。日本では、観光庁が主体となり、主要空港として知られる成田国際空港周辺を...

訪日ラボ 最新版インバウンド情報まとめ

訪日ラボおすすめの記事をご紹介します。

永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


訪日ラボを運営する株式会社movは、株式会社ユニットティ 代表取締役で、日本初のGoogle ビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活躍する永山 卓也氏とともに、Googleビジネスプロフィール専門の解説書『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』を青春出版社より8月5日から発売いたします。

本書は、小売・飲食・宿泊業、観光業のマーケティング、マネジメント支援を中心に豊富な支援実績を持つ永山氏、そして口コミ対策・ローカルSEO(MEO)、インバウンド領域に知見を持つmovがタッグを組み、Googleビジネスプロフィールに関わる店舗集客施策を解説したものです。

全国の書店及びAmazonなどのオンライン書店、電子書籍での販売を予定しております。事前予約については以下のページをご確認ください。
https://amzn.asia/d/06xjqsYU

詳しくはこちらをご覧ください。
永山卓也氏・mov共著『Googleビジネスプロフィールですごい集客力を手に入れる』8月5日発売


【インバウンド情報まとめ 2024年7月前編】「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、主に7月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

「もう一度行きたい国」日本が1位に、その背景は? / 4月の国別宿泊者数 中国が再び1位に【インバウンドまとめ 2024年7月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに