【新宿編】インバウンド向け人気観光スポット トップ5/ロボットレストラン・思い出横丁など王道からディープまで!

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

「一日の乗降客数が世界で最も多い駅」としてギネスブックにも認定された新宿駅。東京都庁もあり、まさに東京都の中心としての機能を持っています。

そんな新宿には、インバウンドに人気の観光スポットが数多くあります。ロボットレストランに代表される、日本人はあまり行かないけれども訪日外国人にとってはもはや王道、というようなスポットから、新宿御苑など日本人にも人気のある観光スポットまでさまざまです。また最近は、思い出横丁といった昭和の香り漂うディープなスポットも人気が出てきました。

今回はアクセスの良さという点も加味し、JR新宿駅から徒歩で行ける範囲で集めました。早速見ていきましょう。

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

インバウンドの最新情報をお届け!訪日ラボのメールマガジンに登録する(無料)

1. これぞ新宿インバウンドの王道!ロボットレストラン

ロボットレストラン公式ホームページより
ロボットレストラン公式ホームページより

ロボットレストランは、新宿歌舞伎町にあるショーレストランです。JR山手線新宿駅東口からは徒歩5分という好立地です。2012年7月に開業し、2014年のトリップアドバイザー「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」で、初めて16位にランクインしました。最近は「日本人が行かないインバウンド観光スポット」の代表例として有名になってきているため、知っている方も多いかもしれません。

ロボットレストランはレストランといいますが、そのメインは食事ではなくショーです。ショーは奇抜な衣装を着た女性たちがロボットと戦うという設定で、演出にはレーザーを用いて最初から最後までとにかく派手なのが特徴です。日本ではあまり見ないような一風変わったショーですが、訪日外国人には大人気だということです。

ちなみに店内で食べられるのは数種類のお弁当と、軽いスナックのみです。アルコールもありますが、その種類はビール・日本酒・缶チューハイのみとかなり限られています。ビールも1杯900円と割高で、さらに店内に入るときにはチャージ料として8,000円がかかります。それにもかかわらず店内は主に欧米豪からの訪日外国人で常に満席状態だということです。

ロボットレストランは当初、日本人サラリーマン向けにオープンしたということですが、いざ開業してみると日本人よりも訪日外国人に人気が出たということで、それからターゲットをインバウンドにシフトしたといいます。英語対応もきちんとされていて、メニューや場内アナウンスなどはすべて英語だということです。

トリップアドバイザーの口コミ欄には、日本語のコメントが約200件ほどなのに対し英語のコメントは4300件以上寄せられています。このことも、訪日外国人からの人気をうかがわせます。

▼元ロボットレストランインバウンド責任者によるセミナーを開催!

セミナーの詳細はこちら

2. 昭和の香り漂うディープさが人気:思い出横丁

思い出横丁公式ホームページより
思い出横丁公式ホームページより

思い出横丁は、JR山手線新宿駅西口から4分のところにある長屋造りの飲み屋街です。その歴史は古く、終戦直後までさかのぼります。終戦直後は売り物への取り締まりが厳しく、多くの店は統制品でなかった牛や豚のモツなどで商売をしていました。その名残で、現在もやきとり屋やもつ焼き屋が多いということです。

やきとりは日本料理として訪日外国人からの人気も高く、思い出横丁では手ごろな値段でやきとりを味わえるため、多くの訪日客が訪れているようです。また、新宿の真ん中で古き良き昭和の雰囲気が感じられるのも人気の理由でしょう。歴史のあるお店が軒を連ねる通りで、はしご酒をしながらおいしいお店を探すというのは、訪日外国人にとっておもしろい体験となるようです。

特に、何度も日本に来ているようなリピーターの訪日客は、王道の観光スポットのみならず自らディープなスポットを探し求める傾向にあります。観光客だけでなく日本人も行くようなところに行ってみたい、というようなニーズのある訪日客には非常に良いスポットではないでしょうか。

3. 地上202mからの景色は圧巻!東京都庁舎

東京都財務局公式ホームページより
東京都財務局公式ホームページより

次は、JR山手線新宿駅西口から徒歩10分のところにある東京都庁舎です。東京都庁舎は、最新のトリップアドバイザー「外国人に人気の日本の観光スポットランキング 2018」で22位にランクインしています。

東京都庁舎には、無料で入れる展望室があります。ビルの45階、地上202メートルから東京の街を一望できるとあって、日本人にも人気の観光スポットです。休日には行列ができることもあるということです。トリップアドバイザーの東京都庁舎のページには、約1,000件の日本語の口コミと、その3倍を超える英語の口コミが寄せられています。

東京都庁舎は、東京スカイガイドという展望室専用の眺望ガイドを用意しています。東京スカイガイドは展望室の展示パネルと連動し、スマートフォンでQRコードを読み込むと音声が流れるようになっています。これは株式会社PIJINのQR Translatorというツールを利用したもので、ガイド音声は日本語・英語・中国語・韓国語ほか11言語に対応しています。

また、東京都庁舎の1階には観光情報案内所があり、そこを拠点に東京観光をする訪日外国人も多いようです。

4. 侍になって日本の歴史を学ぶ:サムライミュージアム

サムライミュージアム公式ホームページより
サムライミュージアム公式ホームページより

サムライミュージアムは、JR山手線新宿駅東口から徒歩8分のところにある、甲冑や兜・武器などを展示しているミュージアムです。トリップアドバイザーの新宿区の観光スポットランキングでは、2位にランクインしています。口コミ数は日本語が39件に対し英語が1158件(記事執筆時点)と、日本人が知らない場所でありながら訪日外国人には大人気の観光スポットであることがわかります。

サムライミュージアムの館内では殺陣体験を行ったり、甲冑を着て写真を撮ったりすることもできます。また、1日4回パフォーマーによる殺陣ショーを行っており、追加料金なしで見ることができます。サムライミュージアムで着られる衣装には女性用のものもあり、男女で体験できるということです。

また、予約制にはなりますが「侍書道教室」「日本刀講座」といった、専門の講師のもとで日本文化を体験できるコンテンツもあります。

サムライミュージアムでは、「侍」を通して日本の歴史に触れることができます。侍だけでなく日本の歴史そのものに興味のある外国人も多いようで、トリップアドバイザーでも、「勉強になる」「興味深かった」というコメントが多くみられました。ミュージアム自体広くはありませんが、その豊富な情報量訪日外国人の満足度は高いようです。

5. TripAdvisorランキング全国5位:新宿御苑

フォトacより
フォトacより

新宿御苑は、JR山手線新宿駅南口から徒歩10分のところにあります。1906年に皇室庭園として造られた新宿御苑は、フランス式庭園・イギリス風庭園・日本庭園を組み合わせた明治時代を代表する庭園です。トリップアドバイザーの「外国人に人気の日本の観光スポットランキング」でも常連の王道スポットで、2018年のランキングでも5位にランクインしています。

新宿御苑の魅力は、都会の真ん中で東京ドーム12個分という広大な自然に触れられることです。紅葉の名所としても知られており、四季折々の自然が楽しめます。

トリップアドバイザーの口コミ欄を見ると、新宿御苑訪日外国人の人気を集める理由は、やはり庭園の美しさや、静かな雰囲気にあるようです。「とてもきれい」「忙しい新宿の街にある1つの静かな場所だ」といった外国語のコメントが見られました。

新宿御苑の入園料は大人1人200円と安価です。一つの観光スポットとしてじっくり見てまわるというのも良いですし、東京観光で疲れた際に立ち寄って休憩するというような使い方もできるのではないでしょうか。

まとめ:

新宿駅から徒歩で行ける訪日外国人に人気のスポットを紹介しました。ロボットレストランやサムライミュージアムなど日本人はあまり行かないような場所も、訪日旅行では大定番となっています。一方で思い出横丁などのディープなスポットも人気が出てきており、訪日旅行の幅広さがうかがえます。

新宿は大都会であり、日本の伝統的な建築物を期待して訪れた訪日客はその都会的な雰囲気に驚いてしまうかもしれません。しかし思い出横丁や新宿御苑などまた違った雰囲気を味わえるスポットも数多くあります。都会的な観光資源もありながら日本の風景も楽しめる新宿の街は、訪日外国人にとって魅力的に映るでしょう。


インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる


<参照>

訪日ラボ セミナー紹介&最新版インバウンド情報まとめ

専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの


観光庁は、インバウンドの地方誘客を目的とし、「観光資源の磨き上げ」を推進しています。

これに沿って観光コンテンツの造成や発信力強化に取り組みたいと思うものの、「何からやればいいのかわからない」「やってはみたものの、まだ観光客を呼びこめていない」といった悩みを抱えている自治体・企業の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、食体験、ツアー造成、アクティビティ、アドベンチャートラベルなどを専門として第一線で活躍するスペシャリストたちが集結

「観光資源の磨き上げ」とは何なのか、外国人を惹き付ける観光コンテンツはどう作り、どう発信するべきなのか、徹底議論します!

詳しくはこちらをご覧ください。
専門家が徹底議論!地域に眠る観光資源の「磨き上げ」、結局何をしたらいいの?

成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

インバウンド(国際)市場の拡大に伴い、国内では大阪万博やインバウンドへの対応などでグローバルに対応できる環境が必要になっており、日本企業にとって国際市場での競争力確保は重要な課題の一つとなっています。

その鍵を握るのが、インバウンド対策と効果的な外国人採用です。外国人観光客やビジネスパートナーを惹きつけ、国際的な人材を活用することで、企業は新たな成長戦略を構築し、市場で競合に勝つことができます。

今回のセミナーでは、実際に行われた人材活用法を通じて、インバウンド対策と外国人採用が企業にもたらす効果について解説いたします。

実際の事例から学び、自社に適した戦略を見出すためのヒントを得ながら、日本企業がグローバルな舞台で勝ち抜くために必要なスキルや知識を共有し、新たなビジネスの可能性を発見できる機会となっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
成功事例から見るインバウンド対策とは。外国人採用の実例から紐解く成長戦略

【インバウンド情報まとめ 2024年5月前半】外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に 他


訪日ラボを運営する株式会社movでは、観光業界やインバウンドの動向をまとめたレポート【インバウンド情報まとめ】を毎月発行しています。

この記事では、2024年5月版レポートから、4月~5月前半のインバウンド最新ニュースを厳選してお届けします。

最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

本レポートの内容は、原則当時の情報です。最新情報とは異なる場合もございますので、ご了承ください。

※【インバウンド情報まとめ】は2024年5月より月2回発行いたします!最新情報の把握やマーケティングのヒントに、本レポートをぜひご活用ください!

口コミアカデミーにご登録いただくと、レポートの全容を無料にてご覧いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
岸田首相「2030年に訪日客6,000万人」改めて言及 / 外国人宿泊者数「中国」がコロナ後初の1位に【インバウンド情報まとめ 2024年5月前編】

今こそインバウンドを基礎から学び直す!ここでしか読めない「インバウンドの教科書」

スマホ最適化で、通勤途中や仕込みの合間など、いつでもどこでも完全無料で学べるオンラインスクール「口コミアカデミー」では、訪日ラボがまとめた「インバウンドの教科書」を公開しています。

「インバウンドの教科書」では、国別・都道府県別のデータや、インバウンドの基礎を学びなおせる充実のカリキュラムを用意しています!その他、インバウンド対策で欠かせない中国最大の口コミサイト「大衆点評」の徹底解説や、近年注目をあつめる「Google Map」を活用した集客方法など専門家の監修つきの信頼性の高い役立つコンテンツが盛りだくさん!

→ 【無料】「インバウンドの教科書」を見てみる4月から観光・インバウンドに関わる仕事に就いたり、関連部署へ異動となり、知識のインプットに追われていませんか? また、より一層事業を推進するために必要な学び直しの機会を設ける担当者も増えてきております。
このセミナーでは、
新担当になって、インバウンドの何から始めたらいいか分からない
インバウンド推進が本格化し、改めて情報やノウハウを学び直したい
そもそもインバウンドに興味があるが、情報を収集できていない
方にとって必要な基礎情報と、知っておきたい新情報をお届けする機会となっております!
詳しくはこちらをご覧ください。
→4月までに学んでおきたい!【基礎から始めるインバウンド対策】 〜ラーチーゴー & ジャパンガイドが教える市場別最新データ〜

完全無料 口コミアカデミー 「インバウンドの教科書」出ました! 国別・都道府県別データ・トレンドをカバー 見てみる

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客インバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!

プロモーションのご相談や店舗の集客力アップに