ポイントは『低価格』と『治安の良さ』…最近のアジア・オセアニア圏の海外旅行者はどんな情報を欲しがっている? インバウンド集客する際に知っておきたい効果的な2つの旅マエPR方法を徹底解説

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

国によって旅マエに求めている情報の内容は違います。例えば、同じヨーロッパ諸国といえど、旅行先を選ぶにあたってイギリス人は「お得感」が伝わる情報を、ドイツ人は他人からの「レビュー・口コミ」を求めています。海外に向けて企業や自治体などが情報を配信する際、その国出身の人々が何を求めているのかに焦点を当てることでより効果的なPRが期待できるでしょう。

では、アジア・オセアニア出身の海外旅行客は、旅行をする際にどのような情報やレコメンドを欲しているのでしょうか。 スペインのIT企業Amadeusの資料をもとに説明していきます。

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

アジア太平洋の海外旅行者はどのような情報・レコメンドを求めているのだろうか?

旅行をする際、どのようなレコメンド・情報が役に立つと考えているのか(国籍ごと)参照:Amadeus:Amadeus Journey of Me Insights  What Asia Pacific travellers want (Continued) Q3. When you travel for leisure, what types of travel recommendations do you find most useful? より

旅行をする際、どのようなレコメンド・情報が役に立つと考えているのか(国籍ごと)参照:Amadeus:Amadeus Journey of Me Insights What Asia Pacific travellers want (Continued) Q3. When you travel for leisure, what types of travel recommendations do you find most useful? より

スペイン・マドリードに本社を置くIT企業Amadeusでは「Amadeus Journey of Me Insights」を作成しています。これは、Amadeus社がイギリス・ロンドンのリサーチ会社YouGovと共同で 2017年5月に実施 した調査をもとに作成された アジア太平洋地域の海外旅行者に関する調査レポート です。アジア・オセアニア14か国(オーストラリア・中国・香港・インド・インドネシア・日本・韓国・マレーシア・ニュージーランド・フィリピン・シンガポール・台湾・タイ・ベトナム)出身かつ過去1年間に飛行機で旅行した人6,870人が調査対象となりました。

上記の表は同レポートをもとに 各国の海外旅行者が旅行をする際にどのような情報・レコメンドを役に立つと考えているかについてまとまたもの です。この表から把握できることに関して解説していきます。

この図から把握できる2つのポイントとは?

① 「旅行出費の節約」の助けになる情報・レコメンドを欲しているアジア・オセアニア圏の旅行客

基本的にアジア・オセアニア出身の人々は旅行をする際に、「出費を減らしてくれる情報」を求めている ようです。表に表した12か国中8か国(オーストラリア香港インドネシアマレーシアフィリピンシンガポール台湾タイ)で同選択肢を回答した人がもっとも多い結果になっています。一般的にアジア・オセアニアの旅行客には「安さ」を含んだ情報を配信するのが効果的 かもしれません。

Amadeus Journey of Me Insightsによると、旅行をする際に安さやお得さを含んだ情報を求める傾向は特に マレーシア・ニュージーランド・フィリピンで顕著 だとのこと。

② ベトナム・インド出身の海外旅行者はとにかく安全を重視している模様

先述の通り、多くの国では「安さ」をベースにした情報が役に立つと考えられているようですが、ベトナム人インド人の海外旅行者においてはが「安全が確認できる情報・レコメンド」をもっとも必要としています。 インド人ベトナム人は海外旅行時に 「治安の良さ」を重視する傾向がある ことが把握できます。

また、「安全が確認できるもの」が2位にランクインしているように、中国人観光客も安全を重要視する傾向に あります。以前取り上げたように、近年の中国人観光客は旅行先を選ぶ際、「治安の良さ」をもっとも重視するようになっています。理由には 中国人観光客の80%が家族連れであること、近年テロや観光客を狙った犯罪が多発していること が挙げられます。

ここのような背景から日本を旅行先に選ぶ中国人ベトナム人インド人は近年増加しており、「治安の良さ」が日本のインバウンド市場にとって1つのアドバンテージであること は頭に入れておくべきでしょう。

高級志向・コト消費・安全の3つがキーワードに:2017年の中国の海外旅行トレンドまとめ

2017年3月の中国インバウンド市場では、約50.9万人で、3月として過去最高を記録しました。2017年3月までの中国籍インバウンド外客数推移中国から欧州や北米、豪州等へ向かう一部航空券の価格が大きく下がったことで、インバウンド需要が他国への海外旅行需要に流れてしまったことから、伸び率は前年同月比2.2%増にとどまりましたが、依然として日本のインバウンド市場における最大のターゲットとなっている訪日中国人観光客。中国人観光客の間で、2017年の海外旅行のトレンドはどのように変化していくのでし...

「治安の良さ」これは日本のインバウンドにとって一種の観光資源である:テロ脅威でフランスの観光収益が落ち込む一方、スイスでは「安全だ」と訪日旅

フランス外務省によると、2016年にフランスを訪れた外国人観光客の数は、おおよそ8,300万人 でした。前年と比較しても70万人増を記録。世界一のインバウンド誘致に成功しているフランスは順調に外国人観光客数を増やしているように思えます。しかし、CNNの記事によるとフランスを訪れた外国人旅行客の 旅行支出額は2015年、2016年と減り続けている とのこと。この裏には何があるのでしょうか。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?調査・リサーチに...

まとめ:アジア・オセアニアの旅行客向けの情報配信 上記のポイントを参考に

Amadeus Journey of Me Insightsによると、アジア・オセアニア出身の海外旅行客は、旅行をする際に基本的に 「旅行出費の節約」の助けになる情報・レコメンドを求めている ようです。「安い」「お得」こういったキーワードをもとにした情報配信には一定の効果がありそうです。一方、ベトナムとインド人の間では「安全が確認できる情報・レコメンド」を欲している ようです。近年、ベトナム人市場とインド人市場は日本のインバウンド業界で注目を集めているため、誘致・集客する際には「治安の良さ」をアピールした情報配信に可能性がありそうです。

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客の資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSを活用したプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサーマーケティング」の資料を無料でダウンロードする

「広告プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」


コロナ禍の収束後、インバウンド需要が順調に回復を続ける中、唯一回復が大きく遅れていた中国市場。

一方、ここ数か月の間は訪日中国人客数が順調に回復してきており、訪日旅行消費額も2024年1〜3月期では台湾を抜き、1位となったことがわかっています。

今、中国市場がどのような動向になっていて、今後どうなっていくのか、気になっている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は訪日ラボから、複数の中国SNSで在日中国人インフルエンサーとしても活動中の熊 孟華(ユウ モウカ)と、中国最大級の店舗・施設検索プラットフォーム「大衆点評」などを活用した中国向けプロモーションのコンサルティングを行う金子 泰士が登壇。

中国SNSや訪日プロモーションの「プロ」である2人が、気になる中国市場の最新トレンドについて語り尽くすセミナーをお届けします。

中国向けのインバウンドプロモーションに取り組んでいる方や、これから取り組もうとしている方は必見です!

詳しくはこちらをご覧ください
日本のインバウンド事業者が知らない「中国現地の最新旅行トレンド」

【インバウンド情報まとめ 2024年4月】3月訪日外国人数「300万人」突破 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年4月版レポートから、3月〜4月のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
3月訪日外国人数「300万人」突破 / 2月の世界航空需要、コロナ前から完全回復【インバウンド情報まとめ 2024年4月】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに