観光庁 関空再開を機に「関西インバウンド観光リバイバルプラン」を策定/9月21日から1カ月間を「集中キャンペーン期間」とし中国・韓国市場に注力

公開日:2018年09月24日

インバウンドを関西へ積極的に誘客

観光庁は、9月18日、JNTO、航空会社、旅行会社、関西圏の空港、公共交通事業者、小売店、飲食店等の幅広い観光関係者の協力を得て、積極的な誘客を図りたいとし、「関西インバウンド観光リバイバルプラン」を策定することを発表しました。

なお、同プランでは、関西を観光地として改めて「知ってもらう」「来てもらう」「行ってもらう」「楽しんでもらう」を4本の柱に掲げています。観光庁では、インバウンドの関西への来訪を改めて歓迎したい考えです。

関西インバウンド観光リバイバルプラン

関西インバウンド観光リバイバルプラン

韓国・中国の大型連休を見据えたキャンペーンを実施

今年前半のインバウンド数は、大変好調に推移していました。しかし、台風第21号やこれに伴う関西国際空港の被災は、今後のインバウンド数に影響を与えるのではないかと懸念されています。

被災した関西国際空港の第1ターミナル北は、9月21日に再開が見込まれています。これをきっかけに、観光庁では、関西地区におけるインバウンド観光を活性化させたいとしています。

一方、韓国では、韓国秋夕(チュソク)9月23日~25日、また中国では、中国国慶節10月1日~7日といった大型連休期間となるため、観光庁では、9月21日から、約1カ月間を「集中キャンペーン期間」と位置づけ、関係団体や事業者に協力を呼び掛ける意向です。

なお、個々の具体的な取り組みについては、関係団体・事業者からの聞き取り調査を実施したうえで、後日改めて発表する予定です。

(画像は観光庁のホームページより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

観光庁 プレスリリース
http://www.mlit.go.jp/kankocho/news08_000253.html

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!