SNSの口コミ「旅マエ・旅ナカ・旅アト」に書き込まれるコツとは?仕組みづくりと事前のPRが重要!

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

口コミは消費者や旅行者の心理に影響を与えます。最近ではインターネットサービスの日常化や、SNSの利用シーンの拡大に伴い、より存在感を増しています。

SNS活用によるインバウンド向けプロモーションを手掛ける、ビヨンドの道越氏に口コミを生み出しSNS上にシェアしてもらえるポイントをまとめていただきました。


こんにちは、ビヨンドの道越です。

私たちはFacebookやInstagramなどのSNSを活用して、旅マエの外国人や、今日本に来ている外国人旅行客にターゲティングし情報発信をする事が多く、得意としています。

SNSを活用したプロモーションにおいては、旅前の情報発信で、まずは しっかりターゲットに自分たちを知ってもらう事が重要 なのと、もう一つ大事なことは、実際に来てくれてから口コミで広げてもらえる仕組みをどう作れるか が重要だと最近すごく感じています。

昨年は“インスタ映え”というキーワードも流行しましたが、SNSで拡散した理、ファンになりたくなるようなコンテンツ作りや、仕掛けつくりは、継続的に集客をしていく上で、とても必要になってくると思います。旅前のプロモーションから旅後のシェアまでをセットで考えて、戦略を立てていきましょう!

株式会社ビヨンドのインバウンドソリューション資料を無料でダウンロードする

SNS運用(Facebook)「海外向け集客・インバウンドマーケティングPRサービス」の資料を無料でダウンロードする

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

口コミが生まれる現場にはまず「外国人の満足」3つのシェアしたくなる仕組み

さて、実際に外国の方が来てくれてからの口コミしてもらえる仕組み作りが重要だと言いましたが、まず大前提として、当たり前ですが、来てもらったからには、ちゃんと提供するサービスやスポット、商品に満足してもらうこと が、必須になります。

これは外国人に対してだけではなく、日本人に対してでも同じ事ですよね。商売の大前提ですが、ここのおもてなしの気持ちは忘れないで欲しいなと思います。

あとは、いかに来てくれた人がSNSにアップしたり、友達にシェアしたくなる仕組みやコンテンツを作れるかが、勝負になります。

では、私なりに色々とやって見て効果があったものをいくつかご紹介したいと思います。

1. 撮影にオススメのベストスポットをPR

これは、すぐにできるし、どこでも工夫次第でできる事なので、本当にオススメです。

例えば、朝日や夕日が綺麗に見える絶景ポイントや、SNS映えするスポットがあれば、そこで写真撮影を促すように、ベストスポットとしてオススメする などです。

また、絶景が撮影できるスポットなどには、“ここがベスト撮影スポットです!”という、看板や案内を立ててあげる などすると、外国人の方でもわかりやすいし、親切ですよね。

事前にSNSやホームページなどで、ベストスポットをPRしておく のも、効果的だと思います。

もし撮影スポットが思いつかない場合は、撮影スポットを作ってあげるのも一つの手ですよね。

とにかく撮影してシェアしたくなるスポットを作る&PRしていきましょう。

2. SNSのフォローやシェアで特典がある仕掛け作り

これは、とある飲食店さんで大成功していた事例です。

店舗のテーブルの上などに自社のfacebookやInstagramのアカウントへリンクする、QRコードなどのポップやチラシを置いておきます。

そして、“友達になってもらったりシェアしてくれたら割引などの特典あり” などの仕掛けを作っておくと、海外の方は意外とアクションしてくださいます。

ここで、店舗でのサービスやお料理、勝負コンテンツを投稿してもらえたらいいですよね。

QRコードは無料で作れますので、是非取り入れてみてください。

3. 現場スタッフが撮影してあげる&SNS投稿も呼びかける

現場の方やスタッフさんの協力は必要ですが、これもとても効果的です。自撮りで撮影している外国人の方をよく見かけますが、オススメのアングルで撮影してあげたり、こちらから積極的に「写真撮りましょうか?」と声をかけると、とても喜ばれます

お店のpopを持って、撮ってもらってもいいですし、なんなら「一緒に撮りましょう!」と言うとなおよろこばれます。

やはり海外の方は、日本で現地の人たちとの触れ合いやコミュニケーション を求めていますので、積極的にこのようなコミュニケーションを取ってあげることで、満足度もグンと上がります。

また帰りがけに“良かったらSNSでも紹介してね!”とか、一声かけてあげるだけでも、大分効果につながってくるので、是非始めてみてください。

口コミが生まれる仕掛けができたら、SNSでも情報をPR

さて、SNSでシェアしてもらえる仕掛けが用意できたら、今度は、旅前から「こんなスポットがあるよ」「こんなスタッフがいるよ」「こんなキャンペーンをやっているよ」と言うことを事前にどんどん情報発信 していきましょう。

まさにfacebookなどのSNSでその情報や、実際に来てくれた外国の方の感想や声を発信していくだけでも、行きたくなるコンテンツとなります。

是非、旅前の情報発信・旅中・旅後の口コミまでをトータルで設計し、ガンガン発信して行きましょう!

まとめ

今回は、私たちがずっと長年取り組んで来た旅前からの情報発信に加えて、最近とても重要だと思っている旅後の口コミという事をテーマにお話ししました。

まずは、自分たちのサービスや商品を磨きながら、満足してもらうこと。そして、積極的に外国のお客さんたちとコミュニケーションを取る事 を心がけてみてください。

必ずそのコミュニケーションが満足に繋がり、口コミで満足が広がり、またその方のお友達や家族が来てくれるようになります。是非、旅前の情報発信・現場での満足・旅後の口コミまでをトータルで考えて取り組んでみてくださいね!次回もお楽しみに!

株式会社ビヨンドのインバウンドソリューション資料を無料でダウンロードする

SNS運用(Facebook)「海外向け集客・インバウンドマーケティングPRサービス」の資料を無料でダウンロードする

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

株式会社BEYOND

株式会社BEYOND

株式会社BEYOND 代表取締役兼SNSマーケティング・インバウドマーケティングプロデューサー、道越 万由子。新卒から10年以上IT業界でWEBマーケティングに従事し、インバウンドPR・SNSマーケティングプロデューサーとして活躍。2015年より、海外・SNSマーケティング事業を立ち上げ、自治体や大手企業の海外マーケティングの運営やインバウンド集客の100社以上のプロデュースに携わる。また、現在は日本のインバウンドをSNSで盛り上げるため社団法人JIF日本インバウンド連合会の理事なども務め年間50回以上全国の自治体や企業向けにも多数講演を実施。

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに