【速報】18年訪日客 3000万人突破 史上初の快挙/来週にも突破との見通し-国交相

公開日:2018年12月14日

本日12月14日(金)、石井啓一国土交通相は、2018年に日本を訪れた外国人旅行者数(訪日外客数)が、来週にも3000万人を突破するとの見通しを、記者会見にて明らかにしました。

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日外国人旅行者3000万人時代へ

訪日外客数の過去最高は、2017年の2869万人でした。2018年は12月6日時点での推計で2900万人を超えており、3000万人突破まで秒読みでしたが、国交省が公式の場で大台突破に言及したのは初です。

2017年の訪日外国人数からわかることとは?JNTO発表の訪日外客数から読み解くインバウンド対策

2017年の訪日外国人数(訪日外客数)は前年比19.3%増となり、日本政府観光局(JNTO)が統計を取り始めた1964年以降最多となりました。日本政府は2020年に4,000万人の訪日外国人受け入れを目標としているため、今後も訪日外国人数(訪日外客数)は増加傾向となるでしょう。そこでこの記事では、JNTOが発表したデータをもとに、どのように数値を読み取れば良いのかを解説します。インバウンド市場や各国の訪日外国人に関する調査やもっと詳しいインバウンドデータ知るには?「調査・リサーチ」の資料を...

2018年1月〜6月は、中国や韓国などの東アジアからの訪日外国人数が好調で、前年比15.6%増の1589万9千人でした。特に韓国市場は好調で、2018年1月〜5月までは、中国を上回る数でした。

一方で、2018年は「今年の漢字」で「災」が選ばれるほどに災害の多い年でした。6月には大阪府北部を中心とした地震、7月には西日本豪雨。8月、9月と台風が乱立し、特に9月4日に大阪を直撃した台風21号は国内3位の乗降者数を誇る関西国際空港が閉鎖されました。続く9月6日には北海道で地震があり、国内5位の乗降者数の新千歳空港が閉鎖する事態となり、インバウンド市場に大きなブレーキが掛かったのも事実です。

インバウンド向けの災害対策のポイント

私たち日本人が、日本で暮らす上で災害はつきものです。しかし、訪日観光客にとっては慣れない国で災害に遭遇するというのは大きな不安材料になります。今年は特に災害が続きました。6月には大阪府北部を中心とした地震、7月には西日本豪雨。8月、9月と台風が乱立し、特に9月4日に大阪を直撃した台風21号は国内3位の乗降者数を誇る関西国際空港が閉鎖されました。続く9月6日には北海道で地震があり、国内5位の乗降者数の新千歳空港が閉鎖する事態となり、日本人の私達でも普段の暮らしに不安を感じるほどでした。これら...


まとめ:2018年初の3000万人突破!2020年4000万人も射程に

政府は2020年までに訪日外客数4000万人を目標にしています。

明日の日本を支える観光ビジョンとは?わかりにくい政府や観光庁の取り組みの構造をまとめました

政府は観光先進国への新たな国づくりに向け、明日の日本を支える観光ビジョン構想会議を行い「明日の日本を支える観光ビジョン」を策定しました。しかしその取り組みについてわかりづらくなっています。そこでこの記事では、政府の取り組みの全体像についてわかりやすく解説します。インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を詳しく見てみる「インバウンドコンサル」の資料を無料でダウンロードする「調査・リサーチ」の資料を無料でダウンロードする「インバウンドデ...

目標発表当初は、若干夢物語として捉えられがちだった数字でした。しかし、これまでの順調な伸びや、今年の災害多発にも負けない強烈な成長を見るに、2020年4000万人という数字が現実味を帯びてきています。

インバウンド対策なにから始めたら良いかわからない?

訪日ラボがまとめた「インバウンドデータレポート」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドコンサル」を資料で詳しくみてみる

「調査・リサーチ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンドデータ」を資料で詳しくみてみる

「インバウンド研修」を資料で詳しくみてみる

<参考>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!