日本版DMO形成、観光地域づくりに資するマーケティングツール「観光予報プラットフォーム」2018年2月第3週末の観光予報、中国の春節(2月16日(金))の中国等からの訪日旅行者の動向

公開日:2018年02月09日

春節休暇期間における訪日旅行予約者(中国・台湾・香港からの訪日客)の宿泊先は、2017年に比べて地方に分散し、地方部の各地で前年比で150%以上と予想される市町村が多く見られます。

[公益社団法人日本観光振興協会]

2018年1月15日現在にみる2018年2月第3週末(2月16日~2月18日)の観光予報は、大阪、名古屋でかなり混雑が予想されており、札幌、山形、東京、那覇においても混雑が予想されています。全国的に混雑率が50%を超えている都市が多くなっています。全国の状況はこちらから https://kankouyohou.com/docs/newsrelease_20180205.pdf

1 2018年2月第3週末の主な観光地の観光予報

2 中国の春節(2月16日(金))の中国等からの訪日旅行者の動向
​​ ◆2018年春節の中国等からの訪日旅行者の動向

 中国の春節(旧正月、今年は2月16日(金))において中国では、大変な盛り上がりを見せます。7日間程度の休暇(2月15日~2月21日)となり、多くの旅行者がわが国へ訪れます。近年、その傾向は年々強くなっています。ここでは、観光予報プラットフォームによるデータをもとに、中国・台湾・香港からの春節7日間における宿泊者の予約動向を紹介します。

◆中国等からの訪日旅行者の宿泊先(市区町村別)

春節休暇期間における訪日旅行予約者(中国・台湾・香港からの訪日客)の宿泊先は、2017年に比べて地方に分散し、地方部の各地で前年比で150%以上と予想される市町村が多く見られます。
・また、地方部では、前年比で増加する市町村と減少する市町村の双方が広く分散分布している状況となっています。
・こうした傾向は、複数回の訪日により、大都市部等のメジャーな都市だけでなく、個別に魅力増進やプロモーションを実施している地方部へ分散しているものと考えられます。

3 サービスメニューのご案内(有料会員・宿泊データの活用) 

​ ◆有料会員メニューのご案内
​ 観光予報プラットフォームでは、より精度の高い宿泊データの提供に向け、宿泊取り扱いデータ数の拡充を宿泊取り扱い事業者様の協力を得るべく取り組んでいます。昨年11月からは、これまでに比べ3割増とデータ量を増やし、提供しています。また、広域行政圏などの広域エリアで観光振興に取組むDMOなどの支援などを目的に、最大10市区町村(県域を越えても設定可)での集計を可能とします。皆様の地域戦略へご活用ください。 

 ◆宿泊データの活用のご案内        
​ 観光予報プラットフォームでは、日本全体の宿泊データのうち、1億泊以上(2017年12月末現在)のサンプリングデータ(店頭、国内ネット販売、海外向けサイトの販売)を抽出し、宿泊者数実績、予測データを算出しています。データは都道府県または市区町村単位でご利用いただけます。

4 本リリース資料は下記よりダウンロードをお願いします。
https://kankouyohou.com/docs/newsrelease_20180205.pdf

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!