訪日外国人に人気のアプリ7選/7割の外国人が訪日中に「スマートフォン」で情報収集

訪日外国人に人気のアプリ7選/7割の外国人が訪日中に「スマートフォン」で情報収集

2017年に行われた観光庁の調査によると、「日本滞在中に役に立った旅行情報源」として訪日外国人の約7割が「スマートフォン」をあげたということです。

日本滞在中はスマホを使って観光スポットや目的地までのルートを検索する旅行客にとって、アプリは心強い味方です。そこで今回は、訪日外国人観光客に人気のアプリを紹介します。

まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

訪日外国人に人気のアプリ7選

1. Good Luck Trip Japan

「GOOD LUCK TRIP」は、『地球の歩き方』が発行する訪日外国人向けフリーマガジン。

旅行中に役立つ観光スポットグルメ情報旅行先での困ったことを解決するコンテンツ、帰国後でも見られる日本の芸能やトレンド情報が、ほぼ毎日更新されています。

店舗紹介ページは写真が掲載されているので、一見しただけでどんな雰囲気のお店なのかが確認できます。また、店舗の詳細ページはGoogleマップと連動しているため、目的地までのルート案内を調べ直す必要がありません。

2. DiG JAPAN!

「DiG JAPAN!」は、日本全国の観光スポットや飲食店を検索できる訪日外国人向けの観光アプリです。「DiG JAPAN!」の最大の特徴は、通信環境のないオフラインでも、目的地までの案内ルート、観光情報を調べることができるということです。

ポケットWi-Fiを持っていない訪日外国人観光客でも安心です。観光エリアの検索から乗り換え案内まで、すべて「DiG JAPAN!」ひとつで完結できるので、複数のアプリやブラウザで調べ物をする煩わしさがありません。

3. Time Out Tokyo Map Viewer

「Time Out Tokyo Map Viewer」はロンドン発の老舗雑誌として世界各国で展開されている『Time Out』の東京版アプリです。現在地から近い美術館や博物館、歴史的建造物の検索や、目的地までのアクセス方法を調べることができます。

また、お気に入りに登録すると自動的に目的地までのルートが近い順に表示されます。そのため、1日のスケジュールが立てやすくなります。見たい観光スポットがたくさんあって、どこから順番にまわればいいのかわからない、というときに便利です。

4. JAPAN Trip Navigator

「JAPAN Trip Navigator」は、AIを活用した訪日旅行の支援アプリです。2018年、株式会社JTB、株式会社ナビタイムジャパン、日本マイクロソフト株式会社の3社が訪日観光客向けのアプリとして提供を発表しました。「JAPAN Trip Navigator」は、ユーザーの検索履歴をもとに、その人にオススメの観光スポットをレコメンドしてくれます。その数は100通り以上ということです。

また、オリジナルの観光プランをつくる「My Plan機能」やAIアシスタントが観光スポットを紹介する「呼びかけ機能」、AIアシスタントが疑問に答えてくれる「チャットボット機能」など、これまであるようでなかった便利な機能が搭載されています。

5. UrDoc

「UrDoc」は、訪日外国人観光客や在留外国人向けの医療相談アプリです。日本滞在中、風邪をひいて熱が出てしまったとき、体調がなんとなく優れないとき、怪我をしてしまったときなど、自分の症状に合った病院やクリニックを検索できます。また、アプリを通じて医師や看護師に1分300円からで気軽に医療相談をすることもできます。

6. Japan Official Travel App

「Japan Official Travel App」は、観光スポットやレストラン免税店Wi-Fiスポットを網羅しているアプリです。つまり、訪日外国人観光客が知りたい情報がこれひとつですべて調べることができます。

各地の観光スポットに関する情報や魅力を、外国人ライターが英語・韓国語・中国語などで紹介しています。そのため、実際に外国人が感じた各地の良さなどリアルな情報が手に入ります。観光スポットやイベントについて見所が満載なので、多くの訪日外国人観光客から利用されています。

7. Halal Gourmet Japan

「Halal Gourmet Japan」は、日本国内でハラールに則って調理されたグルメを探すときに重宝する、非常に便利なアプリです。およそ800件を超える掲載店舗は、場所・食事のジャンル・設備などから検索することが可能です。

世界人口のおおよそ1/4、近い将来の訪日者数が年間100万人に到達するであろうと言われているムスリム(イスラム教徒)の訪日外国人観光客に高く支持されています。

日本では、ムスリムの飲食店を探そうと思っても、店舗数が少なくグルメ情報誌に掲載されていないこともあるため、使い勝手の良いアプリだといえます。

※ハラール(ハラル)食品とは、イスラム法において食べることが許可されている食材や料理のことです。

まとめ

2020年開催の東京オリンピックに向けて、さらなる訪日外国人の増加が見込まれています。観光はできるだけ身軽に楽しみたいものですが、ガイドブックは重くてかさばります。一台で手軽に行き先やルート案内、店舗情報などさまざまな事柄を調べられるスマホは、訪日外国人観光客の重要なツールです。

インバウンドのマーケティング担当者は、「どんなサービスが訪日外国人観光客に求められているのか」「どういった機能が喜ばれているのか」を参考に自社のサービスに落とし込むことが必要です。


まずは知ってもらう!旅マエに有効なインバウンド集客を資料で詳しくみてみる

「インバウンド動画プロモーション」を資料で詳しくみてみる

「SNSを活用したプロモーション」を資料で詳しくみてみる

「インフルエンサーマーケティング」を資料で詳しくみてみる

「広告プロモーション」を資料で詳しくみてみる

<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!