JNTOがベトナム旅行フェア「VITM」で初めて共同ブース出展の参加を募集

公開日:2019年01月03日

ビジット・ジャパン事業として出展 共同ブース出展の募集も

日本政府観光局(以下、JNTO)が、ベトナム旅行フェア「Vietnam International Travel Mart(以下、VITM)」に出展することに合わせ、共同ブース出展の参加も募集していくと、12月14日に発表しました。

JNTOは3月27日から30日にかけて開催される同旅行フェアに、ビジット・ジャパン(VJ)事業の1つとしてブースを出展する予定。VITMにおけるVJブースは、今までは単独出展でしたが、今回は初めて共同ブース出展の参加を募集していきます。

Vietnam International Travel Mart

Vietnam International Travel Mart

1ブース約170,000円に 面積は約2m×1.5mを予定

ブースで行えるのは、訪日旅行促進のための地域や施設、商品、サービスの情報提供及びPRで、出展料は1ブースあたり約170,000円、面積は約2m×1.5mとなる見込みです。

前回来場者実績は主催公表値で約85,000人、VJブースへの3日間の一般来場者数は、約8,900人にも上りました。今回の募集団体数は8団体程度としており、2019年1月9日が申し込み締め切りとなります。

(画像はプレスリリースより)

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

▼外部リンク

JNTO プレスリリース
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/20181214_2.pdf

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボニュース

訪日ラボニュース

訪日ラボ編集部が選んだ、企業のインバウンド対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。