TradFit株式会社が第三者割当増資による約1.1億円の資金調達を実施

公開日:2018年12月25日

宿泊施設運営や旅行者の体験を向上するサービス 資金調達を実施

音声、AI、IoT技術などを活用し、宿泊施設運営や、旅行者の体験を向上させるサービス展開をするTradFit株式会社が、第三者割当増資による約1.1億円の資金調達を実施したと、12月12日に発表しました。

同社はニッセイ・キャピタル株式会社や、GMO VenturePartners株式会社などを引受先とする第三者割当増資で、累計約1.1億円の資金調達を実施。これは12月に日本政策金融公庫の資本性ローン(挑戦支援資本強化特例制度)が、適応され実現したものです。今後もビジネス・開発体制を強化し、国内外の事業展開を加速させていく意向を示しています。

TradFit

TradFit

AIスピーカーによるコンシェルジュアプリケーションなどを提供

訪日旅行者の数は年々増加傾向にある一方で、多く利用される宿泊施設においては、言語やコミュニケーションの部分で大きな課題が残っています。

TradFit株式会社は、AIやIoT技術を利用して、宿泊施設の更なる業務効率化を目指しています。AIスピーカーによるコンシェルジュアプリケーションや、多言語対応チャットボットなどを宿泊施設などに提供し、スタッフがより付加価値の高い業務にあたれる環境を構築していきます。

(画像はTradFit ホームページより)

インバウンド受け入れ環境整備を資料で詳しくみてみる

「翻訳・多言語化」を資料で詳しくみてみる

「多言語サイト制作」を資料で詳しくみてみる

「多言語化表示サービス」を資料で詳しくみてみる

「テレビ電話型通訳サービス」を資料で詳しくみてみる

「訪日外国人向け道案内」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

TradFit株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000033116.html

TradFit
https://tradfit.com

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。