ユニークなデータ提供するADARA、JNTOにデジタルマーケティングツールの提供を開始/より詳細なマーケティングが可能に

ユニークなデータ提供するADARA、JNTOにデジタルマーケティングツールの提供を開始/より詳細なマーケティングが可能に

旅行検索・予約データを把握し日本の観光市場の拡大を目指す

旅行者の行動パターンや傾向、行動などに関して、ユニークなデータを提供するグローバルトラベルデータコープ (Data Co-op)のADARAが、JNTO(日本政府観光局)に、デジタルマーケティングツールの提供を開始すると、9月3日に発表しました。

JNTOは今回ADARAから提供されるディスティネーション・マネージメント・プラットフォーム「ADARA Impact」により、旅行に特化した空席・空室情報検索や、旅行購買動向など、訪日外国人に関わるデータを把握し、日本の観光市場の拡大につなげるとしています。

ADARA Impact

ADARA Impact

マーケティング施策基盤構築を支援 訪日外国人消費額を8兆円に

日本政府は、2020年までに訪日外国人観光客数を4000万人にし、消費額は8兆円にすることを目指し、DMOとデジタルプロモーションなどを展開しています。ADARAはこういった政府主導の訪日外国人の増加施策を、「ADARA Impact」によって支援し、より大きなマーケティング施策の基盤構築をサポートする役割があるのです。

今回のADARAとJNTOの連携は、様々なブランドの成長支援を目的に、独自インサイトと知識を提供し、収益を最大化させるなど、日本のインバウンド・アウトバウンド市場の拡大を目指す企業や観光団体にとっても有益な動きとなっています。

(画像はプレスリリースより)

インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

ADARAのプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000026520.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!