環境省と訪日旅行専門の旅行会社TASが、国立公園オフィシャルパートナーシップを締結

環境省と訪日旅行専門の旅行会社TASが、国立公園オフィシャルパートナーシップを締結

[TAS]

東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を展開する株式会社ティ・エ・エス(本社:東京都中央区、代表取締役:平世 将夫、以下 TAS)と環境省は、国立公園オフィシャルパートナーシップを締結いたしました。

東南アジアを中心とした訪日旅行(インバウンド)専門の旅行事業を展開する株式会社ティ・エ・エス(本社:東京都中央区、代表取締役:平世 将夫、以下 TAS)と環境省は、国立公園オフィシャルパートナーシップを締結いたしました。

■国立公園オフィシャルパートナーシッププログラムとは
政府の「明日の日本を支える観光ビジョン」を受けて立ち上げた、訪日客獲得のための「国立公園満喫プロジェクト」(http://www.env.go.jp/nature/mankitsu-project/ )の一環として、環境省と企業又は団体が相互に協力し、日本が世界に誇る国立公園の美しい景観と、国立公園に滞在する魅力を世界に向けて発信し、国内外からの国立公園利用者の拡大を図ることで、人々の自然環境の保全への理解を深めるとともに、国立公園の所在する地域の活性化につなげるためのパートナーシッププログラムです。

■TASとしての取り組み
・国立公園および周辺地域を観光ルートとした訪日旅行商品の造成・提案・販売
・海外の旅行会社のファムトリップに関する支援
・TASが運営する訪日観光客向けのメディア 「ZEKKEI Japan」( http://jp.zekkeijapan.com/ )とその
Facebookページ等を活用した海外PR
※国立公園特集ページ
http://jp.zekkeijapan.com/article/index/981/?status=1

TASが持つ世界中の旅行会社とのネットワークや、訪日旅行者向けのメディアを最大限に活用し、国立公園の魅力を世界に向けて積極的に発信・誘客につなげていきます。

■TASとは
株式会社ティ・エ・エスは、1979年に創業された訪日旅行に特化した旅行会社です。TASでは、東南アジアを中心に、南アジア・欧米・中東など世界50カ国以上からの訪日旅行を取り扱う「訪日旅行事業」、海外の旅行会社向けに予約システムを提供する「オンライン旅行事業」、訪日外国人向けサイトZEKKEI Japan を運営する「メディア事業」、歴史的・文化的に価値ある施設等の利活用を推進する「ReValue事業」の4つの事業を展開しています。
URL: https://tas-japan.net/jp/

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる

「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする

「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする

「インバウンドデータ」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!