アニメで地方を活性化/インバウンドでに人気の「聖地巡礼」は地方創生の切り札になる!?

アニメで地方を活性化/インバウンドでに人気の「聖地巡礼」は地方創生の切り札になる!?

日本が世界に誇る文化「クールジャパン」の一角を担う「アニメ・漫画」などのサブカルチャー産業。日本のアニメや漫画は、世界から高い評価を受けており、最近では多くの旅行代理店で訪日外国人観光客向けの「聖地巡礼ツアー」が企画されています。

人気アニメや漫画に登場する街や場所は、ファンの間で「聖地」と呼ばれており、モデルとなった土地を訪れる人が急増しています。世界でも名の知れた日本の漫画やアニメを活用した地方のインバウンド誘致は、全国で旋風を巻き起こしています。

そこで今回は、訪日外国人観光客に人気の聖地巡礼スポット5選と、その詳細についてご紹介します。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

訪日外国人に人気のアニメ聖地巡礼スポット5選

『君の名は。』/聖地巡礼スポット:岐阜県飛騨地方

2016年8月公開の大ヒット映画『君の名は。』。興行収入250億円を突破し、歴代4位となる記録を打ち立てた超大ヒット作なのです。

『君の名は。』の聖地巡礼スポットは、東京は新宿、四谷周辺、そして劇中内の『糸守湖』のモデルと言われる長野県諏訪湖、そして『糸守町』の存在する地方とされる岐阜県飛騨地方など日本各地に点在しています。特に人気があるのは岐阜県飛騨地方で、飛騨高山周辺は『君の名は。』に限らず観光資源が豊富なことから、訪日外国人の周遊も期待されます。

長野・岐阜でインバウンド需要3倍増見込み!? 映画「君の名は。」が海外でも大躍進

今年8月26日に公開された新海誠監督のアニメーション映画「君の名は。」。10月21日の台湾での配給開始を皮切りに、海外での配給が続々とスタートしています。中国では日本映画新記録を樹立しており、昨年100万人が実施した聖地巡礼に拍車がかかることが推測されます。[blogcard url=”https://honichi.com/10361”] 映画「君の名は。」の日本での興行収入、反響「君の名は。」は新海誠監督の長編アニメーション映画です。日本では2016年8月26日に公開され、公開日の金曜...

なぜ飛騨高山に外国人観光客が殺到するのか?背景にはインバウンド黎明期からの地道な努力があった…高山市の観光担当者が語る高山の底力とは

まだインバウンドということばが一般的でないころから訪日外国人をもてなす取り組みを続けてきた岐阜県高山市。今、その努力が花開き、多くの訪日外国人が高山を訪れています。高山市が行っているインバウンドの取り組みについて、高山市東京事務所所長代理の江尻英夫氏と海外戦略部海外戦略課の森由貴氏にお話を伺いました。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

『ちはやふる』/聖地巡礼スポット:滋賀県大津市

『ちはやふる』は、末次由紀による日本の少女漫画。2016年には映画も公開され、シリーズ3作目となる『ちはやふる -結び-』は、土日2日間で動員21万人、興収2億5700万円を記録。第7回ロケーションジャパン大賞も獲得しています。

聖地巡礼スポットとなっている、滋賀県大津市は、近江神宮を「かるたの聖地」として地元のPRにつなげているのです。訪日外国人観光客向けの多言語マップをつくるなど、地方創生の戦力となっています。

『ユーリ!!! on ICE』/聖地巡礼スポット:佐賀県唐津市

『ユーリ!!! on ICE』は、久保ミツロウと山本沙代の原案による日本のテレビアニメ作品。アニメの中に登場する長谷津という地名は実在しませんが、モデルとなっているのは佐賀県唐津市が濃厚だと言われています。

このチャンスを逃すまいと佐賀県もイベントを主導するようになり、唐津を中心に『ユーリ!!! on ICE』の聖地を巡るイベントを開催しています。『ユーリ!!! on ICE』のほか、2014年公開のタイのヒット映画「タイムライン」が佐賀県をロケ地にした影響もあり、佐賀県唐津市には連日多くの訪日外国人観光客が殺到しています。

訪日外国人の年齢によってインバウンド需要は全然違う!年齢別訪問先データから見える訪日観光に求めるものの違い

どの国籍の訪日外国人がどこを訪れているのかを把握することは、インバウンドマーケティングにおいて最重要といっても過言ではありません。訪日ラボにおいても、観光庁が発表する「訪日外国人消費動向調査」平成27年のデータを用いて、国籍別の各都道府県別訪問率をお伝えしました。[blogcardurl=https://honichi.com/9987]今月初め、8月5日にNTTコムオンライン・マーケティング・ソリューション株式会社が「訪日アジア観光客の東京の街に対するイメージ」調査結果に...

『らき☆すた』/聖地巡礼スポット:埼玉県久喜市

『らき☆すた』は、2007年の4月から放映がはじまったアニメ。同年5月頃からは、埼玉県鷲宮町を訪れる若者の姿が見受けられるようになり、「聖地」をひと目見ようと足繁くファンで賑わっています。ちなみに、埼玉県久喜市は『らき☆すた』効果によって、鷺宮神社の初詣の来客数が7万人から47万人に増加したといいます。

地元商工会が、聖地巡礼を目的に訪れる訪日外国人観光客が多いことに着目。『らき☆すた』のキャラクターが描かれた絵馬型携帯ストラップを販売するイベントを開催したのです。キャラクターが描かれた絵馬型携帯ストラップは、町内17の店舗で販売したのにも関わらず、オープンから30分足らずで完売したほどの売れ行きだったようです。

アニメ「らき☆すた」経済効果なんと31億!観光資源がない地方でも観光客を誘致できる「聖地巡礼」は地方インバウンドのカンフル剤か それとも麻薬か…ポイントは地元民との共存

地方の観光地として有名な土地であれば、海外は当然、国内からも多く観光客が訪れます。しかし元々風景などで有名な観光地ではなくても、国内から多くの観光客を集めている事例として「聖地巡礼」があります。「聖地巡礼」とはどのような行動なのか?またそれによって地域に何がもたらされるのか見ていきましょう。訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションの資料を無料でダウンロードする「インバウンド動画プロモーション」の資料を無料でダウンロードする...

『ガールズ&パンツァー』/聖地巡礼スポット:茨城県東茨城郡大洗町

『ガールズ&パンツァー』、通称『ガルパン』は、アクタス制作による日本のオリジナルテレビアニメです。茨城県東茨城郡大洗町は、地元の「大洗あんこう祭り」に出演声優を招待し、トークショーや関連グッズの販売などを開催。来場者数が3万5,000人程度であったのが、開催した年は6万人にものぼる来場者数を記録したのです。

茨城県東茨城郡大洗町では、聖地巡礼スポットからほど近い商店街と協力し合い、店先に登場人物の等身大パネルや戦車のパネルを設置しています。また、キャラクターのイメージに合った商品を販売するなど、町中をあげてインバウンド招致を底上げしているのです。

まとめ

「聖地巡礼」を用いたインバウンド誘致は、今後もさらなる需要が期待されます。そのため、地元の自治体や商店街で協力し合うことで、インバウンド市場で勝ち残る強い武器となるのではないでしょうか。

大阪府のバス会社WILLER TRAVEL 株式会社では、2016年8月に公開した新海誠監督の最新作『君の名は。』の舞台となった、東京都内の交差点や駅などをバスで巡るツアー商品を発売するなど、多くの旅行会社でもさまざまな取り組みをおこなっています。

訪日客の地方誘致に重要なのは、まず「知ってもらうこと」。効果的なインバウンドプロモーションを資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサープロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドメディア」を資料で詳しくみてみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!