進化する自動翻訳の活用方法とは:「事なきを得る」を「I get Kotonaki」と翻訳していたGoogle翻訳も飛躍的な精度向上を見せ、近い将来「翻訳こんにゃく」の登場も夢じゃなさそう

ドラえもんの秘密道具の中に、食べるとどんな言葉でも(宇宙人とでも)話せるようになる 「翻訳こんにゃく」 という夢のような道具があります。まだまだ先の話だなと考えていました。

2016年、GoogleがGoogle翻訳(Googleが提供するMT:機械翻訳・自動翻訳サービス)における飛躍的な品質の向上を発表しました。日本語への対応はヨーロッパ言語などに遅れてリリースされましたが、使ってみると明らかに従来のGoogle翻訳とは違っていました。「翻訳こんにゃく」の実現とまでは行きませんが、確実に近い将来、翻訳が機械に置き換わるという感覚を得ました。

今回、Google翻訳がどのように進化を遂げたのかと、各社が提供している色々な自動翻訳のサービスをご紹介します。

Google翻訳の進化

Google翻訳といえば、面白い誤訳を出してくるので有名でした。

出典:twitter.com

出典:twitter.com

検索すると山のように面白い結果がアップされています。一日見続けることができます。

今まではPhrase Based Machine Translation(PBMT: フレーズベース機械翻訳)でしたが、アップデートによりニューラルネットワークを使用した機械翻訳に変更されました。GoogleはこれをGNMT(Google Neural network Machine Translation)と呼んでいます。

<訪日ラボ関連記事>

グーグル翻訳が新翻訳方式GNMTの採用で日→英翻訳の精度が劇的に向上

インバウンド対策と一言で言ってもあらゆる側面を持っています。ターゲットとなる訪日外国人観光客の国・地域別の数値やニーズの把握、それによるマーケティング分析、商品開発、Wi-Fiや多言語対応といったインフラの設備、人材教育ないし外国人採用などなど。その中でも「とりあえずこれから」と始めやすいながらも、意外と壁が高いのが「多言語対応」でしょう。とりあえずWEBサービスで翻訳をしてみたものの、違和感のある英語にとまどった、という経験のある方も多いのではないでしょうか?そんななか、中国語→英語で採...

GoogleのResearch Blogに掲載されているグラフを見ると、品質がいかに向上したかが見て取れます。


参照:https://research.googleblog.com/2016/09/a-neural-network-for-machine.html

実は世界で一番最初にニューラル機械翻訳を発表したと言われている中国のBaiduを始め、多くの会社がニューラル機械翻訳に着手しています。

日本でもNICT(国立研究開発法人情報通信研究機構)や株式会社みらい翻訳など、各社がニューラル翻訳を研究開発し提供を開始しています。

自動翻訳を使った音声翻訳に関するサービスのご紹介

ニューラルネットワークの活用により、飛躍的に機械翻訳の精度は向上しています。ここからは、インバウンド事業にも活用することができそうな自動翻訳を活用しサービスを幾つか紹介していきます。

そもそも音声翻訳の仕組みとは?

自動翻訳を活用して、リアル「翻訳こんにゃく」のようなデバイスやサービスを作るためには音声認識等の技術を組み合わせる必要があります。例えば、 音声認識と自動翻訳を組み合わせる事によって、日本語での発話を英語での発話に置き換えるという事も可能です。

日本語で発話=> 音声認識 => 日本語のテキスト化 => 機械翻訳 => 英語の翻訳結果(テキスト) => 英語での音声出力

ここでは音声認識の精度も重要になってきますが、最近は雑音が入ってもかなり正確に認識されるようにもなってきました。

ili

ウェアラブル音声翻訳デバイスの「ili」はプロモーション動画を含め未来を感じさせてくれます。


参照:https://iamili.com/ja/

iliの最大の特徴はオフラインで使用できるという点です。外国を訪れる際、外国人旅行客にとってオンライン環境がない場合は多々想定されます。そういったシチュエーションにおいてかなり活用されるサービスになるのではないでしょうか。

<訪日ラボ関連記事>

訪日外国人観光客の接客にも使えそう! 日本の自動翻訳デバイス「ili(イリー)」、ハワイ州観光局「公認商品」に

コンピューターを使って、一瞬にしてある言語の文章は、別の言語に変えてしまう自動翻訳。Google翻訳やエキサイト翻訳など無料で使えるサービスが以前から存在し、誰もが一度は使ったことがあるでしょう。対応言語数や精度の面で徐々に向上していると言われていますが、残念ながら、訪日外国人観光客を接客し、口頭でコミュニケーションする際には使うことができません。もっとテクノロジーが進化して、アニメ「ドラえもん」に登場する「翻訳こんにゃく」のようなものがあれば……と思ったことがある人も多いのではないでしょ...

VoiceTra

NICTが提供しているVoiceTraはスマホのアプリ上で使用することが可能です。既に持っているデバイスで使用できるのは、使用する際のハードルが下がりますね。


参照:http://voicetra.nict.go.jp/

メガホンヤク

Panasonicが提供するメガホンヤク。なぜメガホンなのかは分かりませんが、災害時に大音量で避難を促す際に活躍しそうです。道を教える際などの1対1のコミュニケーションに使う場合は少し恥ずかしい気がします。

Google Pixel Buds

日本での発売予定は未定ですが、Googleがイヤホン型の翻訳デバイス(翻訳だけでなく、Google assistantなど音声サービスなどが使える模様)を発表しました。使い勝手としてはハンズフリーなのが一番良い気がしています。


参照:https://www.blog.google/products/pixel/pixel-buds/

日本での発売が楽しみです。

<訪日ラボ関連記事>

【通訳料、無料】Googleが40ヶ国語の同時通訳が出来るイヤホン「Pixel

Googleから10月4日に登場したワイヤレスイヤホンの 「Pixel Buds」 がIT業界を中心として大きな話題となっています。最も注目を集めているのが 40カ国語を翻訳する事が出来るという機能 で、この「Pixel Buds」装着していれば、まさに通訳が耳元にいるかのような体験が可能 です。インバウンド業界でも注目必須のGoogle「Pixel Buds」について詳しくご紹介しましょう。インバウンド対策の第一歩 多言語対応についてより詳しい資料のダウンロードはこちら「翻訳・多言語化」...

今後の展開

MT(機械翻訳)の精度が向上するに従って、色々なサービス展開の可能性が出てきました。音声認識の精度も向上してきているので、近い将来、「翻訳こんにゃく」と変わらないサービスが出てきそうです。AppleのSiriが使えるEar Podsも自動翻訳を挟むだけで音声翻訳サービスを提供できそうですし、スマートスピーカーの普及によって、世界中の色々な言語で発信されているニュースを日本語で聞ける日もそう遠くないと思います。

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

株式会社エニドア

株式会社エニドア

株式会社エニドア 代表取締役 山田尚貴。8万5千人以上のバイリンガルが登録するプラットフォームConyacを運営。Conyacでは世界中のバイリンガルに翻訳や記事の執筆、リサーチなど様々なお仕事を依頼することができます。