まずはこれから始めよう「SNSで口コミしてもらえる たった6つの仕掛けの作り方」…SNS映えするコンテンツと仕掛け作りが、これからの訪日外国人向けマーケティングでは超重要!

まずはこれから始めよう「SNSで口コミしてもらえる たった6つの仕掛けの作り方」…SNS映えするコンテンツと仕掛け作りが、これからの訪日外国人向けマーケティングでは超重要!

こんにちは!ビヨンドの道越です。

久々の記事になりますが、今日はここ最近ずっと思っていて、皆さんに伝えたかった、SNSでシェアしてもらえる仕掛けづくりについてお話ししたいと思います。

旅中・旅後で、いかに口コミ・シェアしてもらえる仕掛けを作れるかが継続的に観光客に来てもらえる、また、自然と拡散していく上で、とても重要なことだと最近強く実感しています。

旅前からの情報発信や、実際に来てもらってから、ちゃんとサービスに満足してもらうことは大前提ですが、その後に、いかに写真を撮って自分のSNSへ投稿してもらえるか、友達や知人・家族にシェアしてもらえるかがこれからの企業や自治体にとって、持続的に観光客を増やして行くためには、とても重要なポイントだと思います。今日は、その手法についても少し紹介してみたいと思います。

株式会社ビヨンドのインバウンドソリューション資料を無料でダウンロードする

SNS運用(Facebook)「海外向け集客・インバウンドマーケティングPRサービス」の資料を無料でダウンロードする

現場に来てもらって満足してもらう事は必須!後は、シェアしたくなる仕組み作りを!

SNSがこれだけ世界中に普及した今、事前に誇大訴求をしすぎて、実際に来たらがっかり、想像と違ったなどの大きなギャップがあると、逆にマイナスの口コミが拡散されてしまうリスクもあります。本当に、もう嘘がつけない時代になったなと思います。

ですから、誠実に良いサービスを提供して、来て満足してもらう事は、大前提です。大満足してもらったら、そこで“ああ楽しかった”で終わりではなく、いかに自分のSNSで投稿してもらえるか、シェアしてもらえるかで、その後の広がりが大きく変わって来ます。

インバウンドでは、同じ外国人旅行客が、何度も何度も同じところに繰り返し来てもらうというのは、とてもハードルが高いと思います。ですので、一人の旅行客にちゃんと楽しんで、感動してもらい、母国の友人や家族にシェアしてもらう事で、その人の周りの人に伝わります

これは、第二のリピーターとも呼べると思うのですが、この広がりが、どんどん口コミ呼び、拡散され、継続的に新たな旅行客を呼び込む仕掛けになっていきます。   とはいえ、どんなことができるのでしょうか?私なりに思う、できる事を以下にまとめてみました!

SNSで口コミしてもらえる仕掛けを作ろう!

SNSで口コミしてもらえる仕掛けその①:オススメのベスト撮影スポットをPRする

やはり、皆さんもそうだと思いますが、絶景やここでしか見られない風景・景色は、誰でも写真に撮りたくなりますし、シェアしたくなるものです。

あなたのお店や地域にも、絶景やSNS映えするスポットが必ずあるはずです。夕焼けが綺麗に見える場所や、お花が綺麗に咲いている場所、朝日が綺麗に見える場所、桜とお寺が一緒に撮れるスポットなど、探せば絶景スポットは必ずあるはずです。

ここから撮影するのが、おすすめ撮影スポットですよ!という情報を、事前にSNSやHPで発信してあげたり、店内や現地で告知してあげても良いですし、可能であれば、“ベスト撮影スポット”というポップや看板を、撮影場所に直接貼っておくのだってありだと思います。

是非、あなたのおすすめの写真撮影スポットを見つけて、教えてあげたり、声をかけてあげたり、知らせてあげてくださいね!これが長い目で見たときに、自然な口コミを生む大きなポイントになります。

オススメのベスト撮影スポットをPRする

オススメのベスト撮影スポットをPRする

SNSで口コミしてもらえる仕掛けその②:現場や店内に、シェアしてくれたら割引などの特典ありなどのPOPを設置する

これは、店舗や施設がある場合は、現場で是非おすすめしたい仕掛けなのですが、店内や施設内に、自社のSNSアカウントの友達になってもらったり、ここでの記事を投稿・シェアしてくれたら、その場で“ビール1杯プレゼント!”や“5%オフ!”などの特典をつけてあげると、意外と海外の方はその場でシェアしてくれる傾向が高いです。

ポイントは“その場で”の特典をあげる事です。次回使える特典では、効果がありません。海外の方は、次にいつ来るかはわからないので、その場での特典にする事が大事です。

無理して大きな割引をする必要はありません。ちょっとしたお土産や少しの割引でも構いません。お店に簡単なポップを置いておいてあげるだけでも、だいぶ変わると思います。

私の知り合いのお店さんで、銀座にある外国人客が急増している、“牡蠣Bar”さんは、この手法を取り入れて実際大成功しています。

️牡蠣Bar:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13157400/

(以下写真参照)そんなに手間もかからないで、取り組みやすい施策だと思うので、是非やってみてくださいね!

現場や店内に、シェアしてくれたら割引などの特典ありなどのPOPを設置する

現場や店内に、シェアしてくれたら割引などの特典ありなどのPOPを設置する

SNSで口コミしてもらえる仕掛けその③:現場スタッフが写真を撮ってあげる。一緒にも良い。

スポットやサービスを象徴するような場所(看板の前やサービスがわかりやすい場所など)で、積極的に、“写真を撮りましょうか?”と声をかけてあげてください

やはり、自分や人が写っている写真はシェアしたくなるものです。こちらからこのようなコミュニケーションを積極的に取ってあげるだけで、満足度も大きく変わってきます。

また可能であれば、関係ができていたり、仲良くなっていたら、一緒に写真を撮る事をおすすめします。海外の人は日本の人、現地の人とのふれあいを求めています。是非、積極的にコミュニケーションを撮ったり、その場らしい衣装を来て、一緒に写真を撮るというコミュニケーションを入れてみてください。

SNSで口コミしてもらえる仕掛けその④:現場でも良かったらシェアやレビューを書いてねと声がけする。

これも比較的すぐにできる施策かと思うのですが、現場のスタッフさんが、帰りがけに一言丁寧にお礼をし、「SNSやトリップアドバイザーのページもあるので、良かったらシェアやレビューをいただけたら嬉しいです」と、一言付け加える事で、だいぶ書いてくれる率も高くなります。

ただ、これはサービスやおもてなしに満足している事が大前提になります。お客様の満足度を決めるのは最後の接客や挨拶だとも言われています。最後に丁寧な挨拶やコミュニケーションを取り、満足していただけているようであれば、上記のような一言を感じよくおすすめしてみる事も効果に繋がるかと思います。

実際に、私のクライアントさんで、外国人向けのツアーを提供されている企業様でも、現場スタッフが最後に、このような“良かったらレビューを書いてくれたら嬉しいです”という一言を加えるようになってから、SNS上にレビューを投稿してくださるお客様が断然多くなりました。そのレビューがまた新しいお客様を呼ぶ大きな材料となっています。

日本人は謙虚なので、こういう事をお勧めするのは少し躊躇してしまうかもしれませんが、良いサービスとおもてなしを提供しているという自負がある場合は、是非試してみてください。

SNSで口コミしてもらえる仕掛けその⑤:SNS映えするスポットやコンテンツを作る

これは、日本国内でもそうですが“インスタ映え”というキーワードをよく耳にしますね。そう、このいかにインスタやSNSであげたくなるサービスや商品、コンテンツを作れるかもとても重要です。

インスタ映えするかわいいデザートやメニュー、インスタ映えするオブジェや背景、看板があるスポットを作る。または、その土地や日本っぽいデザインの衣装をスタッフが着る、または旅行客が着物や浴衣、日本っぽい衣装を着られる、日本ぽい体験ができるなども、SNS映えコンテンツになります。

是非、ついSNSで自慢したくなる、コンテンツを考えてみてください。

SNS映えするスポットやコンテンツを作る

SNS映えするスポットやコンテンツを作る

SNSで口コミしてもらえる仕掛けその⑥:顔はめパネルもバカにできない

よく地方などの観光地にある、顔はめパネル。日本人は最近ではあまり、顔をはめて写真を撮ることも少ないだろうと思いがちですが、全国の観光地を見ていると、結構外国人旅行客の方やご家族の方は、顔はめパネルで楽しそうに写真を撮っています。

ちゃんとその土地やスポットを象徴する、わかりやすい顔はめパネルなら、まだまだ有効だなと思います。

いくつかを抜粋してあげてみましたが、考え方次第でいくらでも工夫できそうですよね。難しく考えなくても、すぐに始められることもたくさんあると思います。是非観光客や外国人旅行客の目線や気持ちになって、SNSで投稿・シェアしたくなる仕組みを考えてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今までは旅前からの情報発信の重要さをお話ししてきましたが、最近来てからの口コミが広がらないと、一時的な集客だったり、継続的な広がりを作っていくのは時間がかかるし難しいなと思っています。

いかに、来てもらって満足させるかは、大前提でとても大事ですが、上記のような仕組みを考えたり、積極的にコミュニケーションを取っていくことで、満足度やレビューの書き込み、口コミでの拡散でその後の広がりは大きく変わって来ます。

これからは、継続的にオリンピックの後も自分たちの地域やスポットに来てもらうために、情報発信・来てからの満足、その後の口コミまでをトータルで考えて、設計していきましょう!ではでは、次回もお楽しみに!

株式会社ビヨンドのインバウンドソリューション資料を無料でダウンロードする

SNS運用(Facebook)「海外向け集客・インバウンドマーケティングPRサービス」の資料を無料でダウンロードする

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

株式会社BEYOND

株式会社BEYOND

株式会社BEYOND 代表取締役兼SNSマーケティング・インバウドマーケティングプロデューサー、道越 万由子。新卒から10年以上IT業界でWEBマーケティングに従事し、インバウンドPR・SNSマーケティングプロデューサーとして活躍。2015年より、海外・SNSマーケティング事業を立ち上げ、自治体や大手企業の海外マーケティングの運営やインバウンド集客の100社以上のプロデュースに携わる。また、現在は日本のインバウンドをSNSで盛り上げるため社団法人JIF日本インバウンド連合会の理事なども務め年間50回以上全国の自治体や企業向けにも多数講演を実施。