飲食店向け予約台帳システム「TableSolution」を提供するVESPERがSMBCベンチャーキャピタルから1.5億円の資金調達を実施

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

日本発SaaSレストラン予約台帳システムとして海外展開をさらに加速

[株式会社VESPER]

越境飲食店ネット予約顧客管理台帳システム「TableSolution(以下、テーブルソリューション)」を提供する株式会社VESPER(本社:東京都中央区、代表取締役:谷口 優、以下:べスパー)は、SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:石橋 達史、以下:SMBCVC)を引受先とする第三者割当増資を実施し、1.5億円の資金調達を行いました。

 ベスパーが提供する越境飲食店ネット予約顧客管理台帳システムの「テーブルソリューション」は、2013年7月のサービス開始以来、世界中に展開する大手グローバルホテルチェーンや星付きレストランなど、約2,000店舗の飲食店に導入されています。また、今年6月には飲食業界の無断キャンセル問題を撲滅すべく「キャンセルプロテクション」をリリースし、業界で初めて初期・月額費用無料のクレジットカード決済機能を提供するなど、飲食業界の抜本的な改革にも着手しています。これら取り組みの結果、「テーブルソリューション」導入店舗の65%は他社システムからの乗り換えとなっており、業界を牽引する存在としてその優位性を実証しています。さらに、導入した店舗の利用継続率は99.8%※1で、導入後の予約実績や機能・操作性、サポート面において評価を得ています。なお、2017年10月時点で予約件数は前年対比で約3倍に増加しております。

 「テーブルソリューション」は現在14カ国語に対応し、海外11カ国のホテルレストランや飲食店で導入され、海外展開を実現しています。日本発のSaaSレストラン予約台帳システムとして初めてグローバルホテルチェーンの海外拠点で現地採用され、韓国ではコンラッドやグランド・ハイアット、パーク・ハイアットやヒルトンといったラグジュアリーホテル※2の全6軒で運用が開始されています。

 この度の資金調達により、「テーブルソリューション」のさらなる世界展開を加速させます。東南アジア地域のラグジュアリーホテルへの導入を足掛かりとし、2020年を目途に「テーブルソリューション」の海外2,000店舗、国内12,000店舗への導入を目指します。

 今後もベスパーは、「テーブルソリューション」の導入を加速し、世界中のレストラン・飲食店とレストランユーザー双方の満足度と利便性の向上に取り組んでまいります。

※1:月々の契約店舗数から「閉店」と「休止」以外の解約店舗数を除いた2017年4月~9月の平均値
※2:1.コンラッド・ソウル 2.グランド・ハイアット・ソウル 3.グランド・ハイアット・インチョン 4.パーク・ハイアット・ソウル 5.パーク・ハイアット・プサン 6.ヒルトン・プサン

【今回の資金調達について】
・資金調達額:1.5億円
・調達方法:第三者割当増資
・引受先:SMBCベンチャーキャピタル株式会社(本社:東京都中央区 代表取締役社長:石橋 達史)

【出資者からのコメント】
SMBCベンチャーキャピタル株式会社 投資営業第一部 次長 服部 将大氏
テーブルソリューション」は、フレキシブルで機能性に富んだプロダクトで、飲食店が抱える経営課題の解決と消費者のレストラン体験向上を実現すべく、日々進化を続けています。
谷口社長のビジョンとそれを実現する熱量、実績を重ねている営業チーム、ジョンCTOをはじめ、国際色豊かで優れたエンジニアチーム、これらに裏打ちされる国内外の超一流ホテル・レストランへの導入実績を高く評価し出資に至りました。国内でも数少ないグローバルで戦えるSaaS企業として今後の成長に期待をしております。
ベスパー社が掲げる「最高のレストラン体験」の実現の一助となれるようSMBCベンチャーキャピタルとして支援して参ります。

【株式会社VESPER(ベスパー)について】
「最高のレストラン体験を実現するためのプラットフォームを創る」ことを目的とし、メイドインジャパンでグローバルスタンダードを指向する飲食店・レストラン向け台帳管理システム「テーブルソリューション」を開発、提供。社内共通語は英語、世界各国から優秀なメンバーが集まり(2017年12月1日現在、12か国)、業界のイノベーターとしてマーケットをリードしています。世界中に展開する大手グローバルホテルチェーンを筆頭に、厳しい水準と高い信頼性を求める一流レストラン・飲食企業を取引先として抱え、日本国内にとどまらない事業展開を目指します。

■会社概要:株式会社VESPER
代表取締役:谷口 優
所在地:東京都中央区銀座2-14-5 第27中央ビル4F
設立年月:2011年3月
資本金:4億7,155万8,110円(資本金・資本準備金含む)※今回の増資を反映後
事業内容:レストラン、および飲食店の予約顧客管理、ネット予約の一元管理、多言語対応(14ヵ国語)、業界唯一のクレジットカード決済機能「キャンセルプロテクション」、集客ソリューションなどトータルマネジメントを実現するクラウドサービス「TableSolution」の開発・提供。
支社:3拠点(大阪、福岡、韓国)
URL: http://www.kkvesper.jp/
TableSolution: https://www.tablesolution.com/
TableCheck: https://www.tablecheck.com/

【代表取締役 谷口 優プロフィール】

1984年神奈川県生まれ。商社勤めの父親の影響で、幼少期の約10年間をシンガポールで過ごす。帰国後、早稲田大学政治経済学部に入学。2007年CyberSource日本法人(VISAの100%子会社)へ入社。国際的な統合決済管理プラットフォームで、営業・リーガル・経営企画など様々な業務に取り組む。
その後、2010年よりEnglish OK(のちに“ピクメディア”に社名変更)にて新規事業立ち上げに参画。2011年ベスパーを設立、CEO(最高経営責任者)に就任。テーブルソリューションを通して“最高のレストラン体験”を実現するため、現在も日々様々なレストランへの営業に奔走している。モットーは、「明日はないものと思うこと」。
趣味は、もちろん食べることであり、平均1日5食をこなす。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
【本件に関する報道関係者様からのお問合せ先】
株式会社VESPER/広報担当:仁木
TEL:03-5565-0112
FAX:03-5565-0118
E-mail:vesper-pr@kkvesper.jp

【本件に関する飲食店関係者様からのお問合せ先】
株式会社VESPER
TEL:03-5565-0112
FAX:03-5565-0118
E-mail:info@kkvesper.jp

株式会社VESPERのインバウンドソリューションについてより詳しい資料のダウンロードはこちら

飲食店予約管理システム「TableSolution」の資料をDLして詳しく見てみる

飲食店予約サイト「TableCheck」の資料をDLして詳しく見てみる

その他、インバウンド受け入れ環境整備についてより詳しい資料のダウンロードはこちら

「翻訳・多言語化」の資料をDLして詳しく見てみる

「多言語サイト制作」の資料をDLして詳しく見てみる

バーコードやQRコードを活用した多言語ソリューション「多言語化表示サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

お手軽に通訳対応できる「テレビ電話型通訳サービス」の資料をDLして詳しく見てみる

「訪日外国人向け道案内」の資料をDLして詳しく見てみる

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに