【マーケター必見!】ほぼGoogleの一強状態も ベトナム語に完全対応したのCocCocなど注目の検索エンジンも存在!訪日主要国での検索エンジンのシェア率をまとめました<東南アジア編>

【マーケター必見!】ほぼGoogleの一強状態も ベトナム語に完全対応したのCocCocなど注目の検索エンジンも存在!訪日主要国での検索エンジンのシェア率をまとめました<東南アジア編>

日本ではGoogleやYahoo!が特に利用者が多い検索エンジンとなっていますが、訪日主要国の検索エンジンのシェア率はどのようになっているのでしょうか。検索エンジン経由で旅行に関する情報を探す外国人は多いため、インバウンド業界に携わるマーケターにとって訪日主要国でよく使われている検索エンジンを把握しておくことは重要でしょう。今回は 東南アジアの訪日主要国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・フィリピン・ベトナム・インド)の検索エンジン市場のシェア率 をStatcounterの数値からご紹介します。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

<シンガポール>Googleが96.5%でトップ Yahoo!、bingは1%台

シンガポールの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Singapore Oct 2017より数値をグラフ化
シンガポールの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Singapore Oct 2017より数値をグラフ化

シンガポールの検索エンジン市場では、Googleが占める割合が全体の約96% を占めています。そのほかには Yahoo!bing 、中国で大きなシェア率を誇る Baidu なども利用されていますが、いずれもわずかな割合を占めるにとどまります。

<マレーシア>Googleが約97%のシェアを獲得 Yahoo!、bingは1%台

マレーシアの検索エンジンのシェア率(2017年 10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Malaysia Oct 2017より数値をグラフ化
マレーシアの検索エンジンのシェア率(2017年 10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Malaysia Oct 2017より数値をグラフ化

マレーシアの検索エンジン市場では、Googleが占める割合が全体の約97% を占めています。そのほかには Yahoo!bing 、中国で大きなシェア率を誇る BaiduDuckDuckGo なども利用されていますが、いずれもわずかな割合を占めるにとどまります。

<インドネシア>Googleの一強状態:全体の98%がGoogleを使用

インドネシアの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Indonesia Oct 2017より数値をグラフ化
インドネシアの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Indonesia Oct 2017より数値をグラフ化

インドネシアの検索エンジン市場では Googleが占める割合が全体の約98% を占めており、他の東南アジアの国々よりも一強状態が目立つ結果になっています。 Yahoo!bingBaidu なども利用はされていますが、全体のほんの一握りを占めるにとどまっています。

<ベトナム>Googleが占める割合は93%、CocCocや Yahoo!、bingの利用者も一定数いる模様

ベトナムの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Viettnam Oct 2017より数値をグラフ化
ベトナムの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Viettnam Oct 2017より数値をグラフ化

ベトナムでももっとも利用されている検索エンジンは Google です。全体の 約93% を占めます。このほかにも CocCoc を利用するユーザーも存在しています。CocCoc は、ベトナムの首都ハノイに本社を置くベトナム企業CocCocによって開発・運営されている検索エンジンです。文字のスペリングや発音が複雑なベトナム語で調べたいものを検索をするのには、他の検索エンジンであれば手間と手間がかかっていましたが、CocCoc では、ベトナム語に完全対応。ベトナム人にとって使い勝手が良いサービスとして現地で人気がじわじわと上昇しています。

<フィリピン>Googleが占める割合は95%:Yahoo!やbing、Baiduのユーザーも一定数存在

フィリピンの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Phillipine Oct 2017より数値をグラフ化
フィリピンの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share Phillipine Oct 2017より数値をグラフ化

フィリピンの検索エンジン市場では、Googleが占める割合が全体の約95%を占めています。そのほかには Yahoo!bing 、中国で大きなシェア率を誇る BaiduDuckDuckGo なども利用されていますが、いずれもわずかな割合を占めるにとどまります。0.06%を占めている WebCrawler は、上記で挙げたGoogle、 Yahoo!、bingのような有名検索エンジンを混合して活用することができる検索エンジンを指します。

<インド>Googleが97%のシェアを獲得:bingが約2%

インドの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share India Oct 2017より数値をグラフ化
インドの検索エンジンのシェア率(2017年10月):Statcounter Global Stats:Search Engine Market Share India Oct 2017より数値をグラフ化

インドの検索エンジン市場では 約97%がGoogle を利用しています。そのほかには bing が約2%を占めていますが、インドの検索エンジン市場においてもGoogleがずば抜けたシェアを獲得していることが把握できます。Seznam は、チェコで生まれた検索エンジンであり、インドだけでなくインドネシアでもわずかなシェアを獲得している検索エンジンです。

まとめ:東南アジアの検索エンジン市場 いずれもGoogleのシェア率が高い結果に

Statcounterのデータによると、東南アジアでは、中国を除きGoogleが主要な検索エンジンになっている模様です。しかし、ベトナムのCocCoc のようにその国にあった検索エンジンも開発されており、人気も上がってきているのでこういったポイントは頭に入れておくべきでしょう。多くの訪日外国人は検索エンジンを経由して訪日旅行に関する情報を収集しているため、インバウンドを誘致・集客する際には各国の検索エンジン市場に関して理解を深めておくことは重要なことです。

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「インバウンド動画プロモーション」の資料をDLして詳しく見てみる

「SNSを活用したプロモーション」の資料をDLして詳しく見てみる

「インフルエンサーマーケティング」の資料をDLして詳しく見てみる

「広告プロモーション」の資料をDLして詳しく見てみる

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!