「ただ鉄板でホルモン焼きそばを焼いているだけの動画」が再生数33.7万回を獲得した理由とは?予算をかけて作ったその動画、ちゃんと海外のターゲットに見られてますか?本当に意味のある動画プロモーションとは?

「ただ鉄板でホルモン焼きそばを焼いているだけの動画」が再生数33.7万回を獲得した理由とは?予算をかけて作ったその動画、ちゃんと海外のターゲットに見られてますか?本当に意味のある動画プロモーションとは?

こんにちは、道越です。今日は最近、キーワードとしてよく耳にする ”動画”を活用したプロモーションについて お話ししたいと思います。

今まで動画プロモーションにトライした地方自治体や企業も多いかと思いますが、「作ったはいいけれど、全く見られていない」「再生数は伸びたけど、これで来たいと思ってもらえてるいるのか?」 というケースをとても多く目にします。海外へのプロモーションは、予想していないコンテンツが人気がでたり、期待していたコンテンツや施策が全然結果がでなかったりという事も多いですよね。ただ、いくら気合を入れて、多額の予算をかけてかっこいい動画を作っても、ターゲットに見てもらえないと意味がありません。 写真よりも分かりやすく伝えられる”動画”を使って、魅力をしっかりと伝え、興味を持ってもらい”目的地”にしてもらうという事がとても重要になってきます。

株式会社ビヨンドのインバウンドソリューション資料を無料でダウンロードする

SNS運用(Facebook)「海外向け集客・インバウンドマーケティングPRサービス」の資料を無料でダウンロードする

その動画ちゃんとターゲットに見られてますか?かっこいい動画を作って終わりでは意味がない!スマホで撮影しても外国人が行きたくなる動画の作成とターゲットへの配信が重要!

先日ワールドビジネスサテライトを見ていたのですが、日本政府観光局のデービットアトキンソン氏が、『高額の予算をかけて作った動画が全く再生されていない』とおっしゃっていました。これは、本当に色々な自治体さんでもよく聞く話で、私も非常にもったいないと感じています。動画を作ってyoutubeにアップすれば見てくれるというのは幻想で、しっかりとターゲットに見てもらうための配信しないと、旅マエ訪日外国人などの海外のターゲットは見てくれません。 ですので動画の 配信予算 をとる必要があります。

また、日本国内の日本人旅行者はのべ6億 と言われてますが、インバウンドはまだ今年2700万人 に届くか届かないかです。差にすると25-30倍くらいの顧客数の差があります。この差を考慮せずに日本人旅行者向けの感覚で動画プロモーション考えているとそもそも誰も見てくれず、再生回数も伸びを得られません。

多額の予算をかけて、かっこいい動画を1本作るよりも、スマホで撮った15秒~1分くらいのリアルな動画を定期的に発信!同時にコンテンツの検証も可能!

インバウンド動画を見渡してみると有名な監督が立派な機材を揃えている作品とも出会います。また、多額の予算をかけて作ったプロモーション動画が2500回しか再生されてなかったり・・・多額の予算をかけて、そこまで立派な物を作るよりは、スマートフォンで撮影した、リアル感とひと気のある短編動画をSNSなどで定期的に発信していく方が効果的です。そうする事で、毎月色々なコンテンツを発信しながら、どのコンテンツの動画がどの国の人に刺さるのかなどの検証も可能 になります。

私達が色々やって来て思うのは、その土地に所縁のある在日外国人や広報担当の方が自分のおすすめスポットを紹介していくというスタンスの動画を定期的に発信していくのがベストだと思います。なのでかっこいい編集や機材は必要ありません。スマートフォンで撮影したものでもOKです。人が紹介しているライブ感のある動画が、SNSとも相性が良く、その人にファンもついて来ます。そして、ちゃんと海外のターゲットに見てもらえるよう、facebookなどでターゲティングの広告費をかけるというのが得策だと思います。面白い動画であれば、途中から自然と口コミが起こりどんどんシェアされ、世界中で再生数を伸ばして行きます。かっっこいい動画を作るのに、多額の予算を注ぎ込むよりも、定期コンテンツとしてもっと気軽な形でいいので、定期的に動画を使ったコンテンツを発信して行きましょう。

また、以前にせっかく予算をかけて作った動画があるようでしたら、是非その動画を活かして、見て欲しい世界のターゲットへfacebookターゲティング広告を使って配信して見てください。そうして初めて、世界にその動画が受けるのか?などの効果が見えて来ます。作って満足で全く意味がありませんよね。是非過去の動画も見直して見ましょう!

スマホで撮影した、ホルモン焼きそばをただ焼いているだけの動画が再生数1週間で33万回!

下記に一つ、素人がスマートフォンで撮影した30秒くらいの動画が世界中で拡散された事例をご紹介いたします。鳥取県名物のホルモン焼きそばのPRをしようと、店員さんがホルモン焼きそばを作っている美味しそうな動画を撮ってfacebookで世界へ配信しました。

素人の担当がスマートフォンで撮影した、15秒くらいの”ただ鉄板でホルモン焼きそばを焼いているだけの動画”なのですが、英語で欧米・東南アジアの”日本食が好きな人”へfacebookを使って配信したところ、

  • 再生数なんと33.7万回!
  • いいね1,234件
  • シェア136件

大きな効果を得ることができました。再生数の伸びにも驚きましたが100件以上の方にシェアされ、 海外の方から

  • 「美味しそう!どこで食べられますか?」
  • 「鳥取県はどうやっていくのですか?」
  • 「是非日本に行ったら食べてみたいです!」

などの具体的なコメントがたくさんたくさん寄せられたのです。こうやって、鳥取県を好きになってくれる海外のファンが増えていく のですね!

コンテンツの内容はとても重要ですが 動画は特に動きや、ひと気、臨場感があるものだととても拡散されやすい です。担当のスタッフや在日外国人が自分のオススメの魅力やスポットを紹介していくコンテンツなどはとてもSNSとの相性も良く、その人にもどんどんファンがついていく事で、会いに来てくれたり、メディアとしての求心力も高くなりますよね。編集力がなくても、スマートフォンからでも始められます。是非、トライして見てくださいね!

動画拡散サービス ”ガイコクジンMovie Booster”

このように、動画はターゲットへ配信して効果につながって来ます。上記のような課題に応えるべく、弊社ビヨンドと在日外国人800人を抱えるDeepJapan社で動画を世界で拡散しプロモーションに繋げる、新たな動画パッケージをリリースすることにしました。

これは9万円から始めれる動画配信サービスです。フェイスブックに自治体様の動画を掲載して世界中のターゲットに発信します。すでに世界のファンを多く持つページをうまく活用することや、動画プロモーションを通じて自治体様のフェイスブックページのファンも増やしたり、予算の有効活用(wise spending)のお手伝いができればと思っております。今回、自治体・DMOは初回無料プランもあるので試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

世界を相手いにした場合、どんなコンテンツが流行るかわからないなか、日本人の感性で撮った1つの動画よりも、在日外国人の目線で見た魅力を定期的に動画で発信していくことが私は魅力を伝える上で、近道だと思います。あとは、定期的に短くてお金のかかっていない動画でもいいので、定期的に発信して行きましょう!つくりは簡素でも地域の魅力を継続的に発信し続けることが、興味を持ってもらえる第一歩です。 またいつもご紹介している、facebookのターゲティング配信を使えば動画を『訪日可能性が高い人』や『すでに今、日本に来ている外国人』へのピンポイントでの配信も可能です。是非、動画の活用チャレンジして見てくださいね!

株式会社ビヨンドのインバウンドソリューション資料を無料でダウンロードする

SNS運用(Facebook)「海外向け集客・インバウンドマーケティングPRサービス」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

株式会社BEYOND

株式会社BEYOND

株式会社BEYOND 代表取締役兼SNSマーケティング・インバウドマーケティングプロデューサー、道越 万由子。新卒から10年以上IT業界でWEBマーケティングに従事し、インバウンドPR・SNSマーケティングプロデューサーとして活躍。2015年より、海外・SNSマーケティング事業を立ち上げ、自治体や大手企業の海外マーケティングの運営やインバウンド集客の100社以上のプロデュースに携わる。また、現在は日本のインバウンドをSNSで盛り上げるため社団法人JIF日本インバウンド連合会の理事なども務め年間50回以上全国の自治体や企業向けにも多数講演を実施。