京都のホテル 宿泊客の「4割」がインバウンドという驚きの結果 調査開始以来初の4割超え:2017年の京都のインバウンド市場で知っておきたい5つの数値

公開日:2018年04月04日

公益社団法人京都市観光協会では、2014年から京都市内の36の宿泊施設の協力を得て、国・地域別のインバウンド宿泊状況に関する調査を行っています。2018年2月末に発表された2017年分の調査結果をもとに京都市内の訪日外国人観光客の宿泊動向をご紹介します。

京都のインバウンド満足度 脅威の98.1%、不満点は「観光名所全部見きれない」:京都観光総合調査から見る京都のインバウンド 前編

日本人だけでなくインバウンドからも人気の高いのが春の京都です。桜、神社、仏閣などに加えて日本食なども楽しみにしている観光客が多く、さらに「都をどり」「京おどり」などの人気の高い祭りも数多く開催されます。そのような京都を訪日外国人観光客はどのように捉えているのかを、京都市がまとめている「平成27年度 京都観光総合調査」から2回に分けて見ていきます。1回目は「外国人観光客の満足度」について見ていきます。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?訪日...

京都のインバウンド満足度 脅威の98.1%、不満点は「観光名所全部見きれない」:京都観光総合調査から見る京都のインバウンド 前編

日本人だけでなくインバウンドからも人気の高いのが春の京都です。桜、神社、仏閣などに加えて日本食なども楽しみにしている観光客が多く、さらに「都をどり」「京おどり」などの人気の高い祭りも数多く開催されます。そのような京都を訪日外国人観光客はどのように捉えているのかを、京都市がまとめている「平成27年度 京都観光総合調査」から2回に分けて見ていきます。1回目は「外国人観光客の満足度」について見ていきます。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?訪日...

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする

40.5%:京都の宿泊施設の利用者のうち、インバウンドが占める割合

客室稼働率・利用割合(年間):平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

客室稼働率・利用割合(年間):平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

2017年に京都のホテルや旅館に宿泊した人のうち、40.5%は訪日外国人観光客 でした。京都の宿泊施設の利用者のうち訪日外国人観光客が占める割合は、年々増加し続けています。2014年には28.9%であったインバウンド比率は、2017年に は 10ポイント以上増加 したかたちになります。年々、増加する訪日外国人観光客に併せて、人気観光地である京都の宿泊施設のインバウンド需要は上昇していることが把握できるでしょう。2017年の客室稼働率(88.8%)に関しては、2016年と比較すると0.1ポイント下がったかたちにはなりますが、ここ4年間で大きな差は見られず80%台後半で推移しています。

46.6%:京都に宿泊したインバウンドのうち中華圏出身者が占める割合

外国人宿泊客に占める国・地域別割合(構成比):平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

外国人宿泊客に占める国・地域別割合(構成比):平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

2017年に京都市内の宿泊施設を利用した訪日外国人観光客のうち、もっとも多かったのは 訪日中国人観光客 でした。全体の 23.9% のシェアをしめる結果になりました。2番目に多かった訪日台湾人観光客(18.0%)、5番目に多かった訪日香港人観光客(4.7%)を含めると、京都市内のインバウンド宿泊者のうち 46.6%が中華圏出身の訪日外国人観光客 となりました。

75.7%:最閑散期における京都市内の宿泊施設の客室稼働率

月別繁閑差:平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

月別繁閑差:平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

京都市内の宿泊施設の間でもっとも集客率が低い月(最閑散期)は例年1月となっています。2017年1月における客室稼働率は75.4% となっており、先述の年平均の客室稼働率(88.8%)と比べると、10ポイント以上低い結果にはなりますが、75.4%という最閑散期における客室稼働率は2016年よりも 4.3ポイント高い数値 です。

背景には、2017年における春節(旧正月)が例年よりも早く1月よりスタートしたこと が挙げられます。春節(旧正月)中の1月には多くの中華圏出身の訪日外国人観光客が京都を訪れたために、客室稼働率が上昇したことが予測できます。春節(旧正月)のような大きなイベントは、インバウンド市場にとって大きな影響を及ぼしうるものであることが把握できます。

いよいよ春節開始!2018年は650万人の中国人が海外旅行へ!訪日旅行が最も人気だった今年押さえておきたい「春節×観光」の5つのデータとは?

2017年の訪日外国人観光客は2,869万人を記録し、国籍別にみてみると訪日中国人観光客は全体の 約25% にあたる 約735万人 を占めるかたちになりました。このように 訪日中国人観光客は日本のインバウンド市場においてもっとも重要なターゲットとなっています。中国での 海外旅行シーズンは「春節(旧正月)」と「国慶節」の2つ です。今年は2月16日の金曜日から始まる春節(旧正月)ですが、今年の春節(旧正月)の中国人観光客の海外旅行動向に関して、インバウンド担当者はどのようなことを頭に入れてお...

25%:4月に京都の宿泊施設を利用する訪日客のうちヨーロッパ出身者が占める割合

国籍・地域別構成比(月別):平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

国籍・地域別構成比(月別):平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

4月に京都の宿泊施設を利用する訪日外国人観光客のうち25%はヨーロッパ出身者 が占めます。背景には イースター(復活祭)の存在 が関係しているでしょう。イースター(復活祭)とは、イースター(復活祭)とは、十字架にかけられ亡くなったキリストが、その後3日目に復活したことを記念するキリスト教で最も重要な祭日を指します。例年、3月22日から4月25日の間のいずれかの日曜日に実施され、2017年においては4月16日がイースター(復活祭)にあたります。 イースター休暇需要×桜(花見)需要の相乗効果 で、訪日アメリカ人観光客や、訪日カナダ人観光客訪日イギリス人観光客など欧米圏の訪日外国人観光客数は増加に転じる傾向にあります。こうした傾向が、この数値にも反映されているといえるでしょう。

欧米版春節!? 今週末は桜と「イースター」で欧米系インバウンド需要がピークに

この1週間、特に東京や大阪などのインバウンド主要観光地で欧米系訪日外国人観光客をよく見かけませんでしたでしょうか?それもそのはず、今週末 4月16日にはキリスト教の祭日である「イースター(復活祭)」があり、このシーズンは、イースター休暇に桜(花見)需要の後押しが重なった欧米系訪日外国人観光客のインバウンド需要ピークになるのです。 目次イースター(復活祭)とは:キリスト教で最も重要な祭日イースター×桜で欧米系インバウンド需要がピークを迎えるイースターの時期の各国の訪日数は?まとめ:各国特有の...

52.0%:京都に宿泊した訪日韓国人客数の対前年比伸び率

2017年 京都36ホテル・伸率(国・地域別):平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

2017年 京都36ホテル・伸率(国・地域別):平成29年(2017年)外国人客宿泊状況調査(年間集計)公益社団法人京都市観光協会より

2017年に京都市内の宿泊施設に宿泊した訪日外国人観光客の中で、対前年比の宿泊者数の伸び率がもっとも大きかったのは 訪日韓国人観光客 でした。2016年と比較すると、+52.0%訪日韓国人観光客京都市内の宿泊施設に宿泊した結果になりました。

そのほかでは、訪日香港人観光客(+19.7%)、訪日オーストラリア人観光客(+16.4%)、訪日中国人観光客(+14.9%)などアジア・オセアニア圏出身の訪日外国人観光客の間でも宿泊者数は順調に増加しました。対して、欧米圏では、宿泊者数の伸び率一桁台と控えめな模様。 訪日フランス人観光客(-2.7%)、訪日ドイツ人観光客(-3.7%)など、宿泊者数に減少が見られた地域も存在しています。

【その額なんと1兆円】京都市

2017年12月15日、京都市産業観光局は「観光消費額に係る京都市域への経済波及効果等について」を発表しました。これは、2016年に観光産業によって産み出された消費額の京都市域への経済波及効果などをまとめたもの です。多くの世界遺産や四季折々の豊かな自然など多くの観光資材をもつ京都には2016年、観光産業によってどれほどの経済効果がもたらされたのでしょうか。キーとなる数値をいくつかご紹介します。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?「調査・...

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする

「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インフルエンサープロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「SNSプロモーション」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドメディア」の資料を無料でダウンロードする

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!