スクールやワークショップがインバウンド集客をするときの不安”ドタキャン”を保証!インバウンド&学習コンテンツに特化した予約プラットフォーム「oody (ウーディ)」とは?

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

既に訪日外国人にとってのトレンドとなった間のある「コト消費」ですが、海外から見ると日本文化の面白さ、奥ゆかしさなどへの興味は尽きることがないようです。こうした「コト消費」を観光資源として打ち出している観光地、地方自治体もありますが、もともと訪日外国人向けに日本文化の体験教室、スクールなどを開催しているスクール運営者にとっても、こうした「コト消費」の盛り上がりは歓迎すべき状態 だと言えるでしょう。

このような 体験教室、スクールなどと訪日外国人のマッチングサイト はいくつか存在しますが、今回はその中から 「学習」に特化し、今年2月末にローンチを予定しているインバウント向けスクールとワークショップの予約プラットフォームである「oody (ウーディ) をご紹介しましょう。

「oody (ウーディ)」の資料を無料でダウンロードする

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

oody (ウーディ)のターゲット層

異国の文化を知りたい、その国ならではの技術を追い求めたいと思っている訪日外国人は多いもの。最近日本にも多くの観光客が訪れるタイでは、観光客向けのタイ料理教室やマッサージ・レクチャーなどが日本人女性の間でも人気があります。こうした視点で日本を見ていくと、多種多様なジャンルで世界をリードしている日本は、外国人にとってはとても魅力的で、学びたいと思える選択筋が豊富なのです。

そんな中、oody (ウーディ)がターゲットにしているのは 親日感情を持つアジア圏の訪日外国人 で、その中でも旅慣れしている人、4泊から3か月位まで短期滞在するインバウント客がメインターゲット層 です。このターゲット層の中でも 自分磨き、勉強意欲を持つ20代半ば〜40代後半の社会人女性は、スクールやワークショップへの参加意欲が高い といいます。

oody (ウーディ)の仕組み

レッスン提供者側から見ると、レッスンの宣伝から予約の手続き、スケジュールの確認やサポートまで、oody (ウーディ)が対応する ため、一旦掲載された後は、基本的にはお客さんがその日にやってくるのを待つだけです。こうして訪日外国人の利用が増えるほどに口コミによる拡散、Instagram(インスタグラム)などをはじめとするSNSによる集客も期待出来ます。

また、その他大手サイトと比較すると、掲載内容を「学習」に特化しているため、サービスを利用する客層は「学習」を求めている方に限定されます。そのため、よりレッスン提供者側で集客したいと思っている層のお客さんを囲い込むことが可能です。またこうしたレッスンを提供する際に避けて通れない、教材や説明資料の翻訳ですが、英語、中国語への翻訳に関しては無料で対応 しています。

またこうした予約系サイトではどうしても発生しがちな 直前のキャンセルに関しても、oody (ウーディ)独自の仕組みでドタキャンの際は、レッスン代金の80%をoody (ウーディ)が保証。

さらに台湾や中国、韓国においては、人気の旅行ブロガーとのコネクションなどを保有、さらに台湾ではアウトドアツアー会社、留学サポート会社などとのコネクションもあるため、こうした独自のコネクション経由で、スクールについてマーケティングを行う事が可能です。国内においては人気のゲストハウスなどにフライヤー、チラシを置いてもらうことにより、訪日外国人に直接スクールの情報を知ってもらうことが可能です。

oody (ウーディ)では現在、スクール、ワークショップの登録を受付中

今までご紹介してきたoody (ウーディ)ですが、現在は 2月末のサービスローンチに向けて、訪日外国人向けの様々なスクール、ワークショップの登録を受け付け中 です。利用料は実際に予約が成立した時のみ発生する成果報酬型で、レッスン代金の20% となっています。新規登録費用、掲載料は一切かからないとのことですので、訪日外国人の集客に苦戦しているが、スクール、ワークショップ内容には自信ありというスクール、ワークショップの運営者にとっては朗報ではないでしょうか。

「oody (ウーディ)」の資料を無料でダウンロードする

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部PR

訪日ラボ編集部が企業のインバウンド対策向けのサービス訪日外国人観光客向けのソリューションや商品をご紹介。PR記事だからこそ、インバウンド事業に取り組む企業の事例や、その背景にあるインバウンド情報を、しっかりとわかりやすくお届けします!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに