奥伊吹スキー場が開業48年目「過去最速タイ」で入場者数「100,000人」を突破!!

奥伊吹スキー場が開業48年目「過去最速タイ」で入場者数「100,000人」を突破!!

[奥伊吹観光株式会社]

滋賀県米原市にある関西最大規模の奥伊吹スキー場(https://www.okuibuki.co.jp/)が1970年からの開業48年目に「過去最速タイ」となる営業61日目で入場者数「100,000人」を突破しました。

2018年2月10日に4124人の入場を記録し、入場者数の合計は10万1157人。

10万1157人の入場者数は2月10日時点の関西のスキー場全体の中でトップ。2016年、2017年は暖冬、雪不足による影響を受け入込が落ち込みましたが、雪の多い今シーズンの好調な流れで、過去最多の入場者数を記録した2015年度の営業61日目での10万人突破(10万718人)に並ぶ、過去最速タイでの10万人突破(10万1157人)、営業61日目での入場者数は過去最多となりました。

今シーズンは2017年12月12日に滋賀県内最速のオープン。降雪量にも恵まれて、現在の積雪は「280センチ」。気温が低い日が続いていることで、人口降雪機の稼働日数も40日を超え、いつ滑りに行っても雪がある、安定したゲレンデコンディションの提供が出来ています。さらに今シーズンも気象予報サイト「ウェザーニュース」のスキー&スノボChのスキー場検索ランキングで「全国1位」を記録するなど、利用者からの高い注目も続いています。

 今シーズンは、プロのラジオDJが「ゲレンデ専用にトークや音楽配信を行う」奥伊吹ラジオDJステーションの放送日を月10日程度から毎日に拡充して楽しさを演出。1300席を構えるレストランでは「ローストビーフサンド」、「オニオンリングタワー」等の「インスタ映えする新メニュー」の提供。場内のショップでは、ウィンター用品やお土産の種類を「1.5倍」に拡充。また、接客講師を招いた「おもてなし力の向上」でリピーターを獲得するなど、スキー場全体の魅力アップを図っていることが好調に繋がっています。

1998年の1800万人をピークにスキー・スノーボードの人口は2016年の580万人(レジャー白書)と、3分の1まで落ち込む中、奥伊吹スキー場の入場者数はここ10年間で約「2倍」へと大きく集客を伸ばしています。
 平昌オリンピックが開幕し、ウィンタースポーツに大きな注目が集まる今シーズンの流れで、2015年に記録した16万5104人の過去最多の入場者数を超え18万人に迫る見込みとなっています。

【奥伊吹スキー場のトピックス】

・スキー場検索ランキング「全国1位」(ウェザーニュース スキー&スノボCh)
・積雪量世界一の伊吹エリアに位置
​・日本一の最大斜度46度コース(ニューチャレンジコース)
・関西最大級のスキー場
​・大阪、京都、名古屋から2時間圏内、都市近郊型の抜群の立地
・日本トップクラスの年間8000人が受講するスキースノーボードスクール
・オリンピック選手を輩出したモーグルコース(ソチ、バンクーバー、トリノ3大会連続オリンピック日本代表 伊藤みき 滋賀県出身)
​・2014年 最新の複合施設「センターハウス」開業(総工事費6億5000万円)
​・駐車場2700台、レンタル2500セット、レストラン1300席を完備

【奥伊吹スキー場の概要】
滋賀県の北部に位置し、関西最大級の規模と積雪量を誇るスキー場。京阪神・中京圏からのアクセスの良さと、標高の高さからの雪質の良さ、自然の地形を活かした全12コースで、日帰りのスキーヤー・スノーボーダーを中心にシーズン十数万人の来場者を集める。個人経営のスキー場という強みを活かし、スキー場に関わる全ての施設(索道施設、レストラン、レンタル、スクール、宿泊施設等)を自社で運営する。また、近年はリフトの新設、新コースの造成(最大斜度46度)、降雪機の導入、自動改札システム(ACS)の導入を行い、スキー不況が叫ばれているスキー場産業の現状を打開し更なる発展へと繋げていく為に、先端技術を取り入れた積極的な設備投資を行っている。

【施設概要】
施 設 名  奥伊吹スキー場
運営会社  奥伊吹観光株式会社
住  所  滋賀県米原市甲津原奥伊吹
電  話  0749-59-0322

【入場者数のデータ】
​10万人突破のデータ
2015年 10万 718人(2015年2月11日)
2016年  8万4597人(2016年3月27日営業終了 未到達)
​2017年 10万1325人(2017年3月月4日)
​2018年 10万1157人(2018年2月10日)

シーズン入場者数のデータ
2015年 16万5104人
​2016年  8万4597人
2017年 13万9338人

​【奥伊吹スキー場】
https://www.okuibuki.co.jp/

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!