渋谷区の来街者向け観光ICTソリューションを構築 経済産業省「IoT活用おもてなし実証事業」の渋谷実証を開始

この度、一般財団法⼈渋谷区観光協会は、経済産業省が進める「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(IoT活用おもてなし実証事業)」の渋谷区実証事業を10月1日より開始します。

[一般財団法人 渋谷区観光協会]

渋谷区での実証事業は、渋谷区観光協会が平成28年度より開始したスマホ向けアプリ「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」をアップデートし、IoT活用おもてなし実証事業で仕組みを構築している「おもてなしプラットフォーム」との接続に加え、英語対応や情報のレコメンデーション機能を搭載しました。
また、渋谷区の各エリアに1,000個を超えるBeaconを設置し、PLAY! DIVERSITY SHIBUYAのお知らせ機能として活用するだけでなく、一般のサービス事業者にも開放することで街の回遊と交流を促進するアイディアを募集します。
さらに、バーチャルBeacon機能を搭載した観光サイネージアプリ「JOYin SHIBUYA」をタブレットにインストールし渋谷区の50箇所に設置予定です。そして、アプリやBeaconからデータを取得し、渋谷区での観光客の回遊を見える化し、「渋谷区のおもてなしサービス」に磨きをかけてまいります。

■「おもてなしプラットフォーム」について

経済産業省では、IoTを活用し、サービス事業者同士が情報を共有・活用して質の高いサービスを提供できる仕組み「おもてなしプラットフォーム」を構築し、2020年までに社会実装することを目指しています。具体的には、訪日外国人旅行者が、買い物や飲食、宿泊、レジャー等の各種サービスを受ける際に求められる情報等について、本人の同意の下、これらの情報を「おもてなしプラットフォーム」に共有・連携することで、「おもてなしプラットフォーム」を介して、様々な事業者や地域が情報を活用した高度で先進的なサービスを提供できる仕組みを実証しています。(参考)おもてなしプラットフォーム http://miqip-info.jp/business/

■事業概要

スマートフォン向けアプリ PLAY! DIVERSITY SHIBUYA

PLAY! DIVERSITY SHIBUYAをアップデートし、iPhone版に加え、Android版の提供も開始します。
このアプリは渋谷区の様々な場所にメッセージを残したり、イベントを開催でるアプリです。
また、外国人観光客向けに英語に対応した他、おもてなしプラットフォームにも対応しました。

App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/id1096038620

Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=com.curations.shibuya2

SHIBUYA PUBLIC BEACON NETWORK

今回の実証実験では、渋谷・原宿・代官山など渋谷区の様々なエリアに設置された1,000個を超えるBeaconを活用し、スマホ向けアプリ「PLAY! DIVERSITY SHIBUYA」のお知らせ機能として活用します。また、一般のサービス事業者にも開放することで、渋谷区の街の回遊と交流を促進するアイディアを募集いたします。

JOYin SHIBUYA

サイネージアプリ「JOYin SHIBUYA」をインストールしたタブレットを50台渋谷区のエリアに設置します。本アプリは街の回遊と交流を促進する観光情報を配信するだけでなく、タブレットをバーチャルBeaconとして動作させる機能も有しており、SHIBUYA PUBLIC BEACON NETWORKの一部として利用します。

観光データの見える化

本実証では、渋谷区の観光客の動態データを集積し、データを見える化します。渋谷区観光協会では、本データを元にPDCAを回し渋谷区の観光おもてなしサービスに磨きをかけていく予定です。

■本実証事業の参画企業一覧

代表機関:一般財団法人渋谷区観光協会、株式会社博報堂
参加企業 ※五十音順
NEC・レノボジャパングループ
株式会社オープンエイト
キュレーションズ株式会社
株式会社シブヤテレビジョン
大日本印刷株式会社
Tangerine株式会社
株式会社東急エージェンシー
東急メディア・コミュニケーションズ株式会社
日本オラクル株式会社
株式会社博報堂
株式会社EVERYDAY IS THE DAY
ぴあデジタルコミュニケーションズ株式会社

渋谷区観光協会では、今回ご参画いただいた企業と連携し、今後もアプリの強化やコンテンツ拡張、Beacon設置拡大やサービス事業者のBeacon活用促進に加え、「おもてなしプラットフォーム」との情報共有・連携を活用した新規サービス創出等に取り組み、渋谷区の回遊と交流を促進する街のICTソリューションを構築します。

インバウンド受け入れ環境整備についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳・多言語化」の資料をDLして詳しく見てみる

「多言語サイト制作」の資料をDLして詳しく見てみる

バーコードやQRコードを活用した多言語ソリューション「多言語化表示サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

お手軽に通訳対応できる「テレビ電話型通訳サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

<関連>

訪日客のパーソナルデータを共有・活用し更なる経済活性化を!千葉市でインバウンド向けICT実証始まる【詳細レポート】

いまや「IT」という言葉は非常に一般的な用語となりました。Information Technology、インターネットなどの通信とコンピュータとを駆使する情報技術は、スマホなどに代表されるように我々の生活の生活だけでなく、インバウンドにおいても非常に重要な基盤となっています。そのような中、「ITをどのように使うか」という観点で捉える「ICT」という考え方が登場してきています。このICTを活用した取り組みが、千葉市美術館にて実施されています。同美術館で 2017年9月9日から10月22日にか...

改めて知っておきたい 日本各地で実証実験が進む「おもてなしプラットフォーム」とは?IoTを活用して訪日客に利便性を提供しようとする取り組み

経済産業省では、IoT(人ともののインターネット)を活用し、サービス事業者同士が情報を共有・活用し、訪日外国人観光客に対して質の高いサービスを提供できる仕組み「おもてなしプラットフォーム」 を構築し、2020年までに社会実装を目指しています。これは訪日外国人観光客が観光時に行う消費行動について、サービスを受ける際に求められる情報を「おもてなしプラットフォーム」に共有・連携することで、「おもてなしプラットフォーム」を介して、様々な事業者や地域が、情報を活用した高度なサービスを提供出来るという...

進むインバウンド業界のICT:パナソニックとJTBが協業、多言語案内と手ぶら観光領域でインバウンド対策支援

日本は、増え続ける訪日外国人観光客の受け入れにおいて、「外国語対応」や「荷物保管場所の増設」など、未だに多くの課題を抱えています。その一方で、外国語対応に関しては、以前ご紹介した「接客指さし会話」や「スマイルコール」など、一般企業による新たな訪日外国人観光客向けサービスが提供され始めています。また、「荷物保管場所の増設」においては、国土交通省による、具体的な計画案も出されており、訪日外国人観光客受け入れ環境の整備へ、官民一体となったインバウンド対策が、少しずつ進んでいることがわかります。大...

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!