SNSで発信するコンテンツ 成功の秘訣は『ひと気』!:人が紹介している写真や動画コンテンツが、濃いファンがつくポイント!熱狂的ファンを囲ったSNSメディアを確立しよう!

SNSで発信するコンテンツ 成功の秘訣は『ひと気』!:人が紹介している写真や動画コンテンツが、濃いファンがつくポイント!熱狂的ファンを囲ったSNSメディアを確立しよう!

こんにちは、ビヨンドの道越です。

もう3年近く日本の情報を海外に発信していますが、普通の広告や紙のチラシなどで掲載するコンテンツとは違った、SNSで発信する際にファンからアクションが得やすいコンテンツの秘訣 が分かってきました。今日は、SNSを使ったプロモーションや海外に情報発信する際に、効果が出やすいコンテンツの秘訣である、“ひと気” についてまとめてみたいと思います。

株式会社ビヨンドのインバウンドソリューション資料を無料でダウンロードする

SNS運用(Facebook)「海外向け集客・インバウンドマーケティングPRサービス」の資料を無料でダウンロードする

SNSで投稿するコンテンツは担当者や在日外国人などが、オススメを紹介しているスタンスで記事を作っていくと効果的!誰かが紹介している“ひと気”のあるコンテンツが重要。

今まで色々な業種や地方のPRを実施してきましたが、わかってきたのが、やはりただ商品の写真や風景の写真だけを綺麗に撮っただけの記事コンテンツよりも、担当者や、その土地に住む外国人などが、オススメのポイントやオススメ商品を語っていくスタンスが一番効果に繋がる なと感じています。

SNSはプライベートな空間なので、広告っぽいコンテンツは見られない・嫌われる傾向 が高いです。ただ、人が出演しているコンテンツってなんとなく目に止まりますよね。そして、海外の方は特に、異国の地である日本の情報に対して親近感を持ってもらうためには、“誰かが紹介している”という安心感と親近感 が重要になります。

毎回コンセプトなく様々な情報を発信していくよりも、同じ担当者が、毎回オススメの商品やスポットを紹介していくことで、信頼感・親近感も増しますし、その人のファンにもなってくれ、結果的に、ページの熱狂的ファンになってくれる のです。

ここで具体的に私たちが今までやってみて、効果のあった“ひと気”コンテンツをご紹介したいと思います。

“ひと気”のあるコンテンツとは?

では、実際に自分たちで“ひと気”のあるコンテンツを作っていく際に、どのように作っていけばいいのでしょうか?具体的な事例をいくつかご紹介したいと思います。

“ひと気”のあるコンテンツケースその①:担当者や広報担当がオススメスポットを紹介していく

これはどこの企業や自治体でも取り組みいやすいと思うのですが、広報担当の方や現場のスタッフさんで担当を決め、その方が毎回おすすめのスポットや商品、自社サービスのおすすめのポイントを紹介していくスタンスで配信していくと、その人にもファンがついて来るようになりますし、外国人の方が、投稿に話しかけてくれるようになったりと、熱狂的ファンがついてきます。

やはりそのページの運営者が何者なのかが見えるというのがすごく重要なポイントで、ただいいねがついて終わりではなく、実際の集客にも繋がってきます。スマホで撮ったレベルの短い動画や写真でも構いません。ぜひ、元気のいいスタッフやSNSが好きなスタッフがいたら担当を任せてみてもいいかもしれません。

“ひと気”のあるコンテンツケースその②:外国人スタッフや在日外国人レポーターが自分の好きなオススメを紹介していく

これも、とても熱狂的ファンがつく例なのですが、ターゲットとする国の国籍の外国人スタッフや在日外国人の方が、外国人目線で自分の好きなポイントやオススメスポットを紹介していくというコンテンツ も、外国人の方にとっては、とてもリアリティがあり、とても盛り上がるメディアになりやすいです。

外国人スタッフさんがいれば、任せてみたらいいと思います。またはその土地が好き・日本が好きな在日外国人の方に毎週おすすめのスポットを紹介してもらうなどのコンテンツもとても面白いとおもいます。こちらもスマホで撮った動画でも構わないので、リアル感があるコンテンツがベストです。

“ひと気”のあるコンテンツケースその③:体験者や来場者へのインタビュー

これもとても効果が高いコンテンツですが、実際に自分たちの商品を使ってくれた人(インバウンドの場合は外国人の方だとなおよし!)や、実際に来場して楽しんでくれた人へのインタビューを動画や写真とコメントで記事にしていく のも効果的です。これは一回で終わりではなく、定期的に発信していくことが効果的です。SNSにて動画で発信する際は、長くなりすぎないよう、1分前後 で収まるようにするといいと思います。

“ひと気”のあるコンテンツケースその④:スタッフの紹介コーナー

やはり、どんな人が運営しているか、どんな人と触れ合えるかを、見ている外国人の方は気にしています。お店のスタッフや経営者、キーマン、ガイドさん、受付の方、など、定期コンテンツとして様々なスタッフさんの紹介コーナーを設けて発信していくと、信頼感・親近感が生まれ、実際に会いにきてくれるようになります。是非試してみてください。

“ひと気×動画×SNS“が最強!自分たちだけのミニチャンネルを作って、熱狂的ファンを訪日前から囲いこもう!

このようにいくつか事例をご紹介させていただきましたが、定期的に継続的にSNSを使って、ひと気のあるコンテンツを発信していくことで、楽しみにみてくれる熱狂的ファンが増えてきます。そういったファンたちとしっかりコミュニケーションを取ることで、他にはない自分たちのファンであり潜在顧客を囲った熱いメディアとなっていきます。特に、今はSNSと動画の相性がとてもいいので、是非定期的に動画のコンテンツを取り入れることをお勧めします。

動画のコンテンツというと、撮影や編集など手間がかかる・スキルが必要なのでは?とハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、スマホで撮った30秒くらいの動画の方が、SNSでは(特に海外では!)アクションが多く得られたり、効果が高かったりします。

予算をかけてがっつり作り込んだ動画を1本配信するよりも、短い動画でも定期的に配信していくことが重要 です。それが自社チャンネルのようなメディアになり、楽しみにみてくれるファンがついて来るのです。これはただ商品の写真や風景の写真だけをひたすら投稿しているだけでがななかなか難しいです。是非、運営者の顔が見える・キャラが見える、“ひと気”のあるコンテンツにチャレンジしてみてください。

まとめ

今回は、私が毎回セミナーで熱弁している“ひと気”のあるコンテンツの重要さについてお話させていただきました。まずはどういう情報を発信していきたいのか、どういうブランディングをしていきたいのか、しっかりコンセプトや方向性を決めたら、是非担当者を決めて、一貫的な“ひと気”コンテンツを定期的に・継続的に発信していくことをお勧めします。それがインバウンドのSNS戦略では、実際の集客に繋がる重要なポイントだと私は確信しています。また実際の事例なども今後ご紹介していきたいと思います。コンテンツ作りやプロモーションについてはいつでもご相談くださいね!では、次回もお楽しみに!

株式会社ビヨンドのインバウンドソリューション資料を無料でダウンロードする

SNS運用(Facebook)「海外向け集客・インバウンドマーケティングPRサービス」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

株式会社BEYOND

株式会社BEYOND

株式会社BEYOND 代表取締役兼SNSマーケティング・インバウドマーケティングプロデューサー、道越 万由子。新卒から10年以上IT業界でWEBマーケティングに従事し、インバウンドPR・SNSマーケティングプロデューサーとして活躍。2015年より、海外・SNSマーケティング事業を立ち上げ、自治体や大手企業の海外マーケティングの運営やインバウンド集客の100社以上のプロデュースに携わる。また、現在は日本のインバウンドをSNSで盛り上げるため社団法人JIF日本インバウンド連合会の理事なども務め年間50回以上全国の自治体や企業向けにも多数講演を実施。