外国人に人気の温泉地5選/5年で訪日客36倍の城崎温泉に学ぶ!インバウンドで必要な対策とは?

外国人に人気の温泉地5選/5年で訪日客36倍の城崎温泉に学ぶ!インバウンドで必要な対策とは?

日本は、世界有数の温泉大国です。日本全国には、3,000箇所以上もの温泉地があります。そんな日本の温泉は、国内のみならず、訪日外国人観光客からも高い注目を集めています。事実、観光庁の調査によれば、「訪日外国人観光客が日本に期待していること」の第5位に「温泉入浴」がランクインしています。

また、日本の温泉施設の周辺には、地元の郷土料理を味わえる食事処や、ご当地グルメを取り揃う土産物屋が軒を連ねています。観光巡りと一緒に、日本の風情あふれる温泉街の雰囲気を楽しむことも、温泉地を訪れる訪日外国人観光客の楽しみのひとつです。

そこで今回は、訪日外国人に人気の温泉地を紹介します。また、5年間で訪日外国人客36倍という驚異的な成長をみせた兵庫県の城崎温泉のインバウンド対策について学んでいきましょう。


訪日外国人観光客に人気の日本の温泉地5選

河口湖温泉

世界遺産に登録されている富士山の麓には、河口湖駅を起点に多くの温泉施設が密集しています。東京から河口湖駅までは、JR中央線で2時間30分とアクセスも抜群です。河口湖温泉の周辺には「富士急ハイランド」もあるため、観光がてら温泉を楽しむ訪日外国人観光客から高い人気を集めています。

由布院温泉

大分県湯布院町の「由布院温泉」は、国内屈指の温泉地です。福岡県の隣に位置する大分県湯布院町は、台湾、韓国、中国から数時間で行けるアクセス抜群の好立地です。こうしたアクセスの良さも、訪日外国人観光客から人気の理由のひとつです。

登別温泉

「登別温泉」は、150年以上の歴史を誇る有名な温泉地です。玄関口である新千歳空港から近いため、観光客が絶えない人気観光地として知られています。

洞爺湖温泉

「洞爺湖温泉」は、湯量が豊富なことで有名な温泉地です。新千歳空港からのアクセスが抜群な好立地で、ホテルや旅館の数は道内1位を誇ります。洞爺湖温泉周辺には、500円前後で日帰り入浴が可能なホテルや温泉施設が充実しています。

大江戸温泉物語

「大江戸温泉物語」は、江戸の下町のような風情を楽しめる日本最大級の温泉施設です。東京ディズニーリゾートから「大江戸温泉物語」までは車で20分ほどで行けるため、東京都内のホテルに戻るついでに利用する訪日外国人観光客から人気があります。成田空港や羽田空港といった主要空港へ直行のシャトルバスも運行されています。

温泉施設に求められる対応とは?

マナーを伝える

外国人観光客に日本の温泉を満喫してもらうためには、施設側から入浴時のマナーをしっかりと伝えることも大切です。入浴マナーを英語で正しく説明できるよう、英会話の研修を取り入れる、通訳士を雇う、翻訳サービスの導入などのインバウンド対策を行うことが必要です。

また、店舗のホームページやパンフレット、施設内に貼るポスターなどを多言語表記にするなどの対応も必要不可欠です。

外国人観光客が5年で36倍にまで伸びた城崎温泉のインバウンド対策は?

城崎温泉は、兵庫県豊岡市城崎町にある開湯1300年の歴史を持つ古い温泉です。川沿いの7カ所ある外湯めぐりが人気で、国内外問わず毎年多くの観光客が訪れている人気の観光スポットです。浴衣に着替えて、好みの外湯をめぐりながら風情のある街並みを楽しむことができます。

そんな、数多くの温泉施設がひしめき合う城崎温泉は、2013年頃から欧州での観光プロモーションとして、個人旅行者の割合が多い傾向にある欧米豪の集客をスタートしました。

というのも、城崎温泉は2013年にフランスの旅行ガイド「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に2つ星の温泉として評価され掲載されています。英語ガイドブック「ロンリープラネット」でも日本のベスト温泉の1つに選ばれていることから、城崎温泉を訪れる外国人旅行者のうちで、欧米豪の割合は約半数を占めていると言います。

さらに2015年には、豊岡市の協力のもと城崎温泉に関する英語の観光情報サイト「Visit Kinosaki」を立ち上げて宿泊予約機能を装備するなど、インバウンド対策に取り組んできました。フランス語にも対応しているサイトは直感的に操作しやすいページデザインで、利用者にとって旅館の予約がしやすいよう工夫がしてあります。

まとめ

2020年の東京オリンピック開催によって、訪日外国人観光客のさらなる増加が推測されています。温泉ビジネスを今よりもさらに盛り上げていくためには、訪日外国人観光客の力が必要不可欠です。最寄り駅から温泉施設までのシャトルバスの運行、イラストや多言語表記を記載した館内パンフレットの作成、周辺の観光スポットとのセットプランの提供など、訪日外国人が利用しやすいように対策を行っていくことが重要です。


<参照>

関連インバウンド記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

訪日ラボ編集部

訪日ラボ編集部

訪日外国人観光客のインバウンド需要情報を配信するインバウンド総合ニュースサイト「訪日ラボ」。インバウンド担当者・訪日マーケティング担当者向けに政府や観光庁が発表する統計のわかりやすいまとめやインバウンド事業に取り組む企業の事例、外国人旅行客がよく行く観光地などを配信しています!